読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

【RPE】★プーチンを迎える心構え

RPE Journal==============================================

 

       ロシア政治経済ジャーナル No.1478


               2016/12/15

===========================================================

プーチンが日本にきます。

彼をどう迎えることが、国益なのでしょうか?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


今日、プーチンが日本に来るのですね。


「もう少し早く書けばよかった!」


と後悔しているのですが・・・。

ロシア人のメンタリティーに関する理解を深めておきましょう。

特に、プーチン訪日にかかわる人は、読んでおいてください。

 

▼「正反対の国」ロシア

 

皆さんご存知のように、私は、モスクワに26年住んでいます。

最初は、「ゴルバチョフが何をやってるか見てみたい!」という
気楽な動機だった。

それがこんなに長期になるとは・・・。

人生わからないものです。

26年モスクワに住んで思うこと。


「ロシア人が何考えているか、ようわからん・・・」(笑)


とにかくこの国は、何から何まで「正反対」なんです。

だから、日本人には、全然理解できないと、最初から思った方が
いい。

 

▼ロシアは、「いじめにあっている」??????

 

皆さん、ロシア、特にプーチンというと、どんなイメージですか?


おそらく、「強権でいじめっ子」というイメージでは?

特に、ウクライナやシリア(反体制派)をいじめている?


ところが、ロシア人の意識は、全然正反対なのです。


「ロシアは、世界、特に欧米から、ひどいいじめにあっている!」


こういう意識です。

冗談ではありません。

顕在意識から深層意識まで、「ロシアは欧米にいじめられている」
と思い、感じています。

なぜ?

1980年代末まで、東欧は、事実上ロシア(当時ソ連)の支配下に
ありました。

しかし、1989年にベルリンの壁が崩壊した、

かつてロシアの支配下にあった東欧諸国。

いまでは、みんなEUとNATOに入っています。

ロシアにとって、EU拡大もむかつくのですが、NATO拡大は、許
しがたい。

というのは、1990年に東ドイツと西ドイツが再統一を果たした。

これ、ソ連が許可したから実現したのです。

その時、アメリカは、はっきりこう約束しました。


NATOを東に拡大することはない!!!!!!!」


ところが、実際はどうです?

NATOは拡大に拡大をつづけ、いまでは加盟国28か国。


NATO = 「反ロシア軍事ブロック」


なので、ロシアが警戒するのは当然なのです。

そして、アメリカは、東欧にあきたらず、


「将来は、旧ソ連ウクライナグルジアをメンバーにいれよう!」


と主張している。

どうですか、皆さん?

アメリカは、約束を破り、反ロシア軍事ブロックNATO拡大を
つづけている。

これ、ロシア側からみると、「ひどいいじめにあっている」
ということなのです。

 

▼「クリミア併合」、悪いのは欧米????

 

「欧米は、反ロシア軍事ブロックNATOを拡大し、ロシアの独立を
脅かしている!」


この恐怖が、ロシア人のメンタリティーの根本にあります。

2014年3月の「クリミア併合」。

これ、日本のみならず全世界が、「大国ロシアが、あわれな小国
ウクライナから領土を強奪した!」と認識しています。

しかし、ロシア側の見方は「正反対」。

なぜ?


そもそも、2014年2月、「アメリカが、ウクライナで革命を起こし、

民主的に選ばれた親ロシア大統領ヤヌコビッチを追放したのが悪い
!」。


「・・・・アメリカがウクライナ革命を起こした???

ロシア人は、全員陰謀論者ですか????」


そう思いたくなるのもわかります。

でも、事実です。

「ロシアの声」2015年2月3日付から。

 

オバマ大統領 ウクライナでの国家クーデターへの米当局の関与
ついに認める

昨年2月ウクライナの首都キエフで起きたクーデターの内幕につい
て、オバマ大統領がついに真実を口にした。

恐らく、もう恥じる事は何もないと考える時期が来たのだろう。

CNNのインタビューの中で、オバマ大統領は「米国は、ウクライナ
における権力の移行をやり遂げた」と認めた。

別の言い方をすれば、彼は、ウクライナを極めて困難な状況に導き、
多くの犠牲者を生んだ昨年2月の国家クーデターが、米国が直接、
組織的技術的に関与した中で実行された事を確認したわけである。

これによりオバマ大統領は、今までなされた米国の政治家や外交
官の全ての発言、声明を否定した形になった。

これまで所謂「ユーロマイダン」は、汚職に満ちたヤヌコヴィチ
体制に反対する幅広い一般大衆の抗議行動を基盤とした、ウクラ
イナ内部から生まれたものだと美しく説明されてきたからだ。>

 

「う~む本当だろうか~~???」

それでも信じることができない人は、映像も見てみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=ES4jslRzQwI


そして革命によって誕生した親欧米新政権は、「クリミアから

ロシア黒海艦隊を追いだし、そこにNATO軍を入れる!」と宣言し
た。

つまり、ついにロシアの西の隣国にNATOの海軍基地ができる!


