フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

御本尊様に祈ることで、仕事の懸案事項が解決しました。

仕入れの担当をしているのですが、不良在庫と欠品問題は背中とお腹とのように表裏一体で付きまとってきます。

年末の棚卸を控え、私はこの二つの問題に悩まされていました。

今朝も重たい気分で起きて、出社するのがつらいほど悩んでおりましたが、御本尊様に向かって問題が解決できるよう、諸天善神の守護を祈りました。

朝から動きがあって、不思議と二つの問題が昼前には解決してしまい、「ああ、救われた」との思いがこみ上げてきたものでした。

祈りによって生活の悩みが解決するというのは、信仰している者であってもなかなか確信と言いますか、絶対の信心に立つことは難しいものです。

無理かもなっていう気持ちは、なかなかぬぐい切れるものではありません。

しかし、仏力・法力を信じて信力・行力を振り絞れば、乗り越えることができるのだと今更ながら思い知らされました。

戒壇の御本尊様への信仰を貫くことの難しさ。

それは、日々の生活の苦しさや宿業の重さに直面すると、信心しているのにどうして?と、ついつい愚痴の心が出てきてしまうのです。

毎日の五座三座の勤行・唱題を懸命に修行する中で、困難に向かっていく勇気、解決するための知恵、支えてくれる周囲の人間関係等、自然によい方向へ導かれている自分を発見できるのですね。

ともすれば薄らぐ信仰心は、謗法の多い世の中に生きるものの宿命かもしれませんが、日々新たに自分の心に信心の種を、植え付けていくことが大切であるとわからせていただきました。

 

御本尊を信じさせ給へ―この信心しかない! (法華講員体験シリーズ)

御本尊を信じさせ給へ―この信心しかない! (法華講員体験シリーズ)

 
病によりて道心はおこり候―祈りは必ず通じる (法華講員体験シリーズ)

病によりて道心はおこり候―祈りは必ず通じる (法華講員体験シリーズ)

 
信仰の寸心を改めて―改宗して本当に良かった! (法華講員体験シリーズ 4)
 
大願とは法華弘通なり―地湧倍増は折伏にあり! (法華講員体験シリーズ 3)
 
広宣流布の時なり―世界に広がる折伏の息吹き (法華講員体験シリーズ 5)
 
祈りとして叶わざるなし―なんとしても折伏させてください (法華講員体験シリーズ)

祈りとして叶わざるなし―なんとしても折伏させてください (法華講員体験シリーズ)