フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

★トランプが衝撃告白、「私は習近平がとても好きだ!」プーチンは?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


まず、お知らせから。

ダイヤモンド・オンラインに二つ最新記事がでています。

1、なぜ、アメリカのシリア攻撃で、一番得をするのは
【中国】なのか???↓

http://diamond.jp/articles/-/124488
(●スマホ、携帯で読めない方は、PCでお試しください。


2、【新ロシア革命工作】がはじまった。黒幕はあの【大富豪】

http://diamond.jp/articles/-/124649
(●スマホ、携帯で見れない方は、PCでお試しください。)

 

まだの方は、是非ご一読ください。

では、本題。


アメリカのシリア攻撃、北朝鮮問題でかすんでしまいましたが。

習近平、トランプに会ったのですね。

この件、「夕食中、トランプが習近平にシリア攻撃のことを伝
えた」話ばかりです。

二人の関係はどうだったのでしょうか?

 

▼トランプの衝撃告白

 

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)4月13日付を見
てみましょう。

 

ドナルド・トランプ米大統領は12日、就任後に知己になった
ある国の首脳との関係について冗舌に語った。


「われわれの関係は非常に良い」。

トランプ氏はホワイトハウスの大統領執務室で行われたウォー
ル・ストリート・ジャーナルとのインタビューでそう述べた。

 

「われわれの相性はすごくいい。

互いに好意を持っている。

私は彼のことがとても好きだ。

彼の妻も素晴らしい」


これほど温かい言葉で評されているリーダーとは誰か。>

 

皆さん、クイズです。

トランプがある国のリーダーについて、以下のように語ってい
ます。


「われわれの相性はすごくいい。

互いに好意を持っている。

私は彼のことがとても好きだ。

彼の妻も素晴らしい」

 

トランプは、誰のことを語っているのでしょう???

答えを紙に書いてみてください。


正解です。

安倍総理ですね。


すいません。

ウソです。

答えは、こちら。


<中国の習近平国家主席だ。>(同上)


「え~~~~~、トランプは、習近平の悪口ばかりいってい
たのでは???」


ですね。

だから、トランプにインタビューしたWSJの記者さんも驚いて
います。


<トランプ氏の口からこうした言葉が出てくると思っていた人は
ほとんどいないと言ってもいいだろう。

昨年の米大統領選挙中、中国はどの国よりもトランプ氏による
「口撃」の標的だった。

いわく、世界経済の枠組みの中で公正に取引していない、自分
たちが有利になるよう米国を利用している、米国の仕事を盗ん
でいる、周辺諸国をどう喝している──。>(同上)

 

そう、トランプは、当時明らかに「習近平が嫌い」だった。

トランプは、安倍総理が大好きですが、他にもお気に入りがい
ますね?

そう、プーチンです。

 

<その一方で当然のことながら、大国の指導者の中ではロシア
ウラジーミル・プーチン大統領がトランプ氏のお気に入りの
人物になり、緊密な関係を築いて過去の罪を許されるはずだっ
た。>(同上)


そうなんです。

選挙戦中も大統領就任後も、トランプの「プーチン愛」は一貫
していました。

しかし・・・。

 

< ところがどういうわけか、トランプ氏が選挙で勝利した後
のこの5カ月ほどの間に、ほとんど正反対のことが起こった。

今やトランプ氏と習氏の関係が世界で最も重要なものとなりつ
つあるかのようだ。>(同上)

 

アメリカはGDPでも軍事費でも世界一。

中国は、GDP、軍事費で世界2位。


世界1位と2位の首脳の関係が「世界でもっと重要」なのは、当然
でしょう。

しかし、その関係の質は、いろいろあり得ます。

 

▼トランプ、習近平との会談を語る

 

ここから、最近の首脳会談に話が移ります。

どうだったのでしょうか?

 

<トランプ氏がインタビューの中で詳細に語ったところによると、
習氏とは先週、フロリダ州の別荘「マール・ア・ラーゴ」で長時
間ともに過ごし、随行者を同席させずに対話した時間も長かった
という。

米中首脳会談の最初の協議は「10分から15分の予定だったが、3
時間に延びた」。

さらに「2日目に10分間の予定で組んでいた会談は2時間に延びた。


われわれは本当に相性がいい」とも述べた。>(同上) 

 

もちろん、「話すネタがあった」というのも大事でしょう。

シリア問題、北朝鮮問題。

特に北朝問題は、中国が金正恩体制への支援をつづけていること
が、根本的大問題。

だから、「話が盛り上がる」のは、わかる。

しかし、「おまえが金正恩を甘やかしているせいで、あの小僧は
もうすぐ、アメリカ本土を核攻撃できるようになる!
なんとかしないと、中国もタダではすまないぞ!」

と脅迫することもできたはずです。

しかし、会談後の感想は、


「われわれは本当に相性がいい」


これは、本当にそうなのでしょう。

トランプはこの辺、正直です。

メルケルさんに対して、「相性がいい」とはいいません。

 

▼なぜトランプは、習近平を好きになったのか?

 

「シリア攻撃」と習近平の話になります。

 

<習氏はトランプ氏によるシリア攻撃の決断を世界で最初に知っ
た外国の首脳だ。

シリア攻撃では59発の巡航ミサイル「トマホーク」が発射された。

トランプ氏は6日夜に行われた夕食会でデザートを食べながら習
氏に伝えた。>(同上)

 

このニュースを聞いた時、ロシアは、


「アサドは、化学兵器を使っていない!

