フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

★デイヴィッド・ロックフェラーの死

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


ご存知の方も多いと思いますが、デイヴィッド・ロックフェラー
さんが3月20日、亡くなられたそうです。

 

デービッド・ロックフェラー氏が死去 101歳

産経新聞 3/21(火) 1:08配信

 米国の富豪ロックフェラー家の三代目当主で銀行家のデービ
ッド・ロックフェラー氏が20日、米ニューヨークの自宅で死
去した。

101歳だった。

死因は心不全

ロイター通信などが伝えた。>

 

デイヴィッド・ロックフェラーさんというと、「陰謀論」の
主人公ですね。

陰謀論にもいろいろありますが。

秘密結社でいえばフリーメーソンイルミナティ

一族でいえば、ロスチャイルド、ロックフェラー。

しかし、ロスチャイルドの場合、あまり「具体名」はでてき
ません。

漠然と「ロスチャイルド【家】が世界を支配している」など
といいます。


一方、ロックフェラーの方は具体名が出てきます。

そう、【デイヴィッド】・ロックフェラーが、【世界皇帝】
である!と。

 

デイヴィッド・ロックフェラーの経歴

 

デイヴィッド・ロックフェラーさん、どんな経歴なのでしょうか?

1915年6月12日生まれ。

おじいさんは、スタンダード・オイル創業者で、「石油王」「世界
一の金持ち」といわれたジョン・ロックフェラー

父親は、ジョン・ロックフェラー2世。

デイヴィッドさんは、5男1女の末っ子でした。

1936年、ハーバード大学卒業。

その後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスLSE)で修士
号を取得。

さらに、シカゴ大学で経済学博士号を取得。

1946年、チェース・ナショナル銀行に就職。

1969年~1981年、チェース・マンハッタン銀行・最高経
営責任者。

チェース・マンハッタン銀行は1955年、
バンク・オブ・マンハッタンとチェース・ナショナル銀行が合併
して誕生した。
現在は、JPモルガン・チェース銀行。)


デイヴィッド・ロックフェラーは、銀行マンだった時代、世界中
に人脈を構築していきました。

また、世界の政治に深く関わってきた。

たとえば、アメリカでもっとも影響力があるといわれるシンクタ
ンク「外交問題評議会」。

1949年、史上最年少34歳で、理事に選出された。

1970年~1985年、議長。

その後、名誉会長。


1973年、ブレジンスキーと共に「三極委員会」を創った。

世界の超エリートが年に一回集結する「ビルダーバーグ会議」に
初回(1954年)から参加していた。


これらは、全然秘密でも陰謀論でもなく、デイヴィッド・ロック
フェラー自身が「回顧録」で書いていることです。

もちろん、自分で自分の本を書けば、「美しく書く」に決まって
いますが、知らない事実が後から後から出てきて、とても面白い
です。

是非ともご一読ください。


●ロックフェラー回顧録

(上 http://amzn.to/2n9JYFb
 下 http://amzn.to/2n9TtUM )


本当に興味深い本ですが、もっとも面白いのは、彼が「陰謀論者」
への「反論」を書いている部分でしょう。

引用してみます。


<なかには、わたしたちがアメリカの国益に反する秘密結社に属
していると信じる者さえいる。

そういう手合いの説明によると、一族とわたしは“国際主義者”
であり、世界中の仲間たちとともに、より統合的でグローバルな
政治経済構造を 


----------- 言うなれば、ひとつの世界を -----------


構築しようとたくらんでいるという。

もし、それが罪であるならば、わたしは有罪であり、それを誇り
に思う。>

(ロックフェラー回顧録 下 290p)

 

デイヴィッド・ロックフェラーは、「『一つの世界』をつくろう
としてきたし、そのことを誇りに思っている」と。

 

▼ロックフェラー陰謀論は下火になる

 

デイヴィッド・ロックフェラーさんが亡くなった。

それで、これからは、「ロックフェラー家が世界を支配している」
というような陰謀論は無くなっていくでしょう。

デイヴィッドさんが亡くなった後、ロックフェラー家でもっとも
力があるのは、

ジェイ・ロックフェラー(=ジョン・ロックフェラー4世)です。

彼は、ウェストバージニア州の上院議員。

ジェイ・ロックフェラーは、デイヴィッド・ロックフェラーのお
兄さん(長男)の子供。

とても影響力のある人ですが、「世界皇帝」と呼ばれたデイヴィ
ッドさんほどの力はありません。


そして、ロックフェラー家は、「子だくさん」で、どんどん増え
ている。

ジョン・ロックフェラー1世には5人子供がいた。

デイヴィッドさんのお父さんジョン・ロックフェラー2世には、
6人子供がいた。

デイヴィッドさんにも、6人子供がいる。

ジェイさんには、4人子供がいる。

 

子だくさんは、めでたいことですが、別の言葉で「パワーの
源泉」である「資産」が「分散していく」ということでもあ
ります。

そして、これだけ増えると、「ロックフェラー家が一体化して
○○プロジェクトを行う」ということが、難しい。

 

デイヴィッド・ロックフェラーと共に終わるのは・・・

 

デイヴィッド・ロックフェラーは、「回顧録」でこう書いてい
ます。

 

<二十一世紀には、孤立主義者の居場所は存在しない。

わたしたちはみな、

国際主義者となる必要がある。>(同上 292p)

 

ところが、デイヴィッドさんが亡くなった時、アメリカ大統
領は、「孤立主義者」のトランプさん。

デイヴィッドさん、部下のキッシンジャーをトランプさんに
派遣して、トランプ大統領を「承認した」という話がありま
す。

ホントかどうかわかりません。

ホントだったとしても、「国際主義者」「グローバリスト」
の彼がトランプを承認するのは、本意ではなかったことでし
ょう。

デイヴィッドさんは、「一つの世界」を目指し、奔走してき
た。

しかし、その人生の終わりに、祖国アメリカは、「ナショナ
リズム」「孤立主義」「保護貿易主義」の大統領を選んだ。

どんな気持ちだったのでしょうか?


101年生き、「世界皇帝」とも呼ばれた

デイヴィッド・ロックフェラーさんが亡くなりました。

「一つの時代が彼と共に終わった」といえるかもしれません。

彼と共に終わったのは・・・・・、


アメリカの時代・・・・・・・・?

 

こちら、お勧めです。


●ロックフェラー回顧録

 

ロックフェラー回顧録(上) (新潮文庫)

ロックフェラー回顧録(上) (新潮文庫)

 
ロックフェラー回顧録(下) (新潮文庫)

ロックフェラー回顧録(下) (新潮文庫)

  • 作者: デイヴィッドロックフェラー,David Rockefeller,楡井浩一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/11/28
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る