フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

★(トランプの外交顧問)キッシンジャーが目指す新世界秩序とは?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


敵の多いトランプさん。

しかし、超大物キッシンジャーさんは、トランプさんを支持してい
ます。


トランプさんが勝った最大の理由は、「FBIが、大統領選直前に
ヒラリーのメール問題捜査を再開したこと」

とされています。

そのとおり。

しかし、その前に「流れを変えたできごと」がありました。

そう、2016年5月に、キッシンジャーがトランプに会った。


以後、キッシンジャーは、トランプの「外交顧問」のような役割
をしています。

たとえば、ごく最近も、トランプにあっています。

 

<<キッシンジャー氏>トランプ氏に外交政策指南

毎日新聞5/11(木) 21:44配信

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は10日、キッシンジ
ャー元国務長官ホワイトハウスで会談し、対ロシア政策やシリア
情勢など米国が直面する困難な外交問題について意見を交わした。

キッシンジャー氏はトランプ政権の外交顧問役とみられており、今
月末にイタリアで開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)へ
の出席や中東諸国歴訪など、トランプ氏の外遊デビューを前に指南
した模様だ。>

 

アメリカ政界の「怪物」キッシンジャー

1923年生まれの93歳。(5月27日で94歳になります。)

1960年代末から70年代前半、米中の和解を主導した。

(まず大統領補佐官、後国務長官として。)

ニクソンの訪中から45年が過ぎ、キッシンジャーは、いまだ現役。

しかも影響力を保持したまま。

彼がロシアにいけば、プーチンが会う。

中国にいけば、習近平が会う。

すごいことです。

私たちも、キッシンジャーを見習って、「生涯現役」で行きたい
ですね。

ところで、トランプに大きな影響を与えているキッシンジャー
ん。

彼は、何を考えているのでしょうか?

そして、何を目指しているのでしょうか?

このことを知っておくことは、非常に重要なことです。

なぜなら、キッシンジャーは、トランプに大きな影響を与えて
いる。

今回は、「キッシンジャー自身」に語ってもらいます。

テキストは、


キッシンジャー回顧録 中国 

 

 

キッシンジャー回想録 中国(上)

キッシンジャー回想録 中国(上)

 
キッシンジャー回想録 中国(下)

キッシンジャー回想録 中国(下)

 

これ、ホント、驚愕物の事実がバンバン出てきます。

世界の裏事情を知りたい方は、是非ご一読ください。

 

キッシンジャーの「中国愛」は、本物

 

キッシンジャーニクソンは、なぜ共産党一党独裁国家中国と
和解したのか?

ソ連に対抗するためです。

ソ連は60年代非常に強力で、アメリカは押され気味だった。

アメリカには、日本や西欧といった強力な同盟国(同盟地域)が
ある。

それでも不安なので、中国と組むことにした。

こういう「リアリズム的発想」から、アメリカと中国は60年代
末、和解に向かいます。


キッシンジャーは1971年1月、はじめて北京に行きました。

そして、周恩来首相に会った。

感想がものすごいです。


<およそ六〇年間にわたる公人としての生活の中で、私は周恩来
よりも人の心をつかんで離さない人物に会ったことはない。

 彼は小柄で気品があり、聡明な目をした印象的な顔立ちで、相
対する人物の心の中の見えない部分をも直感する、けた外れの知
性と能力によって他を圧倒した。>

キッシンジャー回顧録 中国 上 261p)

 

まさに、「大絶賛」ですね。

キッシンジャーは、「リアリズム的目的」で中国との和解を目指
した。

それで、北京に行って周恩来に会った。

そして、中国の印象は、極めて良かったのです。

後述しますが、キッシンジャーの「中国愛」は、以後46年間揺
らぐことがありません。

 

キッシンジャーは、日本嫌い

 

前号でも書きましたが、ニクソンは1972年2月、中国を訪問
した。

そして、米中和解の大きな一歩を踏み出しました。


日本では、72年7月、田中角栄さんが総理になっています。


彼は、同年9月訪中し、「アッ」という間に「日中国交正常化
を成し遂げてしまいます。

(ちなみに、米中国交正常化は、1979年。)


