★巨大化する反米の砦SCO

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


日本ではあまり報じられていませんが、「歴史的」かもしれ
ないできごとがありました。

インドとパキスタンが、「反米の砦」上海協力機構(SCO)
の「正式加盟国」になったのです。

なぜそれが、「歴史的」?

 

▼SCOとは?

 

SCOは、2001年につくられました。

創設メンバーは、中国、ロシア、カザフスタンタジキスタン
キルギス

そして、ウズベキスタンが参加しました。

中国、ロシア以外は、中央アジアの国々です。


SCOは、03年頃から「反米の砦化」していきます。

なぜ?


ロシアのプーチン大統領が、願ったからです。

なぜ?


ロシアとアメリカの関係が、03年頃から、とても悪くなってき
た。

まず、ロシアは、03年にはじまったイラク戦争に反対。

同年、アメリカ、エクソン・モービルは、ロシアの石油最大手
(当時)ユコスを買収しようとして、失敗した。

プーチンの命令で、ユコスのホドルコフスキー社長(当時)が
脱税などの容疑で逮捕されてしまった。(ユコス事件)


03年、コーカサス旧ソ連国・グルジア(現ジョージア)で革
命が起こった。

そして、「親アメリカ・反ロシア傀儡政権」ができました。


04年、ロシアと欧州の間に位置するウクライナで革命が起こっ
た。

そして、「親アメリカ・反ロシア傀儡政権」ができた。

ウクライナでは14年にも革命が起こり、内戦が勃発した。)


05年、中央アジア旧ソ連キルギスで革命が起こった。


「嗚呼、かつてはロシアの実質支配下にあった旧ソ連諸国で革命
が起こりまくっている。

このままでは、ロシアの勢力圏が奪われる。

いや、それどころか、ロシアでも革命が起きかねない!」


これらの「革命」の背後に「アメリカがいる!」と確信したプー
チン。

05年に「大戦略的決断」をします。


一つは、中国と事実上の同盟関係を築き、アメリカに対抗するこ
と。

(これを私はしばしば、薩長同盟にたとえていました。

アメリカとガチで戦っているプーチン・ロシアは長州。

外交力、工作力で、なるべく直接対決を避けている中国は薩摩。)


もう一つは、SCOを「反米の砦」にすることです。

実際、ロシアには「SCOをNATOに対抗できる組織に育てた
い」という思惑がある。

それで、SCOは07年、はじめて加盟国6か国の合同軍事演習を
実施しました。

 

▼インドとパキスタン、SCOに参加

 

既述のように、SCOの正式加盟国はこれまで、

中国、ロシアと中央アジア4か国でした。

しかし、2017年6月9日、インドとパキスタンが正式加盟国
になりました。

 

<インドとパキスタン上海協力機構に正式加盟

時事=AFP 6/10(土) 18:08配信

【AFP=時事】カシミールKashmir)地方の領有権をめぐり
対立しているインドとパキスタンが9日、中国とロシアが主
導する安全保障会議上海協力機構(SCO)」に正式に加盟
した。

カザフスタンの首都アスタナ(Astana)で開かれた年次首脳
会議で、両国の加盟が承認された。>

 

インドのモディ首相、パキスタンのシャリフ首相は、どんなことを
語ったのでしょうか?

 

<モディ首相は9日、インドの加盟は「上海協力機構の歩みにおいて
画期的な瞬間だ」とたたえ、「建設的かつ積極的な役割」を果たし
ていくと誓った。

 シャリフ首相は、上海協力機構の創設メンバーが、パキスタン
SCO加盟に「揺るぎない支持」を示してくれたと感謝。

その上で、同機構は「地域の安定の要だ」とたたえた。>(同上)

 

▼SCO拡大の意義

 

次にSCO拡大の意義について考えてみましょう。

SCOは、しばしば中ロの首脳が言及しているように、


「アメリカの一極支配に対抗し、

多極世界を構築するために」


つくられました。

中国とロシアだけでも強力ですが、ここにインドが加わることで
さらに強力になります。

インドは現在、GDP世界7位。

しかし、10年以内に日本を抜いて、世界3位になるでしょう。


確かに、インドと中国の仲は、良好とはいえません。

それでも、インドは、中ロが主導するSCOに入った。

これは、インドが


「多極世界をつくり、インドもその一極になりたい」


ということなのでしょう。

そして、インドは、間違いなく「大きな極」になるでしょう。


現在の世界を見ると、アメリカの影響力は、新世紀に入ってか
ら衰えつづけています。

ブッシュは、愚かなイラク戦争で、アメリカの権威を失墜させ
た。

(ルトワックさんは、イラク戦争を、「真珠湾攻撃並の失敗」
と語っています。)


平和を叫んで登場したオバマ

彼は、リビア、シリア、ウクライナに介入し、アメリカの国力
を低下させた。

結果、2015年3月の「AIIB事件」では、

日本以外のすべての親米国家から裏切られることになりました。


アメリカ・ファースト」を叫んで登場したトランプ。

彼は、「パリ協定」を離脱し、孤立の道をまっしぐらに進んで
います。


その一方で、中国は、「グローバリズム絶対支持!」「パリ協
定絶対支持!」

を宣言し、グローバリスト、国際金融資本と和解している。


日本のメディアは、「一帯一路」「AIIB」「上海協力機構

など中国が主導するプロジェクトについて、

「ハチャメチャさ」「いいかげんさ」などを取り上げる傾向が
あります。

そして、国民も、「中国はやはりハチャメチャだ!」という報
道を喜ぶ。

中国はハチャメチャで、いいかげんなのはその通り。


それでもSCOは、16年つづいています。

そんなにハチャメチャな組織であれば、なぜインドは「入りた
い!」と思ったのでしょうか?

