読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

★習近平、ダボス会議で、世界の支配者層に取り入る

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


世界中から政界、ビジネス界の超エリートがスイスに集結する

ダボス会議」。


ここで習近平が17日、演説しました。

なんと、「グローバリズム絶対支持」演説。

 

習近平、「グローバリズム絶対支持」を表明

 

<習主席、保護主義に警鐘 トランプ新政権にらみ、ダボス会議
で講演

AFPBB News 1/18(水) 9:37配信

【1月18日 AFP】中国の習近平(Xi Jinping)国家主席は17日、
スイス・ダボス(Davos)で開幕した世界経済フォーラム(WEF)
の年次総会(ダボス会議)で講演し、世界が抱える諸問題の責
任をグローバル化に転嫁したり、保護主義の殻に閉じこもった
りするべきではないと警鐘を鳴らした。>

 

なぜ、こんな演説をしたのでしょうか?

一つは、中国が「グローバリズムの恩恵を受けやすい国」だか
らでしょう。

どういうことでしょうか?


グローバリズム」が進むと、「人、物、金の行き来」が自由
になっていきます。

中国経済は輸出でもっているので、物の行き来が自由なほうが
いい。

他国の関税が低い方がうれしい。


人の行き来はどうでしょうか?

中国は、GDP世界2位の大国ですが、一人当たりGDPは、まだま
だ低い。

(2015年、8140ドルで世界76位。

日本は、32478ドルで世界26位。

中国は、日本の約4分の1。)


それで、中国人は、職、高給を求めて、どんどん外国に出て
いってしまう。

しかし、中国政府は、「それでいい」と考えている。

たとえば、中国人が日本に1000万人引っ越した。

それだけで中国は、日本への影響力を確保できるのですから、
うれしい。

外国人参政権」を認めさせれば、かなりの政治的影響力を
確保できるようになるでしょう。

いずれにしても、中国は「人の行き来が自由になること」で
恩恵を受ける立場にある。


「金の移動が自由になること」については、複雑ですね。

現在、中国からどんどん資金が流出しているので、制限を加
えています。


何はともあれ、中国は「グローバルリズムの恩恵を受ける立
場」にあるので、

習近平は、「グローバリズム支持」を語った。

 

▼トランプに対抗する

 

もう一つの理由は、「反中」のトランプに対抗すること。

 

<米新大統領への就任を数日後に控えたドナルド・トランプ
Donald Trump)氏とは異なる世界経済像を打ち出した形だ。

米国は数十年にわたり世界の経済秩序をけん引してきたが、
トランプ次期大統領はこれまでの慣習を破り捨てることも辞
さない構えを示している。

これに対し習氏は、初めて出席したダボス会議の場で、グロ
ーバル化の流れに逆行はできないと訴えた。>

(同上)

 

トランプは、就任前から台湾の蔡英文総統と電話会談している。

そして、「一つの中国」の原則を見直す可能性に言及している。


困った習近平は、「俺の方がトランプよりマシだぜ!」とアピ
ールした。

 

▼世界の支配者層とは?

 

ダボス会議に出席する「世界の支配者層」とは誰でしょうか?

簡単にいえば、「政界のトップと超金持」です。


「超金持」って、「どのくらい金持ち」なのでしょうか?

先日ご紹介した記事を読めば、「トンデモナイ金持ち」で
あることがわかります。

 

<世界人口の半分36億人分の総資産と同額の富、8人の富豪
に集中

AFP=時事 1/16(月) 13:01配信

【AFP=時事】貧困撲滅に取り組む国際NGO「オックスファム
(Oxfam)」は16日、世界人口のうち所得の低い半分に相当す
る36億人の資産額と、世界で最も裕福な富豪8人の資産額が同
じだとする報告書を発表し、格差が「社会を分断する脅威」
となるレベルにまで拡大していると警鐘を鳴らした。>

 

そして、世界の支配者層は、「グローバリズム」を支持して
いる。

なぜ?

グローバリズムのおかげで、オフショアを使い、「合法的に」
税金を払わなくていい。

グローバリズムのおかげで、賃金の安い国に製造拠点をつくり
大儲けすることができる。

グローバリズムのおかげで、貧しい国から豊かな国に労働移民
がどんどん流入し、

労働者の賃金が低下していく。

安く雇って大儲けできる。


つまり、グローバリズムは、彼らがさらに豊かになるのに、
とてもいいことである。

ダボスに集まる人の「宗教」について、ウォール・ストリート
・ジャーナルのジェラルド・ベーカー編集局長は、いいます。

 

ダボスは単に場所や人々の集団ではなく1つの理念だ。

しかも、冷戦終結後の25年間の世界を実際に支配し、大きな
成功を収めてきた理念なのだ。

その本質はこうだ。

世界は1つの巨大な市場であり、機会であり、政治形態である。

世界的な経済活動への障壁は取り除くべきで、国境や国民感情
国家主権はグローバルな超国家機関に従属する必要がある。>

WSJ 1月18日)

 

▼世界の支配者層に見捨てられた中国

 

実をいうと、中国は長年、世界の支配者層の「お気に入り」でした。

1991年末にソ連が崩壊するまで、中国は、ちゃっかり「ソ連に対抗
するための強い味方」というポジションを得ていた。


その後は、クリントン大統領夫妻を懐柔。

「世界でもっとも儲かる国」ということで、世界の支配者に好かれ
てきた。

2010年11月、ソロスはいったものです。

 

