フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

★プーチン、北朝鮮の核兵器保有に理解。なぜ???

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


世界的に注目されつづけている、「北朝鮮核問題」。

日本、アメリカ、韓国、中国は、大さわぎしています。

しかし、日本人にはなかなか理解できないのが、ロシアのポジシ
ョンでしょう。

プーチンの真意を理解する「手がかり」となる重要発言が飛び出
しました。

読売新聞6月3日から。


<露大統領、北の核保有に理解?圧力かける米批判

読売新聞 6/3(土) 12:27配信  

 【モスクワ=花田吉雄】ロシアのプーチン大統領は2日、北朝
鮮の核開発問題に関連して、


「小さな国々は自らの独立や安全と主権を守るためには、核兵器
を持つ以外、他の手段がないと思っている」


と述べた。

 北朝鮮などに軍事的圧力をかけている米国を批判する発言の中
で語った。ロシアは北朝鮮の核・ミサイル開発を容認しない立場。

保有に理解を示すかのような発言は物議を醸しそうだ。>


だそうです。

「小さな国が自衛のために核兵器をもつのは仕方ないよね~」

といってるように聞こえます。

なぜそういう話になるのでしょうか?


<ロシア北西部サンクトペテルブルクで開かれた国際経済フォ
ーラムの公開討論の中で語った。

プーチン氏は米国を念頭に


「力の論理が幅をきかせ、暴力が支配する間は、北朝鮮で起き
ているような問題が生じるだろう」


と指摘した。

米国が日本海に空母を派遣して緊張を高めていることを暗に批
判したといえそうだ。>(同上)

 

日本からいわせると、「ちょっと違うよね」という感じでしょ
う。

03~08年、6か国協議による話し合いで、核問題を解決しようと
した。

しかし、北朝鮮は06年に核実験を強行した。

「話し合いで解決できなかったから、いまみたいな状況になった
のだ」

というのが、日本やアメリカの立場でしょう。

では、プーチン・ロシアからこの問題を見ると、どんな感じにな
るのでしょうか?

 

▼ロシアからみた北朝鮮問題1=「北は脅威ではない」

 

日本から見た北朝鮮

ロシアから見た北朝鮮

決定的な違いはなんでしょうか?

 

「日本にとって北は脅威。

ロシアにとって、北は脅威ではない」

 

です。

なぜ?

北朝鮮の核ミサイルのターゲットは、日本、アメリカ、韓国で
ある。

北朝鮮がロシアを攻撃するはずはない。

「脅威ではない」ので、「話し合いで解決しましょう」という
のです。

これが自国ロシアの脅威であれば、違う行動に出るでしょう。

たとえばウクライナで革命が起こった。

親欧米のウクライナ新政権は、「ロシア黒海艦隊をクリミア
から追い出し、NATO軍を入れる」と宣言した。

これは、ロシアの脅威なので、「じゃあ併合してしまおう」
という話になる。

北朝鮮に関しては、「脅威」と思っていないので、「まあま
あ」となります。

 

▼ロシアからみた北朝鮮問題2=北はロシアの緩衝国家

 

もう一つの視点は、「北はロシアの緩衝国家だ」というものです。

これはなんでしょうか?

日本も昔、「朝鮮半島は、緩衝国家だ」と考えてた。

なんの緩衝国家?

ロシアの南下政策を防ぐための。


今のロシアにとって北朝鮮は、「アメリカの侵略を防ぐための
緩衝国家」なのです。

だから、北朝鮮は、強いほうがいい。

ここまでのロジック、説明が必要でしょう。

 

▼ロシアとアメリカは、「戦争中」という認識

 

1917年のロシア革命で誕生したソ連

「資本主義打倒」を国是としてつくられました。

アメリカは、「資本主義の総本山」ということで、「打倒す
べき対象」でした。

それから、ソ連が崩壊する1991年末まで、ロシアでは徹底的
な「反米教育」が行われた。

ロシア国民はアメリカについて「諸悪の根源」と考えていま
した。


ソ連崩壊後はどうだったのでしょうか?

