フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

創価学会をやめ、顕正会をやめ、非活になったはいいが悶々としている人のブログを読んで・・・登山しましょうよ

watabeshinjun.hatenablog.com

創価学会の非活さん。

悶々としているようですね。

大聖人様を呼び捨てにして、宗門の悪口まで口にしています。

それなのに大聖人様の仏法には拘っています。

命が苦しみ悩んでいる証拠でしょうね。

求道心はあるのでしょうが、何をどうすればよいのかわからなくなっているのでしょう。

アンチの心は錯乱状態です。

signifie.wordpress.com

この方も悶々族のひとりです。

ブログの休止宣言をしたのもつかの間、愚痴ブログを再開したようです。

愚痴や怨嫉の心は地獄界ですから、とてもつらいのだと思います。

慰めを求めて傷のなめ合いブログに憩いを求めているようです。

多くのコメントが集まっても運営者のうつ病は治っていません。

御本尊様を寺院に返納し、仏壇も廃棄してしまったようです。

信じられるものが何もない虚無主義に落ち込んでいるだけの人々。

創価も御宗門も十把一絡げに不信の虜になっています。

日蓮正宗を誹謗してた団体がおかしいと気づき、そのまま退転してしまうというのはもったいないことですね。

でも、なにがしか気にかかることがあって、こういったブログでの訴えを起こしているようですが、日蓮正宗戒壇の御本尊様へ帰依しない限り、本人の本当の悩みや悶々は消えません。

戒壇の御本尊様に参詣しさえすれば、その仏力・法力のすごさに感動し、信を取り戻すことができます。もう一度日蓮正宗へ戻ってみることをお勧めいたします。

kensho-nostalgia.blog.jp

顕正会無宗教派の方で有名なのは、瑠璃堂みうさんでしょうか。

顕正会員は元日蓮正宗信徒でない人がほとんどです。

戒壇の御本尊様を崇拝し遥拝勤行をしながら、日蓮正宗誹謗を宗旨としている顕正会で、創価学会員よりも大きな害毒をまき散らしています。

その団体をやめたはいいが無宗教的態度に戻って、やはり過去に拘泥する姿は哀愁すら感じますね。

戒壇の御本尊様に一度でもいいから参詣してみるべきですし、御授戒を受けて日蓮正宗と本物の縁を結ぶべきではないでしょうか?

浅井さんのすごさは法華講のすごさであります。

法華講員だったからこそ身につけることのできた見識や、創価批判の姿勢だったのです。

創価学会員よりも顕正会員のほうが純粋だというのも、そういったところかもしれません。しかし、御利益中心功徳乞食は同じ穴の狢です。

自己中心の人格は日蓮正宗へ戻らないと清浄になっていきません。

 

saijosigokuuchudaiichi.hatenablog.com

上の記事でも説かれていますが、元創価・元顕正の人々は、登山して感激を味わってくださいとしかお伝えできないのがつらいところです。

百聞は一見に如かず。

創価ダメ出しさんも早く戻ってきて、お母さんと一緒に戒壇の大御本尊様に懺悔滅罪っを御祈念してください。

 

saijosigokuuchudaiichi.hatenablog.com

 

日蓮大聖人御金言義類別入文集

日蓮大聖人御金言義類別入文集

 

私は先日の登山で感激しました。

上記の御金言集に出会うことができ、暇を見つけては拝読しています。

25年前の破門前までに登山していた人は、戒壇の御本尊様の解釈やら蘊蓄やら、悪知識に惑わされずにどうか一日も早く登山してみてください。

直接拝することができれば、憑き物が落ちたように心が変わります。