フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

★米司法長官、トランプとの会話は、「話せません!」

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


また、「トランプさん、かなりヤバいことになっている」シリー
ズです。

セッションズ司法長官は6月13日、上院情報特別委員会の公聴会
証言。

「自分自身」の、疑惑への関与を全面的に否定しました。

しかし、トランプさんについては・・・・・・・。

 

▼これまでの経緯

 

簡単に、これまでの経緯を復習しておきます。


2016年10月28日、コミーFBI長官(当時)は、ヒラリーの「メール
問題捜査を再開する」と発表しました。

これで、ヒラリーの人気が落ち、同年11月8日、トランプが当選し
た。

コミーさんは、「選挙結果に影響を与えた」ことで、批判されま
した。

しかし、大統領に就任したトランプは今年1月、「恩人」コミーさ
んを留任させます。

つまり、「トランプは、『ヒラリー・メール問題捜査再開発表』
については問題にしていない」と、全国民が認識した。


ところが、コミーさんは、トランプさんが思っているような「従順
で」「親トランプ」の男ではなかったのです。


コミーさんは3月20日、下院情報特別委員会で、

「トランプの選挙陣営とロシア政府の関係について、昨年7月から
捜査している」

と語ります。


トランプがコミーさんを解任したのは、5月9日。

米国民の多くは、「トランプとロシアに関する捜査を妨害したか
ったのだな」と認識しました。


5月17日、民主党のグリーン下院議員は下院本会議で


司法妨害に伴う大統領の弾劾を要求する」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と表明。

同日、元FBI長官が、「ロシア・ゲート」を捜査する特別検査官
に任命されました。

 

<ムラー元FBI長官、米大統領選ロシア介入疑惑の捜査指揮へ

BBC News 5/18(木) 10:58配信

2016年米大統領選にロシア政府が介入した疑惑の捜査を指揮する
ため、ロバート・ムラー元米連邦捜査局(FBI)長官が特別検察
官に任命された。>

 

6月8日、コミーさんが証言しました。

内容は、

・ロシアがアメリカ大統領選に介入したことは、「疑いの余地が
ない」。

・トランプ大統領から、フリン前大統領補佐官の捜査から「手を
ひく」よう要請された。

・トランプさんがコミーさんを解任したのは、「ロシア問題の捜
査方法」を変えるため。


コミーさんは、判断を特別検察官に委ねましたが、聞いた人は、
司法妨害だよな」と認識したことでしょう。


そして、今度は、「トランプ側」にいるセッションズ司法長官が
証言した。

 

▼セッションズさんとは?

 

簡単にセッションズさんについて知っておきましょう。

1946年のクリスマスイブに生まれた70歳。

アラバマ大学卒。

法務博士。

1981~1993年、アラバマ州南部地区連邦検事。

1994年、アラバマ州司法長官。

1997~2017年、アラバマ州上院議員


20年も上院議員を務めたのですね。

政党は共和党で、最右派だそうです。

イラク戦争、絶対支持だった。

TPPに反対。

2016年の大統領選では、トランプ候補を支持、アドバイザー役
でした。

2017年2月、アメリカ司法長官に就任。

 

▼内容のない「証言」

 

コミーさんの証言内容は、そのほとんどが既にメディアで報じ
られていたものでした。

それでも「FBIの前長官自身の口で語った」ことに大きな意味が
ある。

話は具体的、詳細で、聞いた人は、「ホントのことをいってそ
うだ」と思ったことでしょう。


セッションズさんの証言はどうだったのでしょうか?

まず第1に、彼自身の疑惑への関与をきっぱり否定しました。

 

<ジェフ・セッションズ米司法長官は13日、上院情報委員会の公
聴会に出席し、ロシアの駐米大使とワシントンのホテルで秘密裏
に会談したことはないと証言した。

長官はさらに、自分がロシア政府と結託していたという疑惑は


「とんでもない、憎むべき嘘」


だと強く非難し、


「下卑た嘘の疑惑」


に対して自分の名誉を守るつもりだと表明した。>

 

トランプさんについてはどうだったのでしょうか?

 

<上院情報委員会の公聴会で宣誓したセッションズ長官は、ドナ
ルド・トランプ大統領との会話内容を繰り返し質問されたものの、
回答を繰り返し拒否した。>(同上)

 

トランプさんとの会話内容を繰り返し質問されたものの、回答を
繰り返し拒否したそうです。

国民は、「知りたいことを答えてくれないよな」と思ったことで
しょう。

ところで、なぜセッションズさんは、「トランプさんが何をいっ
たか」答えなかったのでしょうか?

