読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

【RPE】★シベリア鉄道が北海道まで伸びてくる?

RPE Journal==============================================

 

       ロシア政治経済ジャーナル No.1474


               2016/12/5

===========================================================

シベリア鐡道が、北海道まで伸びてくる可能性があるそうです。

プーチン大統領の訪日が近づいています。

日本は島を求め、ロシアは経済協力を求め。

なかなか簡単ではありません。

しかし、ロシアは、「日本には、尖閣ばかりか沖縄の領有権もない!」

と宣言している対中国でとても大事。

https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2012_11_15/94728921/


個人の関係、企業間の関係でもそうですが、利害の対立はいつで
もあります。

「仲良くする理由」をしっかり認識し、忍耐強く進んでいくこと
が大事です。


日本には、「食い逃げ論」があります。

つまり、「ロシアは経済支援だけ受けて、島を返す気はないので
はないか?」

これは、別の言葉で、「日本はロシアのプロジェクトでは儲から
ない。慈善事業のようなものだ」といっている。

ロシアだけでなく日本も儲かる案件であれば、双方メリットがあ
るので、「食い逃げ」とはいいません。

そして、そのような案件を、まずは一つでも二つでも立ち上げ、
育てていくことが大事です。

たとえば、こんな話があります。

産経ニュース10月3日付から。


シベリア鉄道の北海道延伸を要望 ロシアが大陸横断鉄道構想
 経済協力を日本に求める

政府が検討している対露経済協力について、ロシア側がシベリア
鉄道を延伸し、サハリンから北海道までをつなぐ大陸横断鉄道の
建設を求めていることが2日、分かった。

ロシアは要望の「目玉」として、日露の物流のみならず観光など
人的交流の活発化を期待。

一方、日本側もロシアの生活の質向上や、資源収入に頼る産業の
多角化につながる協力策の原案をまとめており、ロシア側要望へ
の対応を精査している。>

 

え~~~、「シベリア鉄道」と北海道がつながるのですか???

もう少し具体的な話を。


シベリア鉄道の延伸は、アジア大陸からサハリン(樺太)間の間
宮海峡(約7キロ)と、サハリンから北海道・稚内間の宗谷海峡
(約42キロ)に橋またはトンネルを建設する構想だ。

実現すれば、日本からロシアの首都モスクワを経て欧州を陸路で結
ぶ新たなルートを構築でき、プーチン大統領もかつて「シベリア鉄道
を日本の貨物で満載することにつながる」と期待感を示したという。>

 

サハリンと稚内に、橋あるいはトンネルを建設するかもしれない。

はじめて聞くと驚愕ですが、技術的には可能なので、後は「双方に
メリットがあるのか?」という話になります。

 

<併せて、モスクワの東約800キロにあるカザンからウラジオス
トクまでのシベリア鉄道高速化構想も浮上している。

シベリア鉄道の輸送期間短縮でロシア国内の経済活性化に貢献する
ほか日本企業の商機拡大にもつながる。

将来の現地生産をにらみ、車両や信号システム、レールなど日本の
技術をパッケージで売り込む構想で、既に一部の関連企業は事業性
の検討を始めたとみられる。>(同上)

 

これ、プーチンに、「投資するから日本企業優遇してくださいよ」
お願いすればいいですね。

プーチン、「日本政府高官は、会うたび一言目から『島返せ!』と
いいやがる!」とあきれている。

しかし、双方儲かる話なら、喜んで話を進めることでしょう。

 

▼「シベリア鉄道脅威論」は、常識で考えるとおかしい

 

シベリア鉄道が北海道まで伸びてくる」と聞いて、

「これは日本の脅威だ!」という人がいます。


鉄道を使って、ロシア軍が攻めてくると思っているのでしょうか?

とても面白いと思います。

たとえば、旧ソ連バルト三国ソ連崩壊後、欧州べったりにな
り、ロシアとの関係が悪化しています。

特にクリミア併合後は、「ロシアが攻めてくる!」と恐れている。

しかし、ロシアからバルト三国に、電車で行けます。


ロシアの西の隣国ウクライナ

2014年2月のクーデターで、親ロシアのヤヌコビッチ大統領が失脚。

今のポロシェンコ大統領は、極めて親欧米で、激しく反ロシア。

それでも、ロシアからウクライナに電車で行けます。


「鉄道があると、ロシア軍が攻めてくる」という話がホントであ
れば、

バルト三国ウクライナは、ロシアとの電車の行き来を止めるは
ずでしょう?

少し冷静に考えればわかりますが、「戦争が起こる、起こらない」

は「電車が来ているか来ていないか?」と関係ありません。

二つ、あるいは複数の国が、「話し合っても解決できない」から

「戦争」をするのです。

ロシアは、「北方4島」を実効支配していて、現状に満足してい
ます。

中国は、「日本には、尖閣だけでなく沖縄の領有権もない!」と
メチャクチャな主張をしている。

しかし、ロシアが「日本に北海道の領有権はない!」などと主張
したのは、聞いたことがない。

日本とロシアが戦争になる可能性は、日本側がたとえば北方4島
奪還を目指して仕掛けない限り、ほとんどゼロなのです。


もう一つ、「シベリア鉄道が北海道までくると移民が増える」と
心配している人もいるそうです。

しかし「移民が増える、増えない」は、「鉄道で人がやってくる
、こない」と関係ありません。

私は、モスクワからフィンランドや、ウクライナキエフなどに
寝台列車でよくいっていました

国境につくと、パスポート検査があり、きちんと入国管理がされ
ています。

つまり、飛行機で外国人が来るのも、電車で外国人がくるのも、
「管理」という面では変わりません。


断言しますが、移民が増えるのは、「日本政府がそれを望んだ場
合」に限られます。

今、日本では外国人の労働者が増えています。

これは、別に「日本に来る中国人が増えたから」ではありません。

日本政府が、外国人労働者を受け入れる方針をとっているからで
す。


(私は、「日本人が嫌がる仕事は、貧しい国の外国人にやらせれ
ばいい!」という「差別的3K移民」に反対しています。)


