フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

★新ロシア革命工作の黒幕

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


世界一の戦略家ルトワックさんは、「世界一政権が安定しているの
は、プーチンのロシアだ!」とおっしゃっています。

モスクワに住んでいる私の実感も、「そのとおり」です。

ロシアは、14年3月のクリミア併合以後、制裁下にある。

制裁、ルーブル暴落、原油価格暴落の「三重苦」で経済はボロボロ
になっている。

しかし、驚くほど政権は安定し、プーチンの悪口は、ネット以外あ
まり聞かれません。

なぜ?

「クリミア併合」は「正義である!」と、ロシア国民が信じている
から。

なぜ?

・1783~1954年、クリミアは、ロシア領だった。

・1954年、フルシチョフの「鶴のひと声」でウクライナ管轄になっ
たが、これは独裁者のわがまま。「不当」「無効」である。

・クリミアでは住民投票が行われ、97%が「ロシアへの編入」を支
持した。


などなど。

プーチンは、「もともとロシアのものであるクリミアを、無血で
取り戻した歴史的英雄」ということになっている。

日本や諸外国ではなかなか理解されない論理ですが。

なにはともあれ、ほとんどのロシア人が「クリミア併合」を支持
している。

だから、現状の苦境については、


「何も悪いことをしていないのに、不当な制裁を課したオバマ
悪い!」


と、こういう論理になっている。

というわけで、いまのところプーチンは安泰。

しかし、ナンバー2のメドベージェフ首相は、かなりヤバいことに
なっています。

 

<メドベージェフ首相辞任賛成45%=不正蓄財疑惑響く─ロシア

時事通信 4/27(木) 4:09配信

【モスクワ時事】ロシアの独立系世論調査機関レバダ・センター
が26日発表した調査によると、メドベージェフ首相の辞任を求め
る回答が45%に達した。

首相は野党勢力指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏に不正蓄財の疑
いを追及されており、反発する若者を中心に大規模なデモも実施
された。>

 

これだけ読んでも、何のことかわかりませんね。

興味深い背景を知っておきましょう。

 

▼メドベージェフを卒倒させたYouTube動画

 

事件は3月2日に起こりました。

反体制派の活動家ナワリヌイさんが、

「メドベージェフの不正蓄財」に関する動画を公開した。


内容は、

・メドベージェフは、複数の「慈善財団」を使い、莫大な資産を
所有している。

・メドベージェフの資産を管理しているのは、金融大手ガスプロ
バンク副頭取のイリヤ・エリセーエフである。
彼とメドベージェフは、レニングラード大学法学部で同級生だっ
た。

・メドベージェフの「秘密の資産」とは、

モスクワ州の別荘(2822平米。推定価格50億ルーブル(=約100
億円))、

ソチの別荘(4177平米。70億ルーブル(=約140億円)、

クルスク州の別荘、

黒海沿岸の街アナパのブドウ園、

サンクト・ペテルブルグの複数のマンション(総面積1827平米、
推定価格10億ルーブル(=約20億円))、

ヨット2隻(推定価格10億ルーブル(約20億円)、

イタリアのブドウ園

など。

モスクワ州の別荘をメドベージェフの財団に「寄付」したの
は、大富豪アリシェル・ウスマノフである。

・財団は、複数の大富豪からの寄付で運営されている。これま
で集めた金額は700億ルーブル(約1400億円)。

この資金を、メドベージェフは、自分のために使っている。


私も動画を見ました。

非常に質が高く、「これを見た人は、怒るだろう」と感じました。

動画には、メドベージェフの隠れ資産の詳細、資産(豪邸など)
の空撮画像、資産を管理している財団名と、メドベージェフのパ
ートナーの名前、写真、経歴、資金源の具体名などが、後から後
から出てきます。

情報が本当かどうかは断言できませんが、「見た人は信じるだろ
う」とは言えます。


(時間がある方は、メドベージェフを卒倒させた動画を見てみま
しょう。

ロシア語がわからなくても、別荘の「豪華さ」はわかります。

8分50秒からモスクワの別荘、13分からソチの別荘、19分からクル
スクの別荘の空撮映像が見られます。

クルスクに関しては、「これはCGではないか?」と感じましたが。
https://www.youtube.com/watch?v=qrwlk7_GF9g  )


この動画の再生回数は、2か月で2000万回を超えています。

見ている人のほとんどはロシア人でしょう。

ロシアの人口は、約1億4300万人。

つまり、ロシア人の約7人に1人がこの動画を見た。


3月26日、ロシア各地で、「反汚職デモ」が行われました。

モスクワでは、約8000人がデモに参加し、約1000人が逮捕され
たといわれています。(正確な数字はなく、諸説あり。)


この動画とデモについて、ロシアでは「報道規制」がされ、テ
レビは「完全無視」でした。

しかし、事が大きくなりすぎて、政権も無視できなくなってき
た。


メドベージェフは4月4日、ようやく動画についてコメントしま
した。

曰く

「(動画は)民衆をデモに駆り出し、政治目的を達成するために
つくられた」


しかし、動画を見た2000万人が知りたがっていた、

「豪華別荘群」の真偽については、相変わらず「ノーコメント」。


このコメントを見たロシア国民は、「こいつはクロだ!」と確信
しました。

 

▼新ロシア革命工作の黒幕

 

ところで、誰が「新ロシア革命工作」をしているのでしょうか?

最初に思いつくのは、「アメリカかな?」ですね。

しかし、「プーチン大好き男」トランプと、「プーチンの親友」

ティラーソンさんが革命工作をしているとは思えません。


では、ナワリヌイさんが単独ですべてを行っているのでしょう
か?

