読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

★トランプは、EU崩壊を願う?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


(●今日は、【おたよりコーナー】も必ずご一読ください。
超重要です。)

 

就任早々、いろいろと騒ぎを起こしているトランプさん。

彼について、

EUのトゥスク大統領は、こんな衝撃発言をしています。


EU大統領、「トランプ米政権は脅威」 中国やロシアに匹敵

CNN.co.jp 2/1(水) 10:05配信

(CNN) 欧州連合(EU)のトゥスク大統領は31日、米国
のトランプ政権を中国やロシアと並ぶ「脅威」と位置付けた。

欧州で多くの人が思っていたことを口に出した形で、米国とEU
の亀裂が一層深まる可能性もある。>


なんと!

トゥスク・EU大統領によると、トランプ政権は、「中国やロシア
と並ぶ脅威」だそうです。

どういうことでしょうか?

 

<トゥスク大統領はEU加盟国に宛てた書簡の中で、トランプ政
権を中国やロシア、テロリズムイスラム過激派と並ぶ脅威と位
置付け、

「米新政権による憂慮すべき宣言の全てが、我々の未来の不確実
性を高めている」


と指摘。

「米政府の変化によって、欧州連合は困難な状況に立たされてい
る。新政権は、過去70年間の米国の外交政策に疑問を突き付け
ているようだ」

と分析した。>


いったい、トランプさんのどの辺が、トゥスクさんを心配にさせる
のでしょうか?

 

<トランプ大統領は北大西洋条約機構NATO)を「時代遅れ」
と切り捨て、EUの28カ国を「ドイツのための乗り物」と形容。

実業家だった時代はEUとの間で「非常に悪い経験」をしたと発
言していた。>(同上)

 

トランプによると、


NATOは、「時代遅れ」

・EUは、「ドイツのための乗り物」


だそうです。


<こうしたトランプ大統領の発言はEUをないがしろにするだけ
でなく、NATOの弱体化を望むロシアを利することになり、欧
州と米国の同盟関係に緊張を生じさせかねないとの懸念もある。>

(同上)


「ロシアを利する」

まさに、これですね。

トゥスクさんは、ポーランド人。

ポーランドは冷戦時代、実質ソ連の支配下にあった。

1989年、ベルリンの壁崩壊。

1990年、東西ドイツ統一。

1991年、ソ連崩壊。


これで、ソ連から完全解放された。

ところが、今度はロシアが強くなってきた。

14年3月には、クリミアを併合してしまった。

それで、旧ソ連バルト三国や、ポーランドは、「次は俺の番
か?!」と恐れているのです。


トランプは、ポーランドにとって最大脅威のプーチン・ロシア
と「和解する」と公言している。

それで、トゥスクさんは、恐れている。

わかりやすく書くと、

1、トゥスクさんは、プーチン・ロシアを恐れている

2、そのプーチンとトランプは、相思相愛である

3、だからトゥスクは、トランプも恐れている

となります。

 

NATOとEUの根本的違い

 

トゥスクさんの意見では、「トランプは、NATOもEUも軽視
している」。

しかし、トランプの本音は、「NATO重視」「EU軽視」でし
ょう。


トランプは1月27日、イギリスのメイ首相と会談した際、


NATOを100%支持する!」


と断言しました。

一方で、イギリスがEU離脱をきめたことについては、


「素晴らしいことになる!」


と絶賛しました。

ブレグジット」でEUが崩壊の危機に瀕している件について、

「素晴らしい!」と絶賛する。


NATOとEUに対するこの態度の違いは何でしょうか?

NATOとEUは「支配者」が違うのです。


NATOは、【アメリカ】が支配する「反ロシア軍事同盟」です。

 

EUは、事実上【ドイツ】が支配する「経済同盟」です。


いえ、トランプから見ると、「【反アメリカ】経済同盟」でしょう。

だから、「つぶしてしまえ!」と彼が考えるのは、当然なのです。


「え~~、意味わかんないぜ~~~」


ですね。

説明します。

 

▼「反米同盟」としてのEU

 

第2次大戦終結から1991年のソ連崩壊までを「冷戦時代」
と呼びます。

別の言葉で、「米ソ二極時代」。

アメリカとソ連、二つの極があった。

ソ連崩壊で、一つの極が消えた。

そして、「アメリカ一極時代」がスタートしました。

アメリカは90年代、まさに「一人勝ち」。

その栄華は、「永遠につづく」という人もいました。

しかし、新世紀に入ると、ボロボロになってしまいます。

いったい何が起こったのでしょうか?