アメリカを出し抜こうとする田中総理に、キッシンジャーは大
激怒。


「ジャップは最悪の裏切り者!」


と絶叫したことが、明らかになっています。

共同通信2006年5月26日から。

 

<「ジャップは最悪の裏切り者」(解禁された米公文書より)
72年にキッシンジャー

【ワシントン26日共同】ニクソン米大統領の中国訪問など
1970年代の米外交政策を主導したキッシンジャー大統領
補佐官(後に国務長官)が72年夏、

田中角栄首相が訪中して日中国交正常化を図る計画を知り

「ジャップ(日本人への蔑称(べっしょう))」

との表現を使って日本を

「最悪の裏切り者」

と非難していたことが、26日までに解禁された米公文書で分
かった。>


ちなみに、キッシンジャーは、この時の恨みをその後も忘れて
いなかったようです。

アメリカ在住政治アナリスト伊藤貫氏の名著「中国の「核」が
世界を制す」に、キッシンジャーと直接会った時の感想が出て
います。

 

キッシンジャーは、日本人に対して鋭い敵意と嫌悪感を抱い
ている。>(116~117p)


キッシンジャーからは不快なものを感じた。

彼が、日本人をほとんど生理的に嫌悪・軽蔑していることが感
じられたからである。>(同前117p)


なにはともあれ、田中総理は、アメリカを出し抜いた。

それで、キッシンジャーは激怒していた。

私たちは、事実として、


「中国を愛し、日本を嫌っているキッシンジャー

トランプに大きな影響を与えていること」


を知っている必要があります。

 

キッシンジャーが目指す「新世界秩序」とは?

 

さて、こんなキッシンジャーは、何を目指しているのでしょうか?

キッシンジャー回顧録 中国 下」

の一番最後は、「大平洋共同体にむけて」となっています。


「大平洋共同体」とは、要するに、アメリカと中国で仲良く世界
を支配しましょうということです。


周恩来首相と私が秘密訪問を発表するコミュニケで意見の一致
をみた時、彼は「これは世界を揺るがすだろう」と言った。

四〇年の時を経て、米国と中国が世界を揺るがすのではなく、世
界を構築する努力に一緒に取り組めるようになれば、なんと素
晴らしいことだろう。>。(574p)


この「大平洋共同体」、

別の言葉で「G2」、

中国式にいえば、「新型大国関係」

といいます。


習近平がしばしば使っている「新型大国関係」という言葉。

これは、キッシンジャーが発案したのですね。

世界一の戦略家ルトワックさんの名著「中国4.0」には、

 

*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51W9Ck7f6SL._SL160_.jpg" alt="中国4.0 暴発する中華帝国 *2" />

中国4.0 暴発する中華帝国 *3

 

キッシンジャーが売り込んだG2論>(100p)


とあり、キッシンジャーを厳しく批判しています。


皆さんご存知のように、

ルトワックさんは、「アメリカは、ロシアと和解し、中国に勝
つべし!」という立場。

一方、キッシンジャーは、「アメリカと中国が、世界を支配す
る」という立場。


トランプは当初、ルトワック寄りでしたが、徐々にキッシンジ
ャーの影響が強くなっているようです。

日本人は、このことをはっきり知っておく必要があります。


今回の話、あまりに「ザックリ」しているので、「あんまり説
得力ないな」と思うかもしれません。

しかし、メルマガという媒体では、これ以上詳細に書くことは
難しいです。

「ホントかな~~~」と思われた方は、


キッシンジャー回顧録 中国 

 

キッシンジャー回想録 中国(上)

キッシンジャー回想録 中国(上)

 
キッシンジャー回想録 中国(下)

キッシンジャー回想録 中国(下)

 

をご一読ください。

日本人は、アメリカの日本観、中国観について、


「日本は民主主義国家で、アメリカの忠実な同盟国。

中国は、共産党一党独裁国で、アメリカの敵」


と信じているでしょう?

