フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

★トランプの「パリ協定離脱宣言」を、習近平が大歓迎する理由

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


ぶるぶるぶる。

モスクワ、寒いです。

この原稿書いてる時点で、6度。

モスクワ、今年は寒いです。

1月は、マイナス35度まで下がった。

5月は、何日も雪が降っていました。

6月2日、ごく短い時間ですが、雪が降りました。


それで、モスクワの人たちは、「地球温暖化」という言葉を聞くと、
「ふっ」と冷笑します。


その一方で、日本の夏は、私が子供だった頃と比べると、「むちゃ
くちゃ暑くなってるよな~」とも思います。

私の実家、長野の冬、子供だった頃と比べると、「どう考えても暖
かくなってるよな~」と思います。

「ようわからん」ということなのですが。


事実として、トランプさんは6月1日、「パリ協定」からの離脱を宣
言しました。

 

▼「地球温暖化」「パリ協定」とは?

 

まず、基本的なことから。

地球温暖化問題」とは何でしょうか?

言葉のとおり、「地球が暖かくなっている問題」です。

とはいえ、「地球は、そもそも寒くなったり、暖かくなったりし
てるのでは?」と思いますね。

「氷河期がなんどもあったというよな~」とか。

しかし、「20世紀後半になって、地球の気温は急激に上がってい
る」。

「その原因は、二酸化炭素など温暖化ガスが急増したことだ!」

というのですね。

地球温暖化で、どんな悪影響が懸念されているのでしょうか?


・南極の氷がとけて海面が上昇し、数十か国が水没する

・水不足、食料不足が起こる

・砂漠化が進む

などなど。


「急激な地球温暖化は、人間が出す二酸化炭素などが原因」

ということで、対策は、

二酸化炭素などの温室化ガスを減らそう」

という話になります。

それで、出てきたのが、今回話題になっている「パリ協定」。

2015年12月にパリで採択されました。

2016年9月、「温室化ガス超大国」のアメリカと中国が批准。

同年10月、EUが批准。

パリ協定に参加しているのは、なんと世界196か国。

参加していないのは、シリアとニカラグアだけです。

そこに今回、アメリカ合衆国が加わります・・・・。

 

▼なぜトランプは、「パリ協定離脱」を決めたの?

 

トランプさんは6月1日、「パリ協定離脱」を宣言しました。

なぜ?

トランプさんは1日、こんなことをいいました。


<私が選挙で選ばれたのは、

ピッツバーグの市民を代表するためです。

パリではありません。

パリ協定は、ワシントンがまたしても、

アメリカに不利な協定に参加した最新の例にすぎません。

受け入れがたい法的リスクを押しつけ、

われわれを世界の他国に対して、決定的に不利な状態に
追いこみます。

われわれは、他国の指導者や国に、これ以上笑われたく
ない。

これでもう笑わないはずだ。

もう笑わない。

今こそパリ協定を離脱すべき時だ。

そして、新しい合意を追求すべきだ。

環境とわれわれの企業を守り、

われわれの市民とこの国を守る、

新しい合意を>


だそうです。

そもそもトランプさんは、「地球温暖化問題」を「でっちあげだ!」
と語っています。

そして、「パリ協定離脱」は、「公約」の一つでもあった。

「有言実行」したわけですが、だからといって、それがアメリカと
トランプさんにとって、「いい結果」になるとは限りません。

 

▼世界がトランプを非難

 

地球温暖化問題」の「真偽」について、素人の私があれこれい
うのはやめましょう。

ここでは、「世界の反応」を見てみます。


・フランス・マクロン大統領

大統領になったばかりのフランス・マクロン大統領は、この件で
テレビ演説しました。

曰く


「判断は尊重するが、とても残念だ。

地球の将来にとって間違いをおかした」


厳しいですね。

そして、若いマクロンさんは、トランプさんに、こんな強烈な
皮肉をいいました。


「地球を再び偉大にする!」


トランプさんは、「アメリカを再び偉大にする!」です。

しかし、マクロンさんは、「地球を再び偉大にする!」。

大衆は、こういうパフォーマンスを喜ぶものです。


・EUのユンケル欧州委員長は、トランプの「パリ協定離脱宣言」
について、「重大な誤りだ!」とツイートしました。


・ドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領、イタリア
のジェンティローニ首相は1日、「アメリカの決断を残念に思う」
との共同声明を出しました。

3首脳は、トランプの求める「再交渉」を拒否するそうです。


国連のドゥジャリク事務総長報道官は離脱発表は「大きな失望」
とする声明を発表しました。


・ロシアのリャプコフ外務次官は、パリ協定が「米国を含まない
一部の国だけ優先しているというのは間違い」だと語りました。


・インドのモディ首相は2日、「気候変動に関してインドは責任
ある国家だ」と語り、パリ協定を順守する意向をしめしました。


・アメリカ経済界からも、トランプの決定に反対する声があがっ
ています。

BBCニュース6月2日から。


<米経済界も声高に、協定残留を求めていた。

グーグル、アップル、化石燃料メーカーのエクソンモービルなど、
何百もの企業が大統領に協定に残るよう要請していた。

エクソンモービルのダレン・ウッズ最高経営責任者は自ら大統領
に手紙を送り、米国は協定に参加したままでも「十分に競争でき
る」し、協定に残れば「公平なルール確保のために話し合いの場
に参加できる」と力説した。>


まさに世界中がトランプさんを批判し、彼はますます孤立してい
ます。

 

▼パリ協定離脱で一番得をするのは?