ロシアのかなり多くの人たちが、


「アメリカは、新生ロシアをさらに弱体化させるために、

『まちがった改革』をさせた」


と信じています。

アメリカやIMFから伝授された「ショック療法」で、90年代
ロシアのGDPは40%以上も減ってしまった。


そして、アメリカが1990年の約束を破り、「NATOの東方拡
大」をしたことは、ロシア人の怒りと恐怖の大きな原因になり
ました。

東欧は、かつて事実上ロシア(ソ連)の支配下にあった。

それが今では、アメリカが主導する「反ロシア軍事ブロック」
に入っている。

このことは、ロシアのトップを大いに恐怖させている。


で、米ロ関係はどうなったのでしょうか?

プーチンが大統領になったのは2000年。

02年頃から、米ロ対立は激しくなっていきます。

まず、プーチン・ロシアは、アメリカのイラク戦争に反対した。


03年、米ロはイラク戦争をめぐって対立。

03年、ユコス事件。

03年、グルジアバラ革命

04年、ウクライナオレンジ革命

05年、キルギスチューリップ革命

「かつての自国領」と認識する「旧ソ連諸国」で次々と革命が
起こり、

「親アメリカ・反ロシア傀儡国家」

が続々と誕生していく。

これはプーチンを恐怖させ、ロシアが中国と事実上の同盟関係
を結ぶ、大きなきっかけになりました。

米ロの対立は、08年8月のロシア‐グルジア(現ジョージア
戦争に発展していきます。


しかし、08年9月、リーマン・ショックから「100年に1度の大不
況」が起こり、米ロは休戦状態になりました。

09年~12年まで、「米ロ再起動時代」といいます。

アメリカ大統領はオバマ、ロシア大統領は、アメリカ大好き男メ
ドベージェフでした。


しかし12年、プーチンが再び大統領に返り咲き、米ロ冷戦が再開
されました。

13年、米ロはシリア問題で対立。

14年3月、クリミア併合。

以後、ロシアは、欧米日から経済制裁を受け、非常に厳しい状況
にある。


というわけで、プーチンやロシアの上層部は、「われわれはアメ
リカと戦争している」という意識で暮らしている。

そうみると、東欧を飲み込んだNATO、今度はロシアの隣国ウ
クライナやグルジアを加盟させようとしている。

これはロシアからみると「緩衝国家の消滅」を意味する。


「東部戦線」を見てみましょう。

「戦争中」という意識で東を見ると、日本のMDも韓国のTHA
ADも

全部「対ロシア」に見えてしまうのです。

それで、ロシアは、韓国のTHAADに反対しています。


「戦争中」という視点でみると、北朝鮮はなんでしょうか?


そう、「アメリカの侵略を阻止してくれる国」ということになり
ます。

その国は、弱い方がいいでしょうか?

強い方がいいでしょうか?

結論は明らかですね。


プーチンは、

「小さな国々は自らの独立や安全と主権を守るためには、核兵器
を持つ以外、他の手段がないと思っている」

といいました。

では、同じ論理で韓国が核保有するのを容認するでしょうか?

もちろんしないでしょう。

国益を追求すると「ダブルスタンダードになってしまう」という
ことですね。

これは、アメリカも同じです。

アメリカは、「独裁はダメだ!」といって、イラン、シリアなど
を批判しつづけています。

一方で、独裁のサウジとは良好な関係にある。


「おかしいじゃないか!」と思うのですが、それが現実。

私たちは「あるがまま」を見て、対応策を冷静に考えていく必要
があるのです。

 

恐怖の地政学 ―地図と地形でわかる戦争・紛争の構図

恐怖の地政学 ―地図と地形でわかる戦争・紛争の構図

 
マンガでわかる地政学 (池田書店)

マンガでわかる地政学 (池田書店)

