フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

三大秘法についての私見

問うて云く如来滅後二千余年・竜樹・天親・天台・伝教の残したまえる所の秘法は何物ぞや、答えて云く本門の本尊と戒壇と題目の五字となり、問うて曰く正像等に何ぞ弘通せざるや、答えて曰く正像に之を弘通せば小乗・権大乗・迹門の法門・一時に滅尽す可きなり、問うて曰く仏法を滅尽するの法何ぞ之を弘通せんや、答えて曰く末法に於ては大小・権実・顕密共に教のみ有つて得道無し一閻浮提皆謗法と為り畢んぬ、逆縁の為には但妙法蓮華経の五字に限る、例せば不軽品の如し我が門弟は順縁なり日本国は逆縁なり、疑つて云く何ぞ広略を捨て要を取るや、答えて曰く玄弉三蔵は略を捨てて広を好み四十巻の大品経を六百巻と成す羅什三蔵は広を捨て略を好む千巻の大論を百巻と成せり、日蓮は広略を捨てて肝要を好む所謂上行菩薩所伝の妙法蓮華経の五字なり、九包淵が馬を相するの法は玄黄を略して駿逸を取る支道林が経を講ずるには細科を捨てて元意を取る等云云、仏既に宝塔に入つて二仏座を並べ分身来集し地涌を召し出し肝要を取つて末代に当てて五字を授与せんこと当世異義有る可からず。(法華取要抄)

五座三座の勤行を毎日続けるのは、各人の人生それぞれにより闊達に修行に邁進できる人、なかなか苦しみながらの修行の人等おられることでしょうが、大聖人様の仰せのごとく肝要の修行であります。

我々は末法の凡夫ですから、色々と愚痴も出るでしょうが頑張ってまいりましょう。

日蓮正宗の血脈の通った御本尊様に、勤行唱題するところこそが三大秘法の存在するところなのです。

実感できるかどうか、それが信仰です。

どうかお試しあれ。

 

日蓮正宗 勤行要典の解説

日蓮正宗 勤行要典の解説