フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

ダメ出しブログ管理人さんの勧誡を喜びたい

sokadamedasi.blog27.fc2.com

創価ダメ出しブログの管理人さんが、ついに勧誡を受けたという。

心からおめでとうを言いたい。

学会の間違いに気づきつつも、創価学会に在籍しダメ出しを続けてきた人だ。

教学の見識がとても高く、私はブログを時々訪問しては勉強させてもらった。

一日も早く、戒壇の大御本尊様にお目通りしていただきたい。

事後報告と題された記事には多くの読者から、喜びのコメントが届けられていた。

管理人氏の信心姿勢に感化された創価学会員も、励みとしていつかは自分もと思っている方もいるようだ。

創価学会顕正会は早く脱会することが先決だと思う。

疑問を持ちながらシンパのままで在籍し続けることは、人生の無駄だと思うし、何よりも精神衛生的によくないのではないだろうか。

日蓮正宗の信徒になって、大石寺に登山して戒壇の御本尊様にお目通りさせていただいて、人生の再出発を急ぐことこそが人生を再スタートさせる出発点だと思う。

その後の信仰活動は人によって様々だろうと思うけど、それは個々人が自分の心に折り合いをつけながらやっていけばいい。

創価・顕正は元をただせば日蓮正宗の信徒だったのだから、その信仰の原点に回帰することが筋道だと思う。

sokadamedasi.blog27.fc2.com

私は隣人から創価ハラスメントを受けているのだが、その隣人とて熱心な活動家であるとは思えない。

勤行の声もここ数年で一度も耳にしたこともない。

それでも、顔を合わすたびに露骨な表情や態度で嫌悪の情を示してくる。

しかし、かつての私もそのようであったと思っている。

上から目線。

情緒の不安定。

人の不幸を喜ぶ。

誇大妄想と自己愛。

こういった創価・顕正に共通する人格障害や、謗法の害毒による不幸は在籍しているだけでも大きな損害を人生に与えている。

自身の体験を振り返っての実体験だ。

平和や安堵、人への愛情などとは程遠い、自己中心性の塊。

しかし、本人は組織の批判をすることはあっても、自己批判はできない。

自己批判や内省は禅定からしか生まれてこない。

十界の外に仏無し仏の外に十界無くして依正不二なり身土不二なり一仏の身体なるを以て寂光土と云う是の故に無相の極理とは云うなり(三世諸仏総勘文教相廃立)

此の無相の極理なる寂光の極楽は一切有情の心性の中に有つて清浄無漏なり之を名けて妙法の心蓮台とは云うなり是の故に心外無別法と云う此れを一切法は皆是仏法なりと通達解了すとは云うなり(三世諸仏総勘文教相廃立)

幸福も不幸もすべては心によって定まるということである。

心を定める修行が禅定であり、それは血脈の通った御本尊様に題目を唱えるよりほかに術はないのだ。

 

ラブ、安堵、ピース 東洋哲学の原点 超訳『老子道徳経』

ラブ、安堵、ピース 東洋哲学の原点 超訳『老子道徳経』