「アメリカから中国への、パワーと影響力の本当に驚くべき、急速
な遷移があり、それはちょうど第二次世界大戦後の英国の衰退とア
メリカへの覇権の移行に喩えられる」

「今日、中国は活発な経済のみならず、実際に、アメリカよりもよ
り機能的な政府を持っているという議論を呼ぶであろう」

 

ソロスは当時、「イギリスからアメリカに覇権が移ったように、こ
んどは、アメリカから中国に覇権が移りつつある」。

「それは悪いことではない」

と考えていた。

しかし、中国は、その後傲慢になり、世界の支配者層に嫌われまし
た。

習近平国家主席になり、「中国の夢」とかいいはじめたとき、世
界の支配者たちは、「こりゃダメだ!」と幻滅した。

そして、中国から逃げはじめました。

 

<シティやバンク・オブ・アメリカゴールドマン・サックス・グ
ループなどが2012年の初め以降、中国の銀行株を少なくとも1
40億ドル(約1兆7000億円)相当を売却したという。

投資先としての中国の落日ぶりを象徴するのが、ブラジル、ロシア、
インドを含む4カ国に投資する「BRICs(ブリックス)ファン
ド」をゴールドマンが閉鎖したことだ。

ゴールドマンはBRICsの「名付け親」として新興国投資ブーム
を作ったが、中国が人民元を突如切り下げた時期にあたる8月12
、13日の会合で閉鎖を決め、10月に別の新興国向けファンドと
統合した。

「予見できる将来に資産の急増が見込めない」と閉鎖理由を説明し
ている。>

夕刊フジ 2015年11月25日)

 

そして、「中国万歳」ソロスの論調も、180度変化しました。

2016年1月の発言。


<ソロス氏:中国のハードランディングは不可避、株投資は
時期尚早(2)

Bloomberg 1月22日(金)9時54分配信

ブルームバーグ):著名投資家ジョージ・ソロス氏は21日、
中国経済がハードランディングに直面しており、こうした状
況は世界的なデフレ圧力の一因になるだろうと述べた。

同氏はまた、中国情勢を考慮して、自分は米株の下落を見込
んだ取引をしていると説明した。

ソロス氏はスイス・ダボスでのブルームバーグテレビジョン
とのインタビューで、


「ハードランディングは事実上不可避だ」と指摘。

「私は予想しているのではなく、実際に目にしている」

と語った。>

 

「ハードランディングは事実上不可避」だそうです。

 

習近平、世界の支配者層に取り入る

 

さて、「絶対的存在」に思える、「世界の支配者層」。

しかし、あらゆる支配者同様、支配が永遠につづくことはない
でしょう。

実際、2016年に起こった「イギリスのEU離脱」「トランプ勝利」
は、支配者たちにとって、「都合の悪いできごと」でした。


彼らは現在、厳しい状況に追いこまれている。

WSJ1月18日付で、ジェラルド・ベーカー編集局長は、いいます。

 

<貴族階級の歴史はたいてい不幸な結末を迎えている。

2017年のダボス会議参加者がこうした疑問に答える努力を始め
なければ、ブルボン王朝やロマノフ王朝に起きたことの現代版
が、

せいぜいそれほど激しい暴力を伴わず多くの死者を出さない形
で、最終的には同じ重大な結果をもたらすのを待つしかないだ
ろう。>

 

彼は、「世界の支配者層が変わらなければ、革命が起こって、
失脚する」といっているのです。

習近平は、こうした世界の支配者層の危機感を察知し、


「支配者たちと和解しよう!」


と考え、演説した。

習近平はいいます。

 

<中国は今後も「門戸を開き」、新興国グローバル化の恩恵を受
けられるよう後押ししていくと言明。

同時に、トランプ氏が脱退を示唆している地球温暖化対策の新たな
国際的枠組み「パリ協定(Paris Agreement)」を支持する意向を
示した。

また、「世界の諸問題を経済のグローバル化のせいにするのは無
意味だ」と指摘し、2008年に欧米を襲った金融危機の原因は自由貿
易ではなく、圧倒的な規制不足にあったという中国の見方を強調し
た。>

AFPBB News 1月18日)

 

彼は、まさに「世界の支配者層が聞きたがっていること」と語りま
した。

反応は当然、良好でした。


<習氏はこの講演で、会場に集まった各国や各界の首脳、著名芸能
人らの多くから喝采を浴びた。>(同上)

 

▼日本は、習近平をあまく見るな!

 

日本では、中国や習近平をとても軽視する傾向があります。


「中国は、こんなにアホなことをやっている!」

習近平は、こんなにバカなことをやっている!」

「やっぱり中国は民度が低い」

「中国崩壊は近い!」


こういう話が好まれます。


今回の演説について、


習近平の演説に、会場はしらけムード」


と書けば、喜ばれることでしょう。

しかし、日本は、「そんなハチャメチャな中国に、負けた」
という事実を覚えておく必要があります。

反論がでるでしょう。

「日本は、中国ではなくアメリカに負けたのだ!

中国では、連戦連勝だった!」と。


しかし、「アメリカを日本との戦争にひきずりこんだ」のは、
中国とソ連です。

ある面、中国(とソ連)は、「アメリカを使って、スマート
に(あるいは、ずる賢く)日本に勝った」ともいえる。


次の反論は、「日本は負けたが、共産党ではなく国民党に負
けたのだ!」でしょう。

その通りです。

しかし、共産党は、「国民党と日本軍を戦わせることで、力
を温存し、

結局内戦に勝利した」ともいえます。

 

習近平の「ダボス演説」は、彼が世界の動きをしっかり把握
していることを示しています。

そして、「世界の支配者層を味方につけよう」とした。


何がいいたいかというと、「中国や習近平を甘く見るな!」
ということです。