読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

日蓮正宗の自我偈はとてもありがたいんです。

折伏

 妙法蓮華経 如来寿量品第十六 自我偈

 自我得仏来 所経諸劫数 無量百千万 億載阿僧祇
 常説法教化 無数億衆生 令入於仏道 爾来無量劫
 為衆生度故 方便現涅槃 而実不滅度 常住此説法
 我常住於此 以諸神通力 令顛倒衆生 雖近而不見
 衆見我滅度 広供養舎利 咸皆懐恋慕 而生渇仰心
 衆生既信伏 質直意柔軟 一心欲見仏 不自惜身命
 時我及衆僧 倶出霊鷲山 我時語衆生 常在此不滅
 以方便力故 現有滅不滅 余国有衆生 恭敬信楽
 我復於彼中 為説無上法 汝等不聞此 但謂我滅度
 我見諸衆生 没在於苦海 故不為身現 令其生渇仰
 因其心恋慕 乃出為説法 神通力如是 於阿僧祇
 常在霊鷲山 及余諸住処 衆生見劫尽 大火所焼時
 我此土安穏 天人常充満 園林諸堂閣 種種宝荘厳
 宝樹多華果 衆生所遊楽 諸天撃天鼓 常作衆妓楽
 雨曼陀羅華 散仏及大衆 我浄土不毀 而衆見焼尽
 憂怖諸苦悩 如是悉充満 是諸罪衆生 以悪業因縁
 過阿僧祇劫 不聞三宝名 諸有修功徳 柔和質直者
 則皆見我身 在此而説法 或時為此衆 説仏寿無量
 久乃見仏者 為説仏難値 我智力如是 慧光照無量
 寿命無数劫 久修業所得 汝等有智者 勿於此生疑
 当断令永尽 仏語実不虚 如医善方便 為治狂子故
 実在而言死 無能説虚妄 我亦為世父 救諸苦患者
 為凡夫顛倒 実在而言滅 以常見我故 而生恣心
 放逸著五欲 堕於悪道中 我常知衆生 行道不行道
 随応所可度 為説種種法 毎自作是念 以何令衆生
 得入無上道 速成就仏身

我仏を得てより来 経たる所の諸の劫数 無量百千万 億載阿僧祇なり 常に法を説いて 無数億の衆生を教化して 仏道に入らしむ 爾しより来無量劫なり 衆生を度せんが為の故に 方便して涅槃を現ず 而も実には滅度せず 常に此に住して法を説く 我常に此に住すれども 諸の神通力を以て 顛倒の衆生をして 近しと雖も而も見ざらしむ 衆我が滅度を見て 広く舎利を供養し 咸く皆恋慕を懐いて 渇仰の心を生ず 衆生既に信伏し 質直にして意柔軟に 一心に仏を見たてまつらんと欲して 自ら身命を惜まず 時に我及び衆僧 倶に霊鷲山に出ず 我時に衆生に語る 常に此にあって滅せず 方便力を以ての故に 滅不滅ありと現ず 余国に衆生の 恭敬し信楽する者あれば 我復彼の中に於て 為に無上の法を説く 汝等此れを聞かずして 但我滅度すと謂えり 我諸の衆生を見れば 苦海に没在せり故に為に身を現ぜずして 其れをして渇仰を生ぜしむ 其の心恋慕するに因って 乃ち出でて為に法を説く 神通力是の如し 阿僧祇劫に於て 常に霊鷲山 及び余の諸の住処にあり 衆生劫尽きて 大火に焼かるると見る時も 我が此の土は安穏にして 天人常に充満せり園林諸の堂閣 種々の宝をもって荘厳し 宝樹華果多くして 衆生の遊楽する所なり 諸天天鼓を撃って 常に衆の妓楽を作し 曼陀羅華を雨らして 仏及び大衆に散ず 我が浄土は毀れざるに 而も衆は焼け尽きて 憂怖諸の苦悩 是の如き悉く充満せりと見る 是の諸の罪の衆生は 悪業の因縁を以て 阿僧祇劫を過ぐれども 三宝の名を聞かず 諸の有ゆる功徳を修し 柔和質直なる者は 則ち皆我が身 此にあって法を説くと見る 或時は此の衆の為に 仏寿無量なりと説く久しくあって乃し仏を見たてまつる者には 為に仏には値い難しと説く我が智力是の如し 慧光照すこと無量に 寿命無数劫 久しく業を修して得る所なり 汝等智あらん者 此に於て疑を生ずることなかれ 当に断じて永く尽きしむべし 仏語は実にして虚しからず 医の善き方便をもって 狂子を治せんが為の故に 実には在れども而も死すというに 能く虚妄を説くものなきが如く 我も亦為れ世の父 諸の苦患を救う者なり 凡夫の顛倒せるを為て 実には在れども而も滅すと言う常に我を見るを以ての故に 而も恣の心を生じ 放逸にして五欲に著し 悪道の中に堕ちなん 我常に衆生の 道を行じ道を行ぜざるを知って 度すべき所に随って 為に種々の法を説く 毎に自ら是の念を作す 何を以てか衆生をして 無上道に入り 速かに仏身を成就することを得せしめんと

勤行の時、二座以外は自我偈を読誦します。

これは自我偈が無量の功徳を保持しているからだそうです。

法華講員さんで御開扉を受けられた方はピンと来るのではないでしょうか?

御開扉では方便品と壽量本(長行)を読誦したのち、二回自我偈を読誦いたします。

つまり、計三回自我偈を読誦してからお題目を唱えます。

それには理由がありまして、自我偈の読誦によって功徳を増すという意味があるのです。

ですから、朝夕五座三座の勤行で計八回読誦することになりますね。

朝の勤行は慣れてきたとしても25分くらいは、御経の読誦と御観念文で時間がかかると思います。

そのあと1時間唱題を毎日継続されている先輩を知っていますが、その方を尊敬して真似してみようと試みたものの、私のような業の深い人間にはなかなか・・・。

10分くらいの唱題が精一杯のトホホな人間です。

でも、自我偈の功徳で倍増されると考えれば、五座なら10分掛ける5で50分の唱題と同じ功徳に?

それはどうか分かりませんが、日蓮正宗の正しい御本尊様に向かって、読誦申し上げる方便品・自我偈には大きな功徳があるのだと信じ、丁寧に正確に読経いたしましょう。

そうじゃないと、偏頗な考えで早口勤行になっては申し訳が立ちません。

異流儀や他門日蓮宗でいくら法華経を読んでも功徳にはならないですが。

時折、創価学会顕正会の自主休業の方が、五座三座で勤行をしてみようなどと、見当違いの考えをインターネットで吹聴しているのを見かけますが、全く無効です。

それは血脈の流れていない正宗の御本尊様を拝んでも無益だからです。

こればかりは、日蓮正宗で勧誡式(かんかいしき)をお受けになってみれば、すぐに実感できます。偽本尊の方は御本尊様の下付を受けられます。

ああ、血脈が流れているなと実感できるのです。

不安感や焦燥感が薄らいでいくので不思議ですよ。

難しい法門詮議などせず百聞は一見に如かずを体験してみてください。

 

新編妙法蓮華經并開結

新編妙法蓮華經并開結

 
増補版 寿量品説法 下巻

増補版 寿量品説法 下巻

 
増補版 寿量品説法 上巻

増補版 寿量品説法 上巻

 

 

広告を非表示にする