アメリカは、イラクのときと同じで、ウソをついている!」


と非常にネガティブで、激しい反応をしました。

一方、習近平は、


化学兵器を使うのは、容認できない。

アメリカがシリアを攻撃したのは、『理解できる』」


といった。

そして、国連安保理は4月12日、「シリア非難決議」の採決を
しました。

ロシアは「拒否権」を行使し、この決議を葬った。


問題は、中国の動きです。

中国は普通、ロシアと共に「拒否権」を行使する。

ところが、今回は「棄権」しました。

つまり、中国は、ロシアを裏切った。

 

ロシアのテレビでは、報道されませんでしたが、ショックは大
きいだろうと思います。

 

< 選挙期間中の厳しい発言から習氏とのこうした関係が生ま
れることを想像できたかと尋ねると、簡潔に「ノー」と答えた。

そしてこう付け加えた。

「彼はとても聡明だ。

それが彼の長所だ。

順応性と呼んでもいい」>(同上)

 

習近平には「順応性」があるそうです。

まさにその通りでしょう。

習近平は、「中国の夢」を標榜する「ナショナリスト」として登
場しました。

それで、ダボス会議に集まるような国際金融資本に嫌われ、2015、
2016年、中国経済はボロボロになってしまった。

しかし、「ナショナリスト」トランプがアメリカ大統領になると、
国際金融資本は、彼を敵視しはじめた。

習は、その機会をとらえ、1月のダボス会議で、


グローバリズム、絶対支持!」


を宣言しました。

ナショナリスト」だったのが、一夜にして「グローバリスト」に
変貌した。

これも「順応性」ですね。

以後、欧米メディアから、「中国経済のハードランディングは不可
避」といった論調は消えました。

むしろ、「中国経済、底打ち」といった記事ばかりになってきた。


そして今回の件。

習は、中国では「皇帝」です。

しかし、トランプに会った時は、「皇帝らしい振る舞い」を封印
しました。

微笑みを絶やさず、トランプの話に耳を傾け、シリア攻撃のニュ
ースを聞いたときも、

「アメリカの行動は理解できる」と賛意すら示した。


これは、なんでしょう?

中国人のいわゆる「陰陽論」なのでしょう。

つまり、トランプみたいな強い「陽」の人と会うとき、

自分自身は「陰」にならなければならない。


考えてみると、メラニア夫人、娘のイヴァンカさん。

安倍総理、イギリスのメイ首相。


「陰」になれる人が、トランプのお気に入りですね。

習近平も、見事に「演じた」のでしょう。

これを、「順応性がある」といいます。

 

▼冷める「プーチン愛」

 

一方、トランプの「プーチン愛」はどうなったのでしょうか?

 

<習氏との関係をプーチン氏との関係と対比させて質問したとこ
ろ、トランプ氏は選挙後にプーチン氏から好意的な電話がかかっ
てきたことや、ロシアで最近発生したテロ事件後にトランプ氏か
ら電話をかけて哀悼の意を表し、協力を申し出たことについて語
った。


「あなた方がこれまで書いてきたこととは裏腹に、私はプーチン
を知らない。

知らないのだ」>

 

「私は、プーチンを知らない」

これも本音でしょう。

トランプは、プーチンに会ったことがない。

一方で、シリア問題で、対立している。

会えば変わるかもしれませんが、現状は、


トランプは、「習近平が大好きだ!」と公言している。

トランプは、「プーチンを知らない!」と公言している。


WSJ、記事をこんな風に結んでいます。

 

<少なくとも今のところは、トランプ、習両氏の関係は世界で最
も驚くべき「ブロマンス(男性同士の親密な関係)」になりつつ
ある。 >(同上)

 

日本は、こういう現状を踏まえ、


1、アメリカとの同盟関係をますます強固にしていく。


2、ロシアとの関係をますます強化し、結果的に中ロを分断させる。

(しかし、中国の悪口をいうべきではない。)


3、中国を挑発しない

(米中関係がさらに良好になると、梯子を外される可能性がある。)


でいきましょう。

移り変わりの激しい、「米中ロ・三国志」には関わらないように。


アメリカとは、「最高の関係」

ロシアとは、「良好な関係」

中国とは、「悪くない関係」


を築いていけば、80年前の過ちを繰り返すことはないでしょう。

現在の国際関係は、1930年代並に移り変わりが激しい。


注意深く、情勢を追いつづけていきましょう。

 

戦争にチャンスを与えよ (文春新書 1120)

戦争にチャンスを与えよ (文春新書 1120)

 
*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51W9Ck7f6SL._SL160_.jpg" alt="中国4.0 暴発する中華帝国 *2" />

中国4.0 暴発する中華帝国 *3

 
文藝春秋SPECIAL 2017年春号

文藝春秋SPECIAL 2017年春号

 
自滅する中国

自滅する中国

 
クラウゼヴィッツの「正しい読み方」 ー『戦争論』入門ー

クラウゼヴィッツの「正しい読み方」 ー『戦争論』入門ー

  • 作者: ベアトリス・ホイザー,奥山真司,中谷寛士
  • 出版社/メーカー: 芙蓉書房出版
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
ペンタゴン―知られざる巨大機構の実体
 
現代の戦略

現代の戦略

 
大戦略の哲人たち

大戦略の哲人たち

 
China 2049

China 2049

 
世界を変えたいなら一度

世界を変えたいなら一度"武器"を捨ててしまおう

 
クーデター入門―その攻防の技術 (1970年)

クーデター入門―その攻防の技術 (1970年)

 
文藝春秋SPECIAL 2016年夏号[雑誌]

文藝春秋SPECIAL 2016年夏号[雑誌]

 
アメリカンドリームの終焉―世界経済戦争の新戦略

アメリカンドリームの終焉―世界経済戦争の新戦略

 
月刊Hanada2017年2月号

月刊Hanada2017年2月号

 

 

*1:文春新書

*2:文春新書

*3:文春新書