 

トランプの「パリ協定離脱宣言」で損をする、あるいは得をする
のは誰でしょうか?


一番損をするのは、これで「世界的に孤立する」アメリカです。

地球温暖化問題」の「真偽」はどうあれ、

「パリ協定」には、「196か国」が参加している。

アメリカは、ここから離脱することで、シリア、ニカラグア
同レベルになってしまう。


結果、アメリカは孤立し、指導力は低下し、覇権を維持する力
はどんどんなくなっていく。

ドイツ、フランス、イタリアの首脳は、「トランプと再交渉は
しない!」と断言している。

彼らは、「国際世論と道徳的正義はこっちにある」と確信して
いるので、強気でいられるのです。

交渉を「門前払い」される国が、「覇権国家だ!」といばって
いることができるでしょうか?


そして、トランプの「パリ協定離脱」でもっとも得をするのが
中国です。

BBCニュース6月2日から。


<パリ協定の合意を可能にしたのは何より、米中関係だった。

バラク・オバマ米大統領(当時)と習近平・中国国家主席はお互
い、妥協点を見出すことに成功し、そのおかげで欧州連合(EU)
や小島しょ諸国を含むいわゆる「高い野心連合」の形成に成功し
た。

トランプ政権の発表を受けて中国は速やかに、パリ協定順守の意
志をあらためて表明した。

二酸化炭素ガス排出削減のためEUとさらに協力体制を強めていく
と、近く共同声明で発表する。

欧州委員会のミゲル・アリアス・カニェテ気候行動・エネルギー
担当委員は、「EUと中国はパリ協定を実施し、クリーンエネルギ
ーへの世界的移行を加速させるため、力を合わせて邁進(まいし
ん)していく」と表明した。

「誰も置き去りにすべきではないが、EUと中国は前進することに
した」。>

 

そして、EUと中国は、前進しています。

6月3日毎日新聞

 

<EUのトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)、ユンケル
欧州委員長と中国の李克強首相は2日、ブリュッセルで首脳会談
を開き、米国が離脱を表明した地球温暖化対策の国際枠組み「パ
リ協定」の履行に向けた協力を推進することで一致したと明らか
にした。

米国に次ぐ経済規模を誇る中国とEUが地球温暖化対策で先導的
な役割を担う強固な意志を示した。>

 

アメリカを抜かして、中国とEUが「先導的な役割を担う」そう
です。

嗚呼。(涙)

この会談について朝日新聞6月3日。

 

<EU首脳会議のトゥスク常任議長は共同会見で、

「EUと中国は、気候変動の協力に関し、将来の世代に対する連帯
と地球に対する責任を明示した。

我々は米国が決めたパリ協定からの離脱は大きな間違いだと確信し
ている」

と述べた。

ユンケル欧州委員長も

「米国の不幸な決定について、中国と同じ見解を持ててうれしい。
中国とEUはパリ協定の実行に向けて進んでいく」

と話した。>

 

「EUと中国は、気候変動の協力に関し、将来の世代に対する連帯
と地球に対する責任を明示した。」

そうです。

EUと中国が、一緒になってアメリカを非難する・・・・。

なんという、悲しい光景でしょうか?

しかし、その責任は、トランプさんにあります。


今回の一件で、


「トランプ・アメリカは、地球の未来を考えないエゴイストだ!」


と悪評がひろがる。

一方、


「中国は、地球の未来を真剣に考えているすばらしい国だ!」


という名声が高まります。

中国は、二酸化炭素の削減に取り組むのでしょうか?

きわめて疑わしいと思います。

それでも、トランプが自爆した。

中国は、この機会を逃さず、国際世論を味方につけたのです。

こんな安上りで効果的な方法はありません。


(@もちろん、日本は、中国のやり方をマネするべきではあり
ません。

安倍総理は、トランプを批判するべきではありません。)


習近平は1月、ダボスで「グローバリズム絶対支持宣言」をし、

国際金融資本を味方につけました。

今回は、「パリ協定絶対支持!」を打ち出すことで、EUと世
界を味方につけました。


「パリ協定」からの離脱演説で、トランプは、「もう笑われな
い」といいました。

しかし、腹を抱え、ダンスを踊りながら笑っている男がいる。

そう、習近平です。

トランプのおかげで、棚ぼた式に「地球を守る英雄」になれた
習近平は、笑いが止まらないことでしょう。


1年前にメルマガで書いたように、トランプの「アメリカ第1主
義」で、この国の覇権は、ボロボロになってきています。

 