しかし、トランプの外交顧問であるキッシンジャーは、


「日本は、最悪の裏切り者。絶対信用できない国。

中国については、『共同で世界を統治できる国』」


と考えていることがはっきりわかります。

 

国際秩序

国際秩序

 
外交〈上〉

外交〈上〉

 
外交〈下〉

外交〈下〉

 
キッシンジャー―世界をデザインした男〈上〉

キッシンジャー―世界をデザインした男〈上〉

 
キッシンジャー回復された世界平和

キッシンジャー回復された世界平和

 
キッシンジャー「最高機密」会話録

キッシンジャー「最高機密」会話録

 
周恩来・キッシンジャー機密会談録

周恩来・キッシンジャー機密会談録

 
キッシンジャー博士 日本の21世紀を予言する

キッシンジャー博士 日本の21世紀を予言する

 
キッシンジャー―世界をデザインした男〈下〉

キッシンジャー―世界をデザインした男〈下〉

 
World Order: Reflections on the Character of Nations and the Course of History

World Order: Reflections on the Character of Nations and the Course of History

 
アメリカ外交50年 (岩波現代文庫)

アメリカ外交50年 (岩波現代文庫)

 
危機の二十年――理想と現実 (岩波文庫)

危機の二十年――理想と現実 (岩波文庫)

 
国家はなぜ衰退するのか(上):権力・繁栄・貧困の起源 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

国家はなぜ衰退するのか(上):権力・繁栄・貧困の起源 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 
キッシンジャーの道〈上〉権力への階段 (1974年)

キッシンジャーの道〈上〉権力への階段 (1974年)

 
キッシンジャー―その信念の軌跡 (1973年)

キッシンジャー―その信念の軌跡 (1973年)

 
核兵器と外交政策 (1958年) (アメリカ・ベストセラー全集)

核兵器と外交政策 (1958年) (アメリカ・ベストセラー全集)

 
キッシンジャーの犯罪 (1980年)

キッシンジャーの犯罪 (1980年)

 
帝国の参謀 アンドリュー・マーシャルと米国の軍事戦 略

帝国の参謀 アンドリュー・マーシャルと米国の軍事戦 略

 
なぜ国々は戦争をするのか 上

なぜ国々は戦争をするのか 上

 
キッシンジャー秘録 第4巻 モスクワへの道

キッシンジャー秘録 第4巻 モスクワへの道

 
キッシンジャー (1973年) (角川文庫)

キッシンジャー (1973年) (角川文庫)

 
周恩来キッシンジャー機密会談録 (岩波オンデマンドブックス)|岩波オンデマンドブックス

周恩来キッシンジャー機密会談録 (岩波オンデマンドブックス)|岩波オンデマンドブックス

 
裏切り―キッシンジャーの秘密外交 (1976年)

裏切り―キッシンジャーの秘密外交 (1976年)

 
核兵器と外交政策

核兵器と外交政策

 
9.11後の世界と日本 キッシンジャー10の予言

9.11後の世界と日本 キッシンジャー10の予言

 
キッシンジャー秘録 全5巻セット

キッシンジャー秘録 全5巻セット

 
Nuclear Weapons and Foreign Policy (Norton Library (Paperback))

Nuclear Weapons and Foreign Policy (Norton Library (Paperback))

 
私を通りすぎた政治家たち (文春文庫)

私を通りすぎた政治家たち (文春文庫)

 
キッシンジャー秘録 第5巻 パリ会談の成功

キッシンジャー秘録 第5巻 パリ会談の成功

 
China 2049

China 2049

 
中国は21世紀の覇者となるか?―世界最高の4頭脳による大激論

中国は21世紀の覇者となるか?―世界最高の4頭脳による大激論

 
キッシンジャーの道〈下〉現代史への挑戦 (1975年)

キッシンジャーの道〈下〉現代史への挑戦 (1975年)

 

 

*1:文春新書

*2:文春新書

*3:文春新書