読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

★トランプが金正恩と直接会談したらどうなる???

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


トランプさん、「金正恩と会えれば光栄」と語ったそうです。


金正恩氏と会えれば「光栄」 トランプ米大統領

BBC News 5/2(火) 10:58配信

ドナルド・トランプ米大統領は1日、北朝鮮金正恩・朝鮮労働
党委員長と適切な状況の下で会うことができるなら「光栄だ」
と語った。

トランプ氏は米通信社ブルームバーグとのインタビューで、

「もし僕が彼と会うのが適切な場合は、会う。もちろんだ。
そうできれば光栄だ」

と述べた。>


会ったら、何が変わるのでしょうか?

 

北朝鮮問題解決、「理論的」には「簡単」

 

トランプ、金正恩、2人には「絶対権力がある」と仮定して考えて
みましょう。

すると、「北朝鮮問題」解決、実は簡単であることに気がつきま
す。


金正恩が恐れているのは、

「アメリカが攻めてきて、自分が殺されたり、権力を失うこと」

です。

イラクフセインのような運命になりたくない。


一方、トランプが恐れているのは、

北朝鮮が、大陸間弾道ミサイルICBM)を完成させ、


「アメリカ本土を核攻撃する能力」


を得ること。


どうすれば、この問題を解決できるのか?

簡単ですね。


北朝鮮核兵器を破棄するかわりに、

アメリカは、北朝鮮の体制に干渉しない。

北朝鮮が、アメリカ、日本、韓国を先制攻撃しないかぎり、

アメリカが北朝鮮を攻めることは絶対ない!!!」


金正恩北朝鮮、そして世界にむけて約束すればいい。

しっかり条約を締結するのも大事です。


これで、北朝鮮問題は解決です。

日本、アメリカ、韓国は、「核の脅威」がなくなって幸せ。

金正恩北朝鮮は、アメリカから攻撃される心配がなくなって
幸せ。

経済制裁が解除されれば、北朝鮮経済は、大いに発展すること
でしょう。

ところが・・・。

 

▼根深い不信

 

こんな簡単な話ですが、実現する可能性は、ほとんどないでしょう。

なぜ?

まず、アメリカと北朝鮮は、相互に不信している。

アメリカ政府は、「対話はしない。アメリカはこれまで何度もだま
されてきた」と主張しています。

一方、北朝鮮もアメリカを信用していません。

なぜ?

たとえばリビアの例を見てみましょう。

リビアカダフィ大佐は03年、「核兵器開発計画」を停止し、欧
米との和解に動きました。

ところが2011年、米英仏はリビアを攻撃。

カダフィは、殺されました。

カダフィの「血まみれ映像」を覚えている方も多いでしょう。

この件、知らなかった人のために、ウォール・ストリート・ジ
ャーナルから引用しておきましょう。

 

<核協議に応じぬ北朝鮮リビアが反面教師に
By
ALASTAIR GALE 2015 年 7 月 29 日 19:00 JST

北朝鮮の外交官に、なぜイラン式の核協議に関心がないのかと
問うてみれば、中東の別の国を理由に挙げるかもしれない。

それはリビアだ。

リビアでは2003年に当時のカダフィ大佐が大量殺りく兵器を廃
棄することで合意した。

だが8年後、この独裁者は生まれ故郷シルトで殺害され、悲惨
な最期を遂げた。>

 

こういう例をみれば、金正恩が、アメリカを信用しなくても仕
方ありません。

トランプ時代に約束が守られても、次の大統領が反故するかも
しれない。

 

▼トランプに絶対権力はない

 

トランプ就任から「100日が過ぎた」と騒いでいました。

この100日でわかったのは、「トランプには、ほとんど権力がな
い」ということ。

なぜそのことがわかるのか?

選挙戦中、誰からも拘束されず自由だった彼は、非常に率直な
発言をしていました。

しかし、選挙戦中と大統領就任後では、「180度違う言動」をと
るようになっています。

たとえば?


●ロシア

選挙戦中 = 

一貫してプーチン・ロシアとの和解を主張。

2016年7月には、「クリミアをロシア領と認定する可能性」に言及。


選挙後 =

親ロシア的姿勢は変わらないが、「私はプーチンを知らない」な
どとし、トーン・ダウン。

ヘイリー新国連大使は2月、「ロシア制裁は、クリミアをウクライ
ナに返還するまでつづく」と発言。


ウクライナ問題

選挙戦中 =

ウクライナ問題は、「欧州の問題」とし、干渉しない意向だった。


選挙後 =

既述のように、ロシアがクリミアをウクライナに返すまで、制裁
を継続する方針。


●シリア問題

選挙戦中 =

「アサドは悪いが、ISはもっと悪い」と発言。

つまり、アサド攻撃はやめ、ISとの戦いに集中する方針だった。


選挙後 =

シリア軍(つまりアサド政権の)基地をミサイル攻撃し、世界を
驚かせた。


●中国

選挙戦中 =

中国は、アメリカ最大の脅威と認識。

選挙後の2016年12月、台湾の蔡総統と電話会談し、中国を驚愕
させた。


選挙後 =

「私は、習近平が大好きだ!」と公言。

台湾総統との電話会談は、もうしない方針。


これらの「変節」。

一つは、「トランプには大統領としての十分な知識や戦略がない」
ことを示している。


一方で、「彼がしたいことをさせてもらえない」ことも示してい
ます。

誰が邪魔しているのでしょうか?