私たちは、そういうことも考える必要があります。


SCOの例は、「中国の他の巨大プロジェクトも、いずれ軌道
にのる可能性がある」ことを示しています。

(もちろん、その前に中国経済がボロボロになり挫折する可能
性もあります。)


私は、好き嫌いの話をしているのではありません。

「中国を侮りすぎない方がいい」

といっているのです。


日本は80年前、トップも国民も世界情勢がまったくわかって
いませんでした。

それで、1937年に日中戦争がはじまったとき、日本は、

アメリカ、イギリス、ソ連、中国 4大国を敵にした。


今回は、同じ過ちを繰り返さないよう、いつも注意が必要。

過ちを犯さないための第1歩は、


「世界で起こっていることを

日本にとっていいことも悪いことも

正確に知っておくこと」


です。

何が起こっているかわからずに、どうやって対応策を考える
ことができるでしょう?

 

親米と反米―戦後日本の政治的無意識 (岩波新書)

親米と反米―戦後日本の政治的無意識 (岩波新書)

 
勇者たちの戦場 (字幕版)
 
「反米」日本の正体 (文春新書)

「反米」日本の正体 (文春新書)

 
反米大陸―中南米がアメリカにつきつけるNO! (集英社新書 420D)

反米大陸―中南米がアメリカにつきつけるNO! (集英社新書 420D)

 
反米の世界史 (講談社現代新書)

反米の世界史 (講談社現代新書)

 
世界反米ジョーク集 (中公新書ラクレ)

世界反米ジョーク集 (中公新書ラクレ)

 
反米という病 なんとなく、リベラル

反米という病 なんとなく、リベラル

 
「反米論」は百害あって一利なし

「反米論」は百害あって一利なし

 
反米大統領チャベス―評伝と政治思想

反米大統領チャベス―評伝と政治思想

 
反中・反米のはざまで

反中・反米のはざまで

 
反米という作法

反米という作法

 
親米反米嫌米論

親米反米嫌米論

 
反米論を撃つ

反米論を撃つ

 
反米主義 (講談社現代新書)

反米主義 (講談社現代新書)

 
朝鮮半島を見る眼―「親日と反日」「親米と反米」の構図

朝鮮半島を見る眼―「親日と反日」「親米と反米」の構図

 
反米同盟 下   新潮文庫 ヘ 16-4

反米同盟 下 新潮文庫 ヘ 16-4

 
インチキな反米主義者、マヌケな親米主義者

インチキな反米主義者、マヌケな親米主義者

 
中国の瀬戸際戦略―「反日」の裏に隠された「反米」を読み解く

中国の瀬戸際戦略―「反日」の裏に隠された「反米」を読み解く

 
グローバリズムへの叛逆―反米主義と市民運動

グローバリズムへの叛逆―反米主義と市民運動

 
反米の系譜学―近代思想の中のアメリカ (MINERVA人文・社会科学叢書)

反米の系譜学―近代思想の中のアメリカ (MINERVA人文・社会科学叢書)

 
アメリカという敵―フランス反米主義の系譜学 (叢書ウニベルシタス)

アメリカという敵―フランス反米主義の系譜学 (叢書ウニベルシタス)

 
アメリカは(そんなに)悪くない。反米、嫌米派への手紙 ハリウッド・サバイバル

アメリカは(そんなに)悪くない。反米、嫌米派への手紙 ハリウッド・サバイバル

 
ジャパンヘイターとサイコパス支配: 善意で滅ぶ先進国

ジャパンヘイターとサイコパス支配: 善意で滅ぶ先進国

 
日本人が知らない村上春樹(ニューズウィーク日本版e-新書No.8)

日本人が知らない村上春樹(ニューズウィーク日本版e-新書No.8)

 
西田幾多郎 無私の思想と日本人 (新潮新書)

西田幾多郎 無私の思想と日本人 (新潮新書)

 
第十三話 新宿擾乱

第十三話 新宿擾乱

 
未知なるミャンマー

未知なるミャンマー

 
西欧近代を問い直す (PHP文庫)

西欧近代を問い直す (PHP文庫)

 
イランの野望 浮上する「シーア派大国」 (集英社新書)

イランの野望 浮上する「シーア派大国」 (集英社新書)

 
親米か反米か―新しい愛国者の道 (1953年)

親米か反米か―新しい愛国者の道 (1953年)

 
反米世界ジャーナリスト大会重要文献集 (1969年)

反米世界ジャーナリスト大会重要文献集 (1969年)

 
イラン―反米国家の独り旅

イラン―反米国家の独り旅

 
新版 甘い国から来た男―親米家と反米家へ (朝日文庫)

新版 甘い国から来た男―親米家と反米家へ (朝日文庫)

 
反米の理由―なぜアメリカは嫌われるのか?

反米の理由―なぜアメリカは嫌われるのか?

  • 作者: ジアウッディンサーダー,メリル・ウィンデービス,Ziauddin Sardar,Merryl Wyn Davies,浜田徹
  • 出版社/メーカー: ネコパブリッシング
  • 発売日: 2003/02
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る