【RPE】★トランプ勝利で、ロシアが日本に強硬になる力学とは?

RPE Journal==============================================

 

       ロシア政治経済ジャーナル No.1469


               2016/11/28

===========================================================

プーチン訪日が迫っています。

しかし、ここにきて、ロシアの態度が硬化してきました。

なぜ????

 

<北野様

毎回メルマガを読まさせていただいております。

このタイミングで私には不可解なのがロシアです。

安部さんとプーチンさんの会談前に、国後、択捉にミサイル配備
ロシアのヘリコプターが尖閣近辺を飛行したり。

北野さんのメルマガをずっと毎回読んできていますので、物事の
見方はだいぶ養われてきたと思いますが、ロシアの動きはわかり
ません。

日本とは仲良くしないぞ。と見せつけているような仕打ちで、か
なり不気味です。

おわかりでしたら、是非、この件をメルマガで触れていただきた
いです。>


プーチン訪日が近づいています。

しかし、ここにきて、ロシア側の態度が硬化しているようです。

たとえば、↓

 

<<露ミサイル配備>大統領報道官「理由がある」と正当化

毎日新聞 11/23(水) 23:26配信

 【モスクワ杉尾直哉】ロシア軍が北方領土に最新鋭の沿岸防衛ミ
サイルシステム「バスチオン」などを配備したことについて、ペス
コフ露大統領報道官は23日、「理由がある」と述べ、正当化した。

ロシアが自国領と位置づける北方領土を防衛するために必要との考
えを示した。>

 

これ、