★世界の未来を知る方法

 

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」

 

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

 

(●今日は、「おたよりコーナー」もご一読ください。
とても重要な話です。)

 

1990年代は「金融の知識」が重要でした。

しかし、2000年代に入って、サバイバルするためには、「もう
一つの知識」が重要になっています。


何かというと、なんと「軍事の知識」。

なぜ?

新世紀に入って、戦争が多発しているからです。

01年 アフガン戦争開始
03年 イラク戦争開始
08年 ロシアージョージア戦争
11年 リビア戦争
11年 シリア内戦開始
14年 クリミア併合とウクライナ内戦
14年 アメリカと有志連合によるIS空爆開始


そして、トランプ新大統領の誕生によっても、戦争リスクは
減らないようです。

私たちにもっとも身近な「戦争リスク」は、北朝鮮、中国で
すね。

特に、トランプのブレーン・ナヴァロ教授は、


「米中戦争が起こる可能性は高い!」」


と断言している。

アメリカは今後、着々と戦争準備を進めていくことでしょう。

この「事実」を聞いて、


「え”~~~戦争ですか~~~~。

今の時代、ありえませんよ~~~~~。

北野さんて、『ネトウヨ』みたいですね~~~~」


などといっている重度の「平和ボケ病」の人は、大変なことに
なります。


「・・・・軍事の知識が重要であることは、わかりました。

しかし、どこで軍事の知識なんて学べるのですか?」


そうですね。

日本でなかなか「軍事の知識」を得ることは難しい。

しかし、ここに朗報があります。

超良質メルマガ「軍事情報」で、【無料】で学ぶことができます。

まぐまぐ」の解説には、こうあります。


<国際社会は力の均衡(バランス・オブ・パワー)の原理で動い
ています。

その冷厳な事実を戦後日本で育った人の多くは理解していません。

世界の中でわが国が、自立した国として生き抜いてゆくには、「力」
への免疫をつけておくことが必要不可欠です。

イデオロギーで動いていない国際社会を理解できるツール「軍事」
の世界へようこそ! >


うお!

まさに、「リアリスト」の皆さんに喜ばれる内容ですね。

興味を持たれた方は、いますぐご登録ください。

http://www.mag2.com/m/0000049253.html


ところで、なぜいきなり「軍事情報」の話になったのでしょうか?

実をいうと、「軍事情報」を主宰されてるエンリケ先生が先日、

拙著「クレムリンメソッド」の感想を、メルマガに掲載してくだ
さったのです。

私はとても喜び、早速転載許可をいただきました。


(ちなみに「クレムリンメソッド」を学べば、誰でもかなりの精
度で世界の未来を予測することができるようになります。)


以下、「軍事情報」メルマガから転載させていただきます。


<こんにちは。エンリケです。


この本を読めば、ひとことでいうと、

世界を動かしている原理は何か?

がつかめます。


それだけでなく、日々の不確定な情報洪水の中で、
より正鵠を射た先行きの見通しを行うために必要不可欠で最小限の
「国際情勢道しるべ」をわかりやすく教えてくれます。

日々接するプロパガンダをはじめとする情報戦のなかで、
自らを失うことなく正鵠を射た道を歩んでいきたいあなたは必読です。


世界の動きの核心にあるものが何か?
そのための着眼点は何か?

がわかるから、目先のプロパガンダや情報戦に負けなくなります。


著者の北野さんはロシア・モスクワ在住の
メルマガ「RPEジャーナル」の発行人で、
これまでも貴重な内容の書をわが朝野に問うています。

北野さんは、
卒業生のほとんどすべてがKGBやロシア外務省に
入るといわれるロシアのエリート養成校MGIMOを
卒業しています。

そのため、戦後日本で普通に暮らしていたら
決して身につかない「地球儀的視野」「地政学の視座」
をわがものとしています。

この本は、そんな北野さんが自分のなかにあるものを
惜しみなくさらけ出した「情勢判断ノウハウ書」です。

とはいえ、超人みたいなすごいことを言っているわけではなく、

・ヤフーニュースを見ることでインテリジェンスを生み出す方法

など、手軽で身近な知識・ノウハウを紹介しています。


すぐ役立つ
面白い
祖国のためになる

という三拍子そろった
今の時代にピッタリの本なので
超おススメです。

「日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理」
北野 幸伯
集英社インターナショナル
http://amzn.to/2kD6h7M


