【RPE】★韓国・朴大統領、辞意表明~二股外交の結末

RPE Journal==============================================

 

       ロシア政治経済ジャーナル No.1472


               2016/12/1

===========================================================

「告げ口外交」で知られる韓国の朴槿恵大統領、やめるそう
です

今日は、朴大統領の「二股外交」を振り返ります。

 

皆さんご存知だと思いますが、韓国の朴大統領が、辞意を表明

しました。


<万策尽きた朴大統領 特異な政治手法、知人らの介入招く

朝日新聞デジタル 11/29(火) 15:11配信

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が29日、本来は2018
年2月までだった任期の短縮に応じる考えを表明した。

大規模な抗議集会や低支持率、検察捜査などで苦しむなか、国
会による弾劾(だんがい)手続きが目前に迫っていた。

ここにきて、与党セヌリ党の「親朴派」議員らも離れ、万策尽
きた形になった。>

 

シャーマンのチェ・スンシルさんが国政に深く関わっていたこ
とは、日本でもひろく報じられています。

今回は、朴さんの外交を振り返ってみましょう。

 

▼「反日統一共同戦線」に参加した韓国

 

08年9月、リーマンショックから「100年に1度の大不況」が
はじまった。

これで、世界中の国々が、「アメリカの一極支配体制は終
わった!」と認識しました。

そして、「中国の時代がやってくる!」と。


そんな世界情勢を反映し、日本でも09年、親米の自民党
沈み、親中の民主党が政権をとった。

韓国でも、朴さんの前任の李さんは、親米から親中に移行
していきます。

この方、2012年8月、


竹島に上陸した

・「日王が韓国に来たければ謝罪しろ!」と発言した

 

ことで、日韓関係を破壊します。

 

翌2012年9月、日本政府は尖閣を国有化。

日中関係が戦後最悪になった。

2012年11月、中国はモスクワで、ロシア、韓国に「反日統一
共同戦線」結成を提案。

プーチン・ロシアは、この話に乗らず。

しかし、韓国は、喜んで「反日統一共同戦線」に参加するこ
とにした。

とはいえ、李大統領の任期は終わりに近づいていました。

反日運動」は、次の朴槿恵さんに引き継がれます。

 

▼朴さんの反日親中外交

 

朴さんの外交を簡潔に表現すれば、


・親中である

・でもアメリカとも仲よくしたい

・だから日本をダシに使う


これは、何でしょうか?

韓国は、世界の多くの国々同様、「アメリカは08年に没落した。

これからは中国の時代」と認識していた。

経済関係も深まっているので、中国と仲良くしたい。


すると、いままでの主人アメリカが怒ります。

アメリカをなだめるために、韓国は日本をダシにする。

「アメリカの要求を聞きたいのですが、日本が邪魔をするの
です!」

と。


朴さんは2013年2月、大統領に就任しました。

2013年6月、中国を訪問。

この訪問を「心信之旅」と名づけた。

彼女は、習近平との会談でいいます。

「ハルピン駅に、安重根の記念碑を建ててください!」


安重根は、伊藤博文を暗殺した人物。

習近平は、1度目にいわれ、「安重根て誰????」という
反応だったようです。

しかし、再度いわれ、「わかりました」と答えた。


このように、朴さんは、「反日で中国と仲よくしよう!」とい
う作戦だった。

そして、それは、うまくいったのです。


2014年3月、朴さんと習近平は、ハーグで会談。

朴さんはいいます。

安重根の記念碑を建ててくださって、ありがとうございます!」


習近平は、こう応じました。

「それ(安重根記念碑建立)は、私が指示したのだ。

中韓は隣国同士であり、同じ夢と目標をもっている!」


「同じ夢と目標」とはなんでしょうか

「日本を破滅させること」?????????


2014年7月、習近平は、韓国を訪問。

この時、朴さんは中国中央テレビのインタビューで、こんなこ
とをいっています。


「北東アジア最大の問題が歴史問題です。

日本の一部の政治指導者が北東アジアの友好関係を悪化させて
いる。

特に慰安婦問題は、人類普遍の人権問題です」


2015年9月、北京で「抗日戦争勝利70周年大会」が行われまし
た。

記念撮影で、


習近平の右にプーチン

左に習夫人。

その左に、朴槿恵


記念写真のど真ん中に、「反日統一共同戦線」の3国首脳が集結
していました。

プーチンは、反日ではありませんが、日欧米から制裁されてい
る関係で親中です。)


このように、朴さんの外交は、2015年末まで、ずっと親中だった。

そして、彼女と習近平を結びつけていたのは、「日本への憎悪」
だったのです。

 

▼アメリカに戻る

 

ところが、皆さんもご存知のように、日本と韓国は2015年12
月28日、

いわゆる「慰安婦合意」しています。

これは、なんだったのでしょうか?


金正恩は2015年12月15日、「水爆実験」への許可を出した。

そして、2016年1月6日、実験が行われた。

朴さんは、「中国は、北朝鮮から韓国を守ってくれない」こと
に気がついた。


2016年2月、アメリカと韓国は、「THAADミサイル配備の交渉に
入った」ことを発表しました。

これで、アメリカは、「韓国は戻ってきた」という認識になっ
た。

以後、日韓、米韓関係は、改善してきています。


しかし、朴さんは、ボロボロになってやめていきます。

 

▼小国の二股外交と、大国のバランス外交の違いは?

 

「日本をダシにして米中とバランスをとる」

という朴さんの外交。


なぜ失敗したのでしょうか?

たとえば、インドは、見事な「バランス外交」を実践しています。

インドは、日本、アメリカ、ロシアと良好な関係にある。

そして、敵対していた中国との関係も改善させている。

しかし、こういう美しい外交は、インドのような自立した大国
にしか許されないのです。

(ロシアや中国も、もちろんバランス外交を実践できる。)


同じことを小国がやると、「バランス外交」ではなく「二股外交」
と呼ばれ、失敗します。

たとえば、韓国に似た例はウクライナです。

ウクライナのヤヌコビッチ前大統領は、「親ロシア」として知ら
れていました。

しかし、浮気心を起こし、EUと「欧州連合協定」を結ぼうとした。

ところがクレムリンからの圧力があり、「やっぱ署名しません!」
と変心した。

これをきっかけに、大規模デモが起こり、結局革命で失脚しまし
た。


韓国も同じですね。

アメリカと仲良くしながら、日本をダシにして中国とも仲良くす
る。

ある程度まではうまくいきますが、最後に「どっちを取るんだ!
?」と迫られることになります。

朴子さんは、アメリカ君、中国君、2人とデートできて幸せだっ
た。

しかし、アメリカ君からも中国君からも、「結婚しよう!」と
いわれ、

「私は、アメリカ君も中国君も好きなの!

二人と結婚したいわ!」

といえば、アメリカ君も中国君も「ふざけるな!」となるでし
ょう。


こうして、「告げ口外交」で知られる朴槿恵大統領は、去りま
す。

次の大統領、親日はムリでしょうが、少なくとも親米であって
欲しいと思います。

 

絶望は私を鍛え、希望は私を動かす【朴槿恵自叙伝】

絶望は私を鍛え、希望は私を動かす【朴槿恵自叙伝】

 
なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争【山本七平賞受賞】

なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争【山本七平賞受賞】

 
朴槿恵〈パク・クネ〉の挑戦 - ムクゲの花が咲くとき

朴槿恵〈パク・クネ〉の挑戦 - ムクゲの花が咲くとき

 
こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)

こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)