読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

「続 2017年」From 三橋貴明@ブログ

 北方「領土問題」は、結局は、

北方領土での共同経済活動に関する協議を開始することに合意」
のみで決着したようです。国後や択捉はもちろん、
歯舞や色丹の帰属問題は進展せず、官民合わせて
80件の経済協力、日本側の投融資金額3000億円の
合意文書が交わされました。

 プーチン大統領としては、北方領土について
「ロシアに帰属している」ことを世界にアピールし、
さらに経済制裁をしているはずのG7諸国の一国
(我が国)から、史上最大規模の経済協力を取り
付けたわけで、「完勝」という感じでございましょう。

 そもそも、桜の番組でも語りましたが、対露関係の改善を
明言しているドナルド・トランプが大統領になった以上、
プーチン大統領が日本に譲歩する理由はありません。

今回の訪日も、トランプの就任前に、G7の一角を切り
崩せればラッキー、程度に考えていたのではないでしょうか。

 2016年という年は、ブレグジット、トランプ
当選に象徴されるように、これまでのパラダイム
大々的にシフトする歴史の転換点になりました。

 特に、アメリカ大統領選挙では、グローバリズムあるいは
新自由主義の「欺瞞」が時代を動かした印象を受けました。

 ご存知の通り、サッチャリズムレーガノミクス以降の
新自由主義により、特にアメリカでは医療費が高騰する
事態になっています。医療の「自由化」の結果でございますね。

【2015年 1人当たり医療費(個人・民間支出分、単位:ドル)】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_54.html#OECD1

 これだけ突出した医療費を支払い、相対的に健康で
生きられるならば、まだしも合理性はあります。

とはいえ、現実は・・・。

【2015年 主要国の健康寿命(歳)】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_54.html#OECD2

 ちなみに、健康寿命とは「健康上の問題がない状態で
日常生活を送れる期間」という定義です。わたくしたち
日本国民は、世界で最も長く「健康上の問題がない状態」
で日常生活を送れるのです。

 しかも、国民皆保険制度や医療現場の方々の献身の
おかげで、OECD諸国の中で最も安い医療費で。 

 それに対し、アメリカは・・・。

『トランプ氏勝利  理想に反発した白人層 トッド氏に聞く
http://mainichi.jp/articles/20161215/k00/00m/030/110000c
 自由貿易や行き過ぎたグローバリズムに「ノー」を突きつけ、
米大統領選で勝利を収めたドナルド・トランプ氏。
何がトランプ氏を勝たせたのか。世界はどこに向かうのか。
フランスの歴史人口学者、エマニュエル・トッド氏に聞いた。(後略)』

 上記インタビューの中で、エマニュエル・トッド教授が
グローバル化疲れ」について解説していました。

『(トッド)かつて乳幼児死亡率の上昇を「兆候」と捉え、
ソ連崩壊の可能性を指摘した。今回もトランプ氏が勝利する
可能性はあると考えてきたが、その「兆候」が米国での
45~54歳の白人死亡率の上昇だ。医療の発達や
生活レベルの向上で低下傾向にある先進国の死亡率だが、
米国の白人は1998年以降、上昇に転じているとの
研究データがある。死因は自殺やアルコール中毒が目立っていた。
不安や苦しみを多くの人々が味わっていたことを意味しており、
有権者の約70%を占める白人層は、
大きな変化を受け入れる準備ができていたのだ。 』

 新自由主義に基づく構造改革グローバリズムを推進しても、
国民の多くは恩恵を受けない。逆に、医療費高騰や社会保障削減、
さらにはグローバリズムによる低賃金競争、失業、実質賃金の
低下(貧困化)により、グローバル化疲れが広まり、社会が
不穏になっていく。結果的に、グローバル化に疲れた国民が
「民主主義」によって反乱を始める。

 実に、合理的な流れなのでございます。

 後世の歴史の教科書には、2016年が時代の
転嫁点になったと書かれるでしょう。行き過ぎた
グローバリズムの是正が、世界的に始まった年として。

 そんな中、周回遅れのグローバリズムを推進している安倍政権。
 旧来のパラダイムを前提に推進し、失敗を繰り返す日本外交。

 日本にとって、厳しい年になるのは間違いないであろう、2017年 が間もなく訪れます。