読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

★中国、トランプの娘婿ファミリーを459億円で買収

 

新訂 孫子 (岩波文庫)

新訂 孫子 (岩波文庫)

 

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


当初、中国にとても厳しかったトランプさん。

徐々に、あまくなってきています。

それは、「勝手に」起こっていることではなく、

中国の「工作」によって、懐柔させられている。

この件について、最近二つ記事を書きました。


一つは、ダイヤモンド・オンライン。

http://diamond.jp/articles/-/120416
●中国がトランプ懐柔攻勢、日米関係が良好でも気を抜くな


もう一つは、まぐまぐニュース。

http://www.mag2.com/p/news/241460
●だから中国は侮れない。トランプの態度を一転させた懐柔
作戦の全容


中国は、強力な工作によって、トランプの「反中路線」を転換
させている。

工作は、もちろん現在もつづいています。

ブルームバーグ3月14日付は、驚くべき内容を報じています。

なんと中国は、トランプの娘イバンカさんの夫一家を「買収」
しようとしている。

どうやって???????

 

▼トランプの娘婿ファミリーを買収せよ!

 

では、ブルームバーグ3月14日付を見てみましょう。


<クシュナー氏の同族会社、中国企業から4億ドルの利益を得る
可能性も

Bloomberg 3/14(火) 4:49配信

トランプ米大統領の娘婿で上級顧問のジャレッド・クシュナー氏
の家族が経営する不動産会社「クシュナ-」は、同社が保有
るニューヨーク・マンハッタンのオフィスビルに中国の安邦保険
集団から投資を受け、4億ドル(459億円)以上の利益を得る可
能性がある。 >

 

トランプさんの美人娘イバンカさんは09年、ジャレッド・クシュ
ナーさんと結婚しました。

クシュナーさんはユダヤ人。

それでイバンカさんは、ユダヤ教に改宗しています。

ジャレッド・クシュナーさんは、「ニューヨーク・オブザーバー」
のオーナー。

そして、不動産開発会社クシュナー・カンパニーズの跡取り息子。

「クシュナー・カンパニーズ」は、ジャレッドさんのお父さん
チャールズ・クシュナーさんが創業した会社です。


つまり、中国の安邦保険集団は、


「トランプの娘婿のお父さんに459億円プレゼントする」


という話。(ざっくりいうと。)

 

<投資の詳細に関する資料をブルームバーグが閲覧した。

その資料によると、安邦保険の総投資額は40億ドル。

不動産専門家の一部は「クシュナー」に異例なほど有利とする条
件も含まれていると指摘する。

安邦保険は中国政権との関係が取りざたされており、米国での投
資に安全保障上の懸念が浮上している。>(同上)

 

「安邦保険は中国政権との関係が取りざたされており、米国での
投資に安全保障上の懸念が浮上している。」


当然ですね。

なんといっても「大統領ファミリー買収目的で投資」するのです
から。

だから、クシュナーに「異例なほど有利な条件」を提示する。

 

<選挙法を専門とする超党派団体、キャンペーン・リーガル・セ
ンターの法務顧問、ラリー・ノーブル氏は「人に影響を及ぼすに
は、家族を経済的に助けるというのが昔からの常とう手段」と警
告している。 >

 

「人に影響を及ぼすには、家族を経済的に助けるというのが昔か
らの常とう手段」


いいかえれば、


「アメリカ大統領に影響を及ぼすには、家族を経済的に助けると
いうのが昔からの常とう手段」

 

▼中国、強さの源泉

 

中国の「工作力」は、本当にすごいです。

なぜすごいのでしょうか?

やはり、「国家を挙げて工作に励んでいるから」でしょう。

たとえば、日本政府が、アメリカの政治家を買収することなど
できません。

健全な民主国家は、「金の使い道」にうるさいのです。


ところが、中国にとって、アメリカの政治家を買収することは、

「悪」ではなく、むしろ「大いなる善」である。


中国共産党自身が「買収工作」を指揮しているのですから、資
金はありあまるほどある。

アリババの馬雲会長のように個人資産2兆円を超える人物です
ら、

「事実上の工作員」として使うことができる。

(いうことを聞かなければ逮捕。)


というわけで、中国がイスラエルロビーを抑えて、アメリカナン
バーワンロビー集団になったのもわかります。


中国の工作により、米中関係が徐々に良くなってきました。

安倍総理も、中国批判を抑制しましょう。

米中が和解して「梯子」を外されれば、尖閣は間違いなく奪われ
ます。