 

<大統領との会話内容について聞かれるたびに、セッションズ氏
が、「司法省の伝統」でそのような内容は明らかにしないのだと
繰り返したため、複数の民主党議員が不快感を示した。>(同上)


民主党議員からは、セッションズ氏が質問に答えないのは調査
への妨害行為に当たると非難する声が上がった。

同氏はこれに対し、「妨害ではない。大統領との内密の会話を委
員会の場でやみくもに公開しないという、司法省の伝統的方針に
従っているだけだ」と反論した。>

(CNN.co.jp 6月14日)

 

「大統領との会話内容」が話せないのは、「司法省の伝統」なの
だそうです。

その通りなのでしょう。

しかし、米国民は、「いえないダークな内容があるのかな」と感
じたことでしょう。

セッションズさんの証言、二言でまとめると。


・自分自身の関与を否定。

・トランプさんについては、何も話さず。


コミーさんの証言と比べると、「面白くない」内容でした。

しかし、首になったコミーさんには、捨てるものがない。

セッションズさんは現役の司法長官ですから、なんでもペラペラ
話すわけにいかないですね。

アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)

アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)

銃を持つ民主主義―「アメリカという国」のなりたち (小学館文庫)

銃を持つ民主主義―「アメリカという国」のなりたち (小学館文庫)

金で買えるアメリカ民主主義

金で買えるアメリカ民主主義

冷戦 -- アメリカの民主主義的生活様式を守る戦い (有斐閣Insight)

冷戦 -- アメリカの民主主義的生活様式を守る戦い (有斐閣Insight)

アメリカの財政民主主義 (アメリカの財政と分権)

アメリカの財政民主主義 (アメリカの財政と分権)

財政再建と民主主義―アメリカ連邦議会の予算編成改革分析

財政再建と民主主義―アメリカ連邦議会の予算編成改革分析

アメリカのデモクラシー〈第2巻(上)〉 (岩波文庫)

アメリカのデモクラシー〈第2巻(上)〉 (岩波文庫)

TPPが民主主義を破壊する

TPPが民主主義を破壊する

人種の問題―アメリカ民主主義の危機と再生

人種の問題―アメリカ民主主義の危機と再生

アメリカのデモクラシー〈第1巻(下)〉 (岩波文庫)

アメリカのデモクラシー〈第1巻(下)〉 (岩波文庫)

Democracy Matters: Winning the Fight Against Imperialism

Democracy Matters: Winning the Fight Against Imperialism

アメリカによる民主主義の推進 (国際政治・日本外交叢書)

アメリカによる民主主義の推進 (国際政治・日本外交叢書)

魂の民主主義―北米先住民・アメリカ建国・日本国憲法

魂の民主主義―北米先住民・アメリカ建国・日本国憲法

アメリカの民主政治(上) (講談社学術文庫)

アメリカの民主政治(上) (講談社学術文庫)

アメリカの反知性主義

アメリカの反知性主義

アメリカのデモクラシー〈第2巻(下)〉 (岩波文庫)

アメリカのデモクラシー〈第2巻(下)〉 (岩波文庫)

国民よ立ち上がれウソだらけの日本政府

国民よ立ち上がれウソだらけの日本政府

アメリカ民主主義と教育 (海外名著選)

アメリカ民主主義と教育 (海外名著選)

THE GREAT AMERICAN DREAM: History Of America (English Edition)

THE GREAT AMERICAN DREAM: History Of America (English Edition)

「アメリカ民主主義」を問う

「アメリカ民主主義」を問う

アメリカ民主主義の裏切り―誰が民衆に語るのか

アメリカ民主主義の裏切り―誰が民衆に語るのか

本と民主主義―アメリカの図書館における「表現の自由」の保護と制限

本と民主主義―アメリカの図書館における「表現の自由」の保護と制限

アメリカの民主主義 (1962年) (社会科学ゼミナール〈第28〉)

アメリカの民主主義 (1962年) (社会科学ゼミナール〈第28〉)

メディア・コントロール―正義なき民主主義と国際社会 (集英社新書)

メディア・コントロール―正義なき民主主義と国際社会 (集英社新書)