ドイツが去年、難民を100万人も受け入れたのは、メルケルがそ
ういう方針をとったからです。

ですから、「移民の増減」は、「シベリア鉄道が北海道とつなが
ること」と関係ないのです。

 

▼日本~欧州貿易に大きなメリットが

 

シベリア鉄道が北海道とつながると、日本が儲かる」


なかなかイメージわきませんね。

しかし、もう少し視点をグローバルにしてみましょう。

EUは、日本から「はるかに離れた地域」というイメージです。

それでも、人口は5億人をこえ、世界GDPの約4分の1を占めている。

あなどれません。

日本との貿易ですが、

日本からEUへの輸出は2014年、約8兆円。

日本のEUからの輸入は2014年、8兆6250億円


日本とEUの貿易は、ほとんど船を使って行われている。

それで、日本からEU加盟国にブツが届くのに、30~40日かかる。

イメージしてみましょう。

北海道で荷物を積み込んだ。

それが電車でロシアを横断して、欧州まで送られる。

値段的には船とほとんど変わらず、日数的には、20日ぐらいで
届く。

料金そのままで、到着までの日数が10~20日短縮するので、と
てもお得なのです。

実際、日本企業は1970~80年代、シベリア鉄道を貨物輸送に利
用していました。

ところが、90年代にソ連が崩壊すると、トラブルが続出し、日
本企業は使わなくなった。

それで、海上輸送にシフトしたのですね。

とはいえ、ロシアも90年代とは全然違います。

プーチンは、鉄道網の近代化、高速化を進めている。

人々のモラルも90年代比で大きく改善されているので、


北海道 → ロシア → 欧州


を鉄道でつなぐのは、珍しく日ロ欧、みんなにメリットがある
話なのです。

 

プーチンが来たら

 

間もなくプーチンがやってきます。

プーチンは、ロシア国内では「皇帝」になっています。

しかし、ロシアはG8から外され、経済制裁を受け、「アメリカ
大統領選を操作した」などと批判されている。

どこにいっても(特に欧米から)叩かれるので、かなり疲れて
いることでしょう。


ですから日本に来たら、「温泉につかってゆっくり休んでいっ
てください」といえばいいですね。

その次に、島の話ではなく、儲かる話をするべきです。


トランプさんが、ロシアとの関係改善を急いでいます。

米ロ関係が良好になれば中ロ関係は薄くなるので、歓迎するべき。

日ロ関係が良好になれば、また中ロ関係が薄くなる。

日米関係、日ロ関係が良好であれば、習近平も軽率に動くことが
できなくなるでしょう。

安倍総理は、プーチンと会って中国の悪口をいうべきではありま
せん。

ただ、プーチンを大切にするだけで、日本はより安全になる。

そういう「大戦略的意義」を認識し、訪日するプーチンが感動す
る「おもてなし」を実践していただきたいと思います。

 

シベリア最深紀行――知られざる大地への七つの旅

シベリア最深紀行――知られざる大地への七つの旅

 
A32 地球の歩き方 シベリア&シベリア鉄道とサハリン 2017~2018

A32 地球の歩き方 シベリア&シベリア鉄道とサハリン 2017~2018

 
超特急×シベリア ─この出会いは忘れない─

超特急×シベリア ─この出会いは忘れない─

 
女一匹シベリア鉄道の旅 (コミックエッセイの森)
 
ロシア極東 秘境を歩く

ロシア極東 秘境を歩く

 
シベリア抑留―未完の悲劇 (岩波新書)

シベリア抑留―未完の悲劇 (岩波新書)

 
シベリア俘虜記―兵士の過酷なる抑留体験 (光人社NF文庫)

シベリア俘虜記―兵士の過酷なる抑留体験 (光人社NF文庫)

 
ロシア日記: シベリア鉄道に乗って

ロシア日記: シベリア鉄道に乗って

 
極光のかげに―シベリア俘虜記 (岩波文庫)

極光のかげに―シベリア俘虜記 (岩波文庫)

 
語り継ぐシベリア抑留―体験者から子と孫の世代へ (ユーラシア文庫)

語り継ぐシベリア抑留―体験者から子と孫の世代へ (ユーラシア文庫)

 
響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)

響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)

  • 作者: ウラジーミル・メグレ,岩砂晶子,水木綾子
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2013/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 
シベリア岩塩 ミックス 1kg

シベリア岩塩 ミックス 1kg

 
シベリア鉄道紀行史―アジアとヨーロッパを結ぶ旅 (筑摩選書)

シベリア鉄道紀行史―アジアとヨーロッパを結ぶ旅 (筑摩選書)