フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

習近平政権を襲うトランプ政権という「黒船」 3つの戦い…負ければ政権崩壊も

╋■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
~誰よりも中国を知る男が、日本人のために伝える中国人考~
石平(せきへい)のチャイナウォッチ http://www.seki-hei.com
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
=★===============================================================★=
習近平政権を襲うトランプ政権という「黒船」 3つの戦い…負ければ政権崩壊も
=★===============================================================★=

中国の習近平政権にとって
2017年は文字通り、内憂外患の年となりそうだ。

まず、その「外患」について論じたい。
中国政府に降りかかってくる最大の外患はやはり、
今月誕生する米トランプ政権の対中攻勢であろう。

大統領選で中国のことを、「敵」だと明言して
はばからないトランプ氏だが、昨年11月の当選以来の
一連の外交行動と人事布陣は、中国という敵との
全面対決に備えるものであろうと解釈できる。

トランプ氏は日本の安倍晋三首相と
親しく会談して同盟関係を固めた一方、
ロシアのプーチン大統領
フィリピンのドゥテルテ大統領とも電話会談し、
オバマ政権下で悪化した両国との関係の改善に乗り出した。
見方によっては、それらの挙動はすべて、
来るべき「中国との対決」のための布石と理解できよう。

そして昨年12月初旬、トランプ氏は
米国外交の長年のタブーを破って
台湾の蔡英文総統との電話会談を敢行し、
中国の「一つの中国の原則」へ挑戦状をたたき付けた。
対中外交戦の外堀を周到に埋めたトランプ氏は
いきなり、北京の急所をついて
本丸へと攻め込もうとする構えを見せたのである。

人事面では、トランプ氏は新設の国家通商会議委員長と
米通商代表部代表のそれぞれに、
対中強硬派の面々を任命して
対中国貿易戦の準備を整えた一方、
国防長官のポストには強硬派軍人の
マティス元中央軍司令官を起用した。
南シナ海での中国の軍事拡大を
断固として封じ込める姿勢を示したのである。

おそらく政権発足直後から、トランプ政権は
日米同盟を基軸とする対中包囲網を固めた上で、
中国の急所となる台湾問題を外交カードに使い、
習政権に強烈な揺さぶりをかけながら、
南シナ海問題と米中貿易の両戦線において
未曽有の大攻勢をかけていくのであろう。

一方の習近平政権は、情勢の激変に
心の準備も戦略上の布陣もできていないまま、
退路のない「背水の陣」を強いられる羽目になっている。

貿易戦争の展開によって
中国の対米貿易が大きく後退すれば、
輸出こそが命綱の中国経済は深刻な打撃を受け、
既に危険水域にある経済の衰退に
さらなる拍車をかけることとなろう。

そして南シナ海では、今まで「有言不実行」の
オバマ政権の生ぬるさを幸いに
中国の軍事拡大がやすやすと進んできたが、
トランプ政権と米海軍が
中国の封じ込めに本気になって当たれば、
習政権の拡大戦略は頓挫し
立ち往生してしまう可能性も十分にあろう。

習政権にとって政治的リスクが
最も高いのは台湾問題への対処だ。
ニクソン訪中以来、対米外交を含めた
中国外交の土台は台湾というれっきとした国を
国として認めない虚構の上に成り立っている。

トランプ政権が台湾問題を
米中間の争点として持ち出し攻勢をかけてくると、
中国からすればそれこそ
「外交崩壊」につながる深刻な事態である。
台湾問題への対処を間違えば、国内政治的にも
習政権にとっても命取りとなりかねない。

結局、トランプ政権が仕掛けてくる
「貿易戦争」「南シナ海の対決」、
そして「台湾問題の争点化」という3つの戦いに、
習政権は今後、いや応なく応戦していくしかない。

今の中国にとっては3つの戦いのすべてを制し、
トランプ政権の攻勢を食い止めることはまず無理であろう。
北京ができることはせいぜい、
どこかで折り合いを見つけて
「1勝2敗」か「2勝1敗」に持ち込むことであろう。

問題は3つの戦いの1つにでも敗退してしまえば、
中国国内の経済危機・政治危機の発生を誘発し、
習政権を窮地に追い込むことになりかねないことだ。

習近平幕府」にとっての「黒船」は
やはり太平洋から襲ってくる。

( 石 平 )

 

「カエルの楽園」が地獄と化す日

「カエルの楽園」が地獄と化す日