フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

そんな時代もあ~ったねと♪・・・まわるまわるよ時代はまわる

kenshokai-hashaku.com

時代
中島みゆき


今はこんなに悲しくて
涙もかれ果てて
もう二度と笑顔には
なれそうもないけど

そんな時代もあったねと
いつか話せる日が来るわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ
だから今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう
まわるまわるよ 時代はまわる
喜び悲しみ繰り返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わって めぐりあうよ

旅を続ける人々は
いつか故郷に出会う日を
たとえ今夜は倒れても
きっと信じてドアを出る
たとえ今日は果てしもなく
冷たい雨が降っていても
めぐるめぐるよ 時代はめぐる
別れと出会いを繰り返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ

まわるまわるよ 時代はまわる
別れと出会いを繰り返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ

 

kenshokai-hashaku.com

kenshokai-hashaku.com

平成3年も遠くになりましたね。

今年は平成29年です。

もう26年も経つのですね。

前年の平成2年11月16日。

池田センセーが同時中継で突然猊下を誹謗したんです。

大学受験生だった私も聞いておりました。

翌日から大騒ぎになりました。

センセーには感謝しています。

あの時センセーが暴言を吐いてなければ、私の経歴は創価大学卒になってました。

危ないところでした。

創価大学に進学しなくて済んだことを感謝しております。

正本堂が建立されて26年で解体。

早いもので創価学会が破門になって26年目。

バブル絶頂の平成2年から、国力は落ちに落ちバブル前の水準になりました。

センセーのおかげです。

日達上人様の特別御形木御本尊様には昭和41年1月7日と、書写された日付が認められています。

創価学会員の功労者に授与された御本尊様。

日寛上人様の御形木御本尊様を家の仏壇に御安置していると、何か恥ずかしいような気分が蔓延するように仕向けたのもセンセーです。

当時、センセーの頭の中では、広宣流布達成のペテンが絵になっていたのですね。

私たち日本人は過去の反省からくみ取ることが大の苦手です。

創価学会問題の総括はできたのでしょうか?

昭和41年から今年は50年目。

これから我が国は大きな困難に遭遇するでしょう。

昭和45年の国立戒壇放棄から50年の節目に東京五輪

昭和47年の正本堂建立から50年が大聖人様御生誕800年、龍ノ口法難から750年。

浅井センセーなら何かただ事でない時節の節目を感じ取られることでしょう。

両センセーに振り回された人生を生きた私には、大聖人様の御遺志をじっと見守るほかに手だてはありません。

欺瞞。

凡夫の眼は欺けたとしても、仏様の眼は欺けまい。

どうしてこのようなことになってしまったのか。

その根本原因はなんであったのか。

正直でなければ諸天の守護はあるまいに。

無謬性を強調することが清流ではあるまいに。

真摯な反省は済んだのだろうか?

 

迷走する顕正会を斬る―浅井昭衛会長の足跡と変節

迷走する顕正会を斬る―浅井昭衛会長の足跡と変節

 
顕正会会長浅井昭衛の“最後に申すべき事”を砕破す

顕正会会長浅井昭衛の“最後に申すべき事”を砕破す

 
「学会・宗門」抗争の根本原因

「学会・宗門」抗争の根本原因