ここで二つの財団が関わってきます。

一つは、ナワリヌイさん自身が2011年に設立した、「汚職と戦
う財団」(FBK)。

「メドベージェフ動画」の最初に、「FBK制作」と出ています。

しかし、この「動画─デモプロジェクト」には、もう一つの財
団が関わっている。

時間がある人は、以下の動画を開いてください。↓

( https://www.youtube.com/watch?v=lGIQVbuOXVA )

これは、3月26日のデモの中継映像。

提供しているのは、ロシア語表記で「オトクリタヤ・ロシヤ」

(読み方は、アトゥクリタヤ・ロシヤ)

意味は、「開かれたロシア」、英語では「オープン・ロシア」。

「オープン・ロシア」は、ミハイル・ホドルコフスキーが01年に
設立した財団です。

ホドルコフスキーは、当時石油最大手だったユコス社の社長で、
ロシア一の大富豪だった。 

「オープン・ロシア」は、ジェイコブ・ロスチャイルドやヘンリ
ー・キッシンジャーの協力によってつくられた「反プーチン財団」。

ロスチャイルド」という名前が出た時点で、「陰謀論か!?」
とドキドキした人もいるでしょう。

しかし、(世界を支配しているかはともかく)ジェイコブ・ロス
チャイルドは存在し、活動しています。

陰謀論からもっとも遠い日経新聞の、元ロシア支局長・栢俊彦氏
の「株式会社ロシア」から引用してみましょう。


<身の安全を守るため米英に庇護者を求めたホドルコフスキーは、
首尾よくヤコブ(=ジェイコブ 筆者註)・ロスチャイルド卿の
知己を得、世界の有力者が集う社交界への扉を開けた。>(39p)

<ホドルコフスキーは、〇一年一二月、ロスチャイルド卿と共同
で慈善団体の「オープン・ロシア財団」をロンドンに設立、翌年
には米国にも事務所を開いた。

理事にはロスチャイルドのほか、元米国務長官のヘンリー・キッ
シンジャーや元駐ソ連大使のアーサー・ハートマンが名を連ねた
。>(同前)


それでもなお疑いが晴れない方は、「ウィキペディア」を読んで
みましょう。
( https://en.wikipedia.org/wiki/Open_Russia )

ウィキペディアに書かれていることが全部事実とはいいません
が、この件については、そのくらい「常識」ということです。)


プーチンとの政争に敗れたホドルコフスキーは03年10月、汚職
どの容疑で逮捕され、13年12月まで獄中にいました。

「オープン・ロシア」はこれで衰え、06年に閉鎖されています。

しかし、釈放され、ロンドンに移住したホドルコフスキーは2014
年、「オープン・ロシア」復活を宣言した。

そして同財団が、「反メドベージェフ汚職デモ」を生中継したの
です。

ちなみ彼は4月29日、「反プーチンデモ」「ナダイェル」(意味
は、プーチンに飽きた)を組織しました。

3月26日のデモ比べると人が集まらず、「不発」だったようです。


これは、ホドルコフスキーの「リベンジ戦」。

そして、ホドルコフスキーの後ろには、プーチンを失脚させたい
大富豪たちがウジャウジャいることでしょう。

来年3月の大統領選にむけて、ロシアではいろいろ起こりそうで
す。

 

戦争にチャンスを与えよ (文春新書)

戦争にチャンスを与えよ (文春新書)

 
*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51W9Ck7f6SL._SL160_.jpg" alt="中国4.0 暴発する中華帝国 *2" />

中国4.0 暴発する中華帝国 *3

 
文藝春秋SPECIAL 2017年春号[雑誌]

文藝春秋SPECIAL 2017年春号[雑誌]

 
自滅する中国

自滅する中国

 
フォース・ターニング 第四の節目

フォース・ターニング 第四の節目

  • 作者: ウィリアム・ストラウス,ニール・ハウ,奥山真司,森孝夫
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2017/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
クラウゼヴィッツの「正しい読み方」 ー『戦争論』入門ー

クラウゼヴィッツの「正しい読み方」 ー『戦争論』入門ー

  • 作者: ベアトリス・ホイザー,奥山真司,中谷寛士
  • 出版社/メーカー: 芙蓉書房出版
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
世界を変えたいなら一度

世界を変えたいなら一度"武器"を捨ててしまおう

 
ペンタゴン―知られざる巨大機構の実体
 
現代の戦略

現代の戦略

 
China 2049 秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」

China 2049 秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」

 
文藝春秋SPECIAL 2016年夏号[雑誌]

文藝春秋SPECIAL 2016年夏号[雑誌]

 
大戦略の哲人たち

大戦略の哲人たち

 
スパイクマン地政学 『世界政治と米国の戦略』

スパイクマン地政学 『世界政治と米国の戦略』

  • 作者: ニコラス・スパイクマン,渡邉公太
  • 出版社/メーカー: 芙蓉書房出版
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
アメリカンドリームの終焉―世界経済戦争の新戦略

アメリカンドリームの終焉―世界経済戦争の新戦略

 
クーデター入門―その攻防の技術 (1970年)

クーデター入門―その攻防の技術 (1970年)

 
南シナ海が“中国海”になる日 中国海洋覇権の野望 (講談社+α文庫)

南シナ海が“中国海”になる日 中国海洋覇権の野望 (講談社+α文庫)

 
月刊Hanada2017年2月号

月刊Hanada2017年2月号

 

 

*1:文春新書

*2:文春新書

*3:文春新書