アメリカ最大の「強さ」は、「ドルが基軸通貨(世界通貨)で
あること」です。

これは、「強さ」であると同時に、「アキレス腱」でもある。


「アメリカをつぶすためには、ドルを基軸通貨の地位から転落
させればいい!」


これは、反米支配者の間では、「一般常識」である。

1999年、「電子決済通貨」としての「ユーロ」が誕生しました。

2000年9月、「裏世界史的大事件」が起こります。

イラクフセイン大統領が、「原油の決済通貨をドルからユー
ロにかえる!」と宣言した。

そして、同年11月、実際にかえてしまった。

この動きをサポートしていたのが、フランスのシラク大統領
でした。

それまで、「世界の原油取引はすべて【ドル】で行うべし」
という暗黙の決まりがあった。

シラクは、フセインイラクを使ってそのシステムに穴をあ
け、一気にユーロが

「ドルに並ぶ基軸通貨になる」可能性が見えてきた。


2002年、ユーロの「現金流通」が開始されました。

アメリカは、「ドル防衛」に動きます。

03年、ウソの理由でイラクを攻撃。

同国原油の決済通貨をユーロから再びドルに戻すことに成功し
た。

しかし、世界的に「ドル離れ」のトレンドを変えることはでき
なかった。

ユーロは、対ドルで、ほぼ一貫して上がりつづけていきました。

そして、08年9月、「リーマン・ショック」から「100年に1度の
大不況」が起こった。

これで、「アメリカ一極世界」は、崩壊したのです。

 

▼アメリカ一極体制をつぶした黒幕

 

冷戦が終わり、アメリカ一極世界になった。

この体制に不満だったのが、欧州のエリートでした。

冷戦時代は、「ソ連の脅威」から守ってもらうために、アメリカが
必要だった。

しかし、ソ連が崩壊し、最大の脅威が消滅したので、「もうアメリ
カの保護は必要ない!」となった。

欧州エリートが考えた戦略は、以下のようなものでした。


1、EUを拡大する(主に東欧を吸収する)ことで、経済規模、人口
でアメリカを上回る「国家(?)」をつくる

2、ユーロをつくり、ひろめることで、ドル基軸通貨体制に対抗し
ていく


そして、それは着実に実行されていった。

つまり、「アメリカの覇権をぶち壊したのは、EUだ!」ともいえ
る。

その中核は、ドイツとフランスです。


そして、この二国、メルケル・オランド現政権の特徴は、


「きわめて親中国」


である。

両国とも、2015年3月、イギリスの後を追って、ダッシュで
AIIBに加盟しています。


だから、トランプが、「EUをつぶしてしまおう!」


「欧州は、NATOを通して軍事支配しよう!」


と考えたとしても、まったく不思議ではありません。

私たちは、「欧米」といいますが、実は「ドロドロ」なのです。

そういう意味で、トゥスクさんの懸念は「正しい」といえるで
しょう。


考えてみてください。

トランプさんは、「アメリカを再び偉大な国する!」といって
いる。

もしEUが崩壊し、ユーロも消滅すれば?

ドルは、再び世界唯一の基軸通貨になり、アメリカは偉大にな
るのでは?

こういう発想が出てくるのは、当然でしょう。

 

▼2017年は、「EU崩壊の年」になるか?

 

そういう意味で、今年の「天王山」は、フランス大統領選挙です。

現在、「フランスでもEU離脱の賛否を問う国民投票を実施すべき」
と主張するマリーヌ・ルペンさんが、支持率トップにたっていま
す。

彼女が勝つと、

1、EU離脱の賛否を問う、国民投票が実施される


結果、イギリス同様、「EU離脱支持派」が多数を占めれば、


2、フランス、EU離脱


EUの「3大国」といえば、ドイツ、イギリス、フランスでした。

イギリスは、すでに離脱を決めた。

これでフランスも抜ければ、EUは、事実上「崩壊」ですね。

これは、「ソ連崩壊後もっとも大きな歴史的事件」になるでしょう。


トランプは喜び、中国は嘆くことでしょう。

ユーロは暴落し、世界経済は大混乱に陥ります。

 

EU崩壊 (新潮新書)

EU崩壊 (新潮新書)

 
ユーロから始まる世界経済の大崩壊: 格差と混乱を生み出す通貨システムの破綻とその衝撃
 
EU消滅 ドイツが世界を滅ぼすか?

EU消滅 ドイツが世界を滅ぼすか?

 
資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)

資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)