精神論抜きの地球温暖化対策――パリ協定とその後

精神論抜きの地球温暖化対策――パリ協定とその後

 
正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために

 
「地球温暖化」神話 終わりの始まり

「地球温暖化」神話 終わりの始まり

 
科学者の9割は地球温暖化CO2犯人説はウソだと知っている  (宝島社新書)

科学者の9割は地球温暖化CO2犯人説はウソだと知っている (宝島社新書)

 
異常気象と地球温暖化?未来に何が待っているか (岩波新書)
 
ホッケースティック幻想: 「地球温暖化説」への異論

ホッケースティック幻想: 「地球温暖化説」への異論

  • 作者: A.W.モントフォード,桜井邦朋,A.W. Montford,青山洋
  • 出版社/メーカー: 第三書館
  • 発売日: 2016/04/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
地球温暖化: そのメカニズムと不確実性

地球温暖化: そのメカニズムと不確実性

 
気候の暴走  地球温暖化が招く過酷な未来

気候の暴走 地球温暖化が招く過酷な未来

 
新・地球温暖化とその影響―生命の星と人類の明日のために (ポピュラー・サイエンス)
 
地球温暖化の目撃者

地球温暖化の目撃者

 
地球温暖化の予測は「正しい」か?―不確かな未来に科学が挑む(DOJIN選書20)

地球温暖化の予測は「正しい」か?―不確かな未来に科学が挑む(DOJIN選書20)

 
手にとるように地球温暖化がわかる本

手にとるように地球温暖化がわかる本

 
地球温暖化―ほぼすべての質問に答えます! (岩波ブックレット)

地球温暖化―ほぼすべての質問に答えます! (岩波ブックレット)

 
+6℃ 地球温暖化最悪のシナリオ [DVD]

+6℃ 地球温暖化最悪のシナリオ [DVD]

 
地球温暖化 2017年 05 月号 [雑誌]: 廃棄物 増刊

地球温暖化 2017年 05 月号 [雑誌]: 廃棄物 増刊

 
地球温暖化を考える (岩波新書)

地球温暖化を考える (岩波新書)

 
「地球温暖化」論に騙されるな!

「地球温暖化」論に騙されるな!

 
地球温暖化、しずみゆく楽園ツバル

地球温暖化、しずみゆく楽園ツバル

 
夏の暑い夜の眠りの音楽

夏の暑い夜の眠りの音楽 "地球温暖化"

 
新ビジョン2050 地球温暖化、少子高齢化は克服できる

新ビジョン2050 地球温暖化、少子高齢化は克服できる

 
ビル・工場のための地球温暖化対策マニュアル

ビル・工場のための地球温暖化対策マニュアル

 
気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書)

気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書)

 
地球温暖化とエネルギー問題―ポスト京都に向けた国際協調システム
 
鉄が地球温暖化を防ぐ

鉄が地球温暖化を防ぐ

 
【352-23】地球温暖化防止 横断幕

【352-23】地球温暖化防止 横断幕

 
地球温暖化&エネルギー問題総合統計 2017-2018 (統計データ集)

地球温暖化&エネルギー問題総合統計 2017-2018 (統計データ集)

 
地球温暖化論のウソとワナ

地球温暖化論のウソとワナ

 
地球温暖化とエネルギー戦略

地球温暖化とエネルギー戦略

 
地球温暖化を防ぐ―20世紀型経済システムの転換 (岩波新書)

地球温暖化を防ぐ―20世紀型経済システムの転換 (岩波新書)

 
ライヴ・アース

ライヴ・アース

 
地球温暖化スキャンダル−2009年秋クライメートゲート事件の激震

地球温暖化スキャンダル−2009年秋クライメートゲート事件の激震

 
各省庁(行政組織)へのホームページアクセスアプリ

各省庁(行政組織)へのホームページアクセスアプリ

 
地球環境カードゲーム マイアース スタートパッケージ 陸+川

地球環境カードゲーム マイアース スタートパッケージ 陸+川

 
地球環境カードゲーム マイアース スタートパッケージ 海+川

地球環境カードゲーム マイアース スタートパッケージ 海+川

 
nature[Japan] December 1, 2016 Vol.540 No. 7631 (単号)

nature[Japan] December 1, 2016 Vol.540 No. 7631 (単号)

 
理科年表 CD-ROM 2005 国立天文台編

理科年表 CD-ROM 2005 国立天文台編

 
地球温暖化とその影響―生態系・農業・人間社会 (ポピュラーサイエンス)
 
サンワサプライ エアダスター(逆さ使用OKエコタイプ) CD-31ECO

サンワサプライ エアダスター(逆さ使用OKエコタイプ) CD-31ECO