プーチンは、これを「ロシアの安全保障上、絶対的脅威」と認識
し、

クリミアを奪うことにした。

そして、ロシア人には、「そもそもクリミアはロシア領」という
認識がある。

実際、エカテリーナ2世の時代から、フルシチョフの時代までロ
シア領だった。

それで、プーチンの決定を、ほぼ100%のロシア人が支持したの
です。

これも、なかなか日本人には理解しがたいですね。

 

▼理不尽な制裁???

 

ところが、すべての行動には結果がともないます。

ロシアがクリミアを併合した結果は、欧米日からの過酷な制裁
でした。

経済制裁」「ルーブル暴落」「原油暴落」


ロシアは、この三重苦で、いま大変厳しい状況にある。

そして、プーチンも、全ロシア人も、


「私たちは、何も悪いことをしていないのに、制裁を課せられ
てかわいそう・・・」


という意識で暮らしています。

私たちが「悪いことをした」というのは主に「クリミア併合」
ですね。

しかし、ロシアからいわせると、


・クリミアは、1783~1954年、ロシア領だった

・1954年、フルシチョフが「鶴の一言」でウクライナに移管し
たが、「違法」である

・クリミア住民の6割はロシア系であり、住民投票の結果、ロ
シア併合を選択した


等々で、「悪いことをした」という意識は、1ミリもない。

だから、ロシアは、「いじめられている」のであり、「犠牲
者」という意識なのです。

 

自虐史観押しつけに反発し、「対等な関係」を求めるプーチン

 

第2次大戦後、世界は、アメリカとソ連の二極時代に突入し
ました。

しかし、冷戦は、1991年末ソ連が崩壊したことで終わります。


14共和国を失ったロシアの立場は、第2次大戦直後の日本とか
わりません。

アメリカは、ロシアに自虐史観をうえつけて、「二度と立ち
上がれないようにしよう!」と画策した。

 

アメリカを中心とするG7。

ロシアを、加えてG8にしました。


「ロシアは、アメリカを中心とするG8の、末っ子。

お兄さんたちのいうことをよく聞きなさいよ!」と。


ところが、ロシアは、日本のように従順ではなかった。

プーチンは、「そんなの嫌だ!対等な関係にしやがれ!」と主張
しはじめた。

日本が戦後70年経ってもはじめていないことを、プーチンは、ソ
連崩壊後たった10年で開始した。


イラク戦争をめぐる対立(02~03年)
ユコス問題 (03年)
ジョージア、バラ革命 (03年)
ウクライナオレンジ革命(04年)
キルギスチューリップ革命(05年)
・ロシアージョージア戦争(08年)
・シリアをめぐる対立(13年~)
ウクライナ内戦(14年)

などなど、プーチンは、戦いつづけている。

日本が、戦いを挑んで完全敗北した超大国を相手に・・・。

 

プーチンを迎えるキーワードは●●

 

以前、安倍総理がトランプさんに会うにあたって、


「一番重要なのは、 尊敬 をしめすことだ」


と書きました。

トランプさん、大富豪で、奥さんキレイ、たくさん子供がいて、
しかも大統領になった。

でも、「尊敬されていない」から。


では、プーチンに会う日本人が、彼に与えられるものはなんで
しょうか?


癒し


です。

彼は、果てしない戦いに疲れているから。

癒しとはなんでしょうか?


北方領土問題に固執しすぎて、うんざりさせないこと

ウクライナ問題、シリア問題で、説教しないこと

・うまいものを腹いっぱい食べてもらうこと(プーチンは和
食ずき)

・温泉でゆっくり休んでもらうこと


そして、これが一番大事ですが、


プーチンやロシア政府の人たちと、楽しそうに話すこと


「そんなことかい!」と思いますね。


しかし、そんなところが大事なのです。


以前、「安倍総理が、プーチンに走って握手を求めてきた」
とテレビニュースでやっていました。


そういう細かいところで、


「嗚呼、日本人は、ロシアが好きなのだな・・・」

「嗚呼、日本は、俺たちの大統領を尊敬してくれているな」

「嗚呼、日本は、欧米と違って、上から目線で説教しない
な・・・」


と思う。


「・・・・・・そんなんにつくして、意味あるの?」


あります。

日本とロシアの仲が良くなれば、自然、中国とロシアの仲
が薄くなるでしょう。

日米関係が強固で、日ロ関係が強化されていれば、中国が
尖閣を奪いにくる可能性が減ります。


政府の皆さんは、


プーチンを喜ばせることで、日本の安全は向上する!」


という意識で、がんばってほしいと思います。


安倍、トランプ、プーチン


この3人が親友になれば、尖閣も沖縄も安泰になります。

 

プーチンの世界: 「皇帝」になった工作員

プーチンの世界: 「皇帝」になった工作員

  • 作者: フィオナヒル,クリフォード・G.ガディ,畔蒜泰助,Fiona Hill,Clifford G. Gaddy,濱野大道,千葉敏生
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/12/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
プーチン カレンダー 2017 壁掛け スパイラル 縦長

プーチン カレンダー 2017 壁掛け スパイラル 縦長

 
プーチンの国家戦略 岐路に立つ「強国」ロシア

プーチンの国家戦略 岐路に立つ「強国」ロシア

 
プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?

プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?