いわゆる「抵抗勢力」でしょう。

誰が抵抗勢力


・野党民主党オバマ、ヒラリーもバリバリ活躍中)

共和党内の反ロシア派(数が多い)

・マスコミ(特にトランプから「フェイクニュース」と名指しで
批判されたCNN、ABC、ニューヨーク・タイムズなど)

グローバリズムを推進する国際金融資本

・CIAなど諜報機関


トランプに絶対権力があり、好きにできるなら、彼は金正恩

WIN-WINのディールができるかもしれない。

しかし、トランプ自身が自由に動けない状態で、どんなディー
ルがありえるでしょうか?

 

金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる

金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる

 
危機の中の北朝鮮 金正恩の守護霊霊言

危機の中の北朝鮮 金正恩の守護霊霊言

 
金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日 (講談社+α新書)

金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日 (講談社+α新書)

 
金正恩 荒ぶる3代目の正体 (別冊宝島)

金正恩 荒ぶる3代目の正体 (別冊宝島)

 
横田めぐみさんと金正恩

横田めぐみさんと金正恩

 
金正恩著作集〈2〉

金正恩著作集〈2〉

 
金正恩著作集

金正恩著作集

 
金正恩の正体: 北朝鮮 権力をめぐる死闘 (平凡社新書)

金正恩の正体: 北朝鮮 権力をめぐる死闘 (平凡社新書)

 
金正日秘録 なぜ正恩体制は崩壊しないのか

金正日秘録 なぜ正恩体制は崩壊しないのか

 
マンガ 金正恩入門-北朝鮮 若き独裁者の素顔

マンガ 金正恩入門-北朝鮮 若き独裁者の素顔

 
父・金正日と私 金正男独占告白 (文春文庫)

父・金正日と私 金正男独占告白 (文春文庫)

 
新版 北朝鮮入門―金正恩体制の政治・経済・社会・国際関係

新版 北朝鮮入門―金正恩体制の政治・経済・社会・国際関係

 
北朝鮮の指導体制と後継――金正日から金正恩へ (岩波現代文庫)

北朝鮮の指導体制と後継――金正日から金正恩へ (岩波現代文庫)

 
独裁国家・北朝鮮の実像――核・ミサイル・金正恩体制

独裁国家・北朝鮮の実像――核・ミサイル・金正恩体制

 
揺れる北朝鮮  金正恩のゆくえ

揺れる北朝鮮 金正恩のゆくえ

 
金正日と金正恩の正体 (文春新書)

金正日と金正恩の正体 (文春新書)

 
北朝鮮 金正恩バッジ (レプリカ)
 
北朝鮮恐るべき特殊機関―金正恩が最も信頼するテロ組織

北朝鮮恐るべき特殊機関―金正恩が最も信頼するテロ組織

 
金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書)

金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書)

 
金正恩を誰が操っているのか  北朝鮮の暴走を引き起こす元凶 (徳間ポケット)

金正恩を誰が操っているのか 北朝鮮の暴走を引き起こす元凶 (徳間ポケット)

 
習近平は必ず金正恩を殺す

習近平は必ず金正恩を殺す

 
北朝鮮で何が起きているのか: 金正恩体制の実相 (ちくま新書)

北朝鮮で何が起きているのか: 金正恩体制の実相 (ちくま新書)

 
「金正恩の北朝鮮」と日本 (小学館101新書)
 
金正恩が消える日 (朝日新書)

金正恩が消える日 (朝日新書)

 
守護霊インタビュー 金正恩の本心直撃!

守護霊インタビュー 金正恩の本心直撃!

 
徹底図解 北朝鮮と金正恩 (双葉社スーパームック)
 
後継者 金正恩

後継者 金正恩

 
北朝鮮首領制の形成と変容 -金日成、金正日から金正恩へ-

北朝鮮首領制の形成と変容 -金日成、金正日から金正恩へ-

 
北朝鮮発! 「世界核戦争」の危機――世界を翻弄する金正恩の生き残り戦術

北朝鮮発! 「世界核戦争」の危機――世界を翻弄する金正恩の生き残り戦術

 
詳解 北朝鮮の実態―金正恩体制下の軍事戦略と国家のゆくえ

詳解 北朝鮮の実態―金正恩体制下の軍事戦略と国家のゆくえ

 
金正恩の北朝鮮: 隣国を客観的に「読む」 (遊絲社ブックレット)

金正恩の北朝鮮: 隣国を客観的に「読む」 (遊絲社ブックレット)