エンリケ


追伸
あとがきで著者は
「「日本の自立」は「私の自立」からはじまる」
と記しています。

この本は、まさにそのとおりの内容で、
戦後日本にいる平和ボケの「私」を自立させてくれる唯一の本と
いってよいかもしれません。

http://amzn.to/2kD6h7M    >


転載ここまで。


「ケンカ好き」のトランプさんが米大統領になり、世界はますます
混乱していきます。

彼がもし2期8年大統領を務めれば、2025年、世界は今とまったく違
うものになっているでしょう。

第2次大戦後につくられた秩序は破壊しつくされ、新しい秩序の構
築がはじまることでしょう。


2025年、日本は、第2次大戦後の「隷属状態」からついに完全解放
されるのでしょうか?

それとも、中国の「小日本省」になっているのでしょうか?

それは、私たち自身にかかっています。


▼危機克服本コーナーへ
================================================================

 

北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。

 

●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )

 


↓●「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html

 

●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg )


私がもっとも尊敬する伊勢雅臣先生の新刊です。


尊く生きた日本人、

尊く生きている日本人

の考え方、行き方を知ることができ、本当に感動しました。


既に読ませていただいたので、絶対的自信をもって推薦さ
せていただきます。

皆さん、この本は、間違いなくあなたの「家宝」になりま
す。

繰り返し読むことで、あなた自身、ますます尊く生きるこ
とができるようになるでしょう。

小さいお子さんがいる方は、是非読んで聞かせてあげてく
ださい。

少し大きいお子さんがいる方は、是非プレゼントしてあげ
てください。

親孝行で、大志をもって、熱心に勉強する子供になること
でしょう。

学校の先生は、子供たちに読ませてあげてください。

子供達の目が輝きだすことでしょう。


そして、皆さん、是非この本を大拡散してください。

日本の変革は、私から。

私の変革は、「私の心から」はじまります。

 

●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )

 

は、まさに心の栄養。

これを読むことで、あなたは、変わります。


毎日元気で、使命感をもち、会社で、家族で、みんなと仲がよ
く、

仕事熱心で、やさしく、皆から尊敬される人物になることでし
ょう。


「そんな大げさな!」


と思われかもしれませんが、この本を読んでいただければ、


「ホントにそうだ。

北野さんの話はウソではなかった。

いや、あまりに控え目ですらある。」


と気づいていただけることでしょう。


●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )


☆PS こちらも絶対お勧めです。↓

●「世界が称賛する 日本人が知らない日本」

(詳細は→ http://tinyurl.com/z5kejz5 )

 

★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


↓●おたよりコーナーへ
================================================================

 

 

 

★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。

 

●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル

(詳細は → http://tinyurl.com/8y5mya3 )

 


↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Wさまからのメール


ロシア政治経済ジャーナル購読者です。

最近、本メールが届かなくなりました。

こちらは何の設定変更もしておりませんので、そちら側で理由
が無いか、確認お願いします

 

●北野から

時々、「RPEが届かなくなりました!」というメールを
いただきます。

あるいは、「号外しか届きません!」というメールも
あります。


原因がわからず、私自身も困っています。


もしそうなった場合、まず「迷惑メールに入っていな
いか?」をご確認ください。

それでも問題が解決されない場合、以下のページをと
きどきチェックしていただければ、バックナンバーを
読むことができます。↓

http://tinyurl.com/hnwgov8

 

 

↓●編集後記へ
================================================================

 

 

【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」
リーマン・ショック

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等 『多極主 義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料 ・証拠つきで、真実を暴露していきます。

おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

第10回、11回Eブック大賞・優秀賞連続受賞。

第12回Eブック大賞・最優秀賞受賞。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://tinyurl.com/pnx6e2m

 

 

↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


よく考えると、クレムリン・メソッドを出してから、
2年ちょっと経ってるのですね。

まさに「光陰矢のごとし」です。


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。

 

▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。

 

===========================================================


メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