読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

正宗系観察日記は悪知識なのか?

日蓮正宗

gachinbow.hatenablog.com

前の日記に書いたことを少し裏付けるような記事が、ガチンボウさんのブログに。

「お前、法華講員のくせによくこんなブログ読むよな。」的思考の方はご遠慮ください。

ガチ氏はおそらくですが、正宗系の家系の方では?と思っているのですよ。勝手にですが。

それはさておき、成仏の相と思われる相が実は天界の相というのは、うすうす感づいていました。

そして、正宗僧侶の発言もあわせると、ふむふむと。

日蓮正宗の葬儀では、臨終時に良くなかった相が良くなるという現証が数多く報告されています。私自身もこの目で見ました。

黄疸で黄色かった顔や、褐色の相が白く穏やかな顔に変化するのは珍しくありません。

かつての創価学会員は自画自賛しまくっていたことを忘れ、今では密葬とか家族葬とかばかりです。変化しないので見られたくないのでしょうか?

顕正会員はこのあたり自身があるようで、時々死相自慢を聞きますね。

私自身は、自分でいくら拝んでも変化がなかった父の悪相が、僧侶の葬儀で一発大逆転したのを見たので信じていますし、自分も日蓮正宗の僧侶に葬儀をお願いしたいと切に願っております。

白が良くて黒が良くないのは偏見だ!って思う人が居るかもしれませんが、人間の本能は馬鹿にできません。まったく信仰に無縁の親族や知人も命で感じて感動しますし。その気持ちが心から口に出てまいります。よかったねと。

てことは、悲惨だと感じてたんだねと。苦しそうに見てたんだねと。

 

saijosigokuuchudaiichi.hatenablog.com

前に丑寅勤行にまつわるお話を書きました。

今思うと、日蓮正宗の葬儀を受けられずに亡くなった人でも、御授戒を受けてた人たちは直ちに地獄には行かないんじゃないの?って思います。

閻魔様も遠慮してわざわざ丑寅勤行の砌に連れてくるそうだから。

そこで精霊が浄化され善天に生まれさせてもらえるのかもしれません。善というのは仏法の修行ができるという意味の。

不確かな記憶ですが、中学生の時に亡くなった母の葬儀後の遺体と、父のとでは素人目にはわからない違いがあったのかもしれません。色白く体軟らかく、半眼半口であっても成仏の相と天界の相には微妙な違いがあるのかもしれません。

成仏の相の人は、もしかすると願兼於業してこの娑婆世界に戻り、地涌の使命を全うするのかもしれませんね。

最後に、ガチ氏のブログは「ウザい折伏を逆に伏せる(逆伏)ためのデータ記録」と銘打たれています。

どうぞ腕自慢の法華講員の方、ネット渉猟中の御僧侶様、お相手してください。

やり取りを勉強させていただきます。

 

意識科学 ― 意識が現象を創る

意識科学 ― 意識が現象を創る

 
物質の究極と人間の意識 (MyISBN - デザインエッグ社)

物質の究極と人間の意識 (MyISBN - デザインエッグ社)

 
高次元科学〈2〉気と宇宙意識のサイエンス (The SPACE of SCIENCE)

高次元科学〈2〉気と宇宙意識のサイエンス (The SPACE of SCIENCE)

 

 

広告を非表示にする