 
図解 いちばんやさしい地政学の本

図解 いちばんやさしい地政学の本

 
あなたも国際政治を予測できる! 最強兵器としての地政学

あなたも国際政治を予測できる! 最強兵器としての地政学

 
図解 世界史で学べ! 地政学

図解 世界史で学べ! 地政学

 
マッキンダーの地政学ーデモクラシーの理想と現実

マッキンダーの地政学ーデモクラシーの理想と現実

 
「接続性」の地政学 上: グローバリズムの先にある世界

「接続性」の地政学 上: グローバリズムの先にある世界

 
国際情勢の「なぜ」に答える! 地政学入門

国際情勢の「なぜ」に答える! 地政学入門

 
中東とISの地政学 イスラーム、アメリカ、ロシアから読む21世紀 (朝日選書)

中東とISの地政学 イスラーム、アメリカ、ロシアから読む21世紀 (朝日選書)

 
現代の地政学 (犀の教室)

現代の地政学 (犀の教室)

 
歴史の逆襲 21世紀の覇権、経済格差、大量移民、地政学の構図

歴史の逆襲 21世紀の覇権、経済格差、大量移民、地政学の構図

 
米中もし戦わば

米中もし戦わば

 
地政学の逆襲 「影のCIA」が予測する覇権の世界地図

地政学の逆襲 「影のCIA」が予測する覇権の世界地図

 
世界史で学べ!地政学

世界史で学べ!地政学

 
学校では教えてくれない地政学の授業

学校では教えてくれない地政学の授業

 
スパイクマン地政学 『世界政治と米国の戦略』

スパイクマン地政学 『世界政治と米国の戦略』

  • 作者: ニコラス・スパイクマン,渡邉公太
  • 出版社/メーカー: 芙蓉書房出版
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
「接続性」の地政学 下: グローバリズムの先にある世界

「接続性」の地政学 下: グローバリズムの先にある世界

 
世界のニュースがわかる! 図解地政学入門

世界のニュースがわかる! 図解地政学入門

 
世界一わかりやすい地政学の本 世界のリーダーの頭の中 (Knock-the-knowing)

世界一わかりやすい地政学の本 世界のリーダーの頭の中 (Knock-the-knowing)

 
21世紀 地政学入門 (文春新書)

21世紀 地政学入門 (文春新書)

 
地政学リスク―――歴史をつくり相場と経済を攪乱する震源の正体

地政学リスク―――歴史をつくり相場と経済を攪乱する震源の正体

 
増補改訂版 最新 世界情勢地図

増補改訂版 最新 世界情勢地図

 
中東・エネルギー・地政学

中東・エネルギー・地政学

 
“悪の論理”で世界は動く!~地政学?日本属国化を狙う中国、捨てる米国

“悪の論理”で世界は動く!~地政学?日本属国化を狙う中国、捨てる米国

 
平和の地政学―アメリカ世界戦略の原点

平和の地政学―アメリカ世界戦略の原点

  • 作者: ニコラス・J.スパイクマン,Nicholas John Spykman,奥山真司
  • 出版社/メーカー: 芙蓉書房出版
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 14回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 
経済は地理から学べ!

経済は地理から学べ!

 
地政学でよくわかる!世界の紛争・戦争・経済史 (コスミックムック)

地政学でよくわかる!世界の紛争・戦争・経済史 (コスミックムック)

 
環状島=トラウマの地政学

環状島=トラウマの地政学

 
近東の地政学:イスラエル、パレスチナ、近隣のアラブ諸国 (文庫クセジュ)

近東の地政学:イスラエル、パレスチナ、近隣のアラブ諸国 (文庫クセジュ)

 
国際関係の政治地理学―現代の地政学

国際関係の政治地理学―現代の地政学

 
胎動する地政学―英、米、独そしてロシアへ (戦略と地政学)

胎動する地政学―英、米、独そしてロシアへ (戦略と地政学)

 
ヴィジュアル版 海から見た世界史: 海洋国家の地政学

ヴィジュアル版 海から見た世界史: 海洋国家の地政学

 
富国と強兵―地政経済学序説

富国と強兵―地政経済学序説

 
地政学の論理―拡大するハートランドと日本の戦略

地政学の論理―拡大するハートランドと日本の戦略

 
河南省西部地区中生代花崗岩類地質特徴及成因(中国語)

河南省西部地区中生代花崗岩類地質特徴及成因(中国語)

 
Are you alive(初(DVD付)

Are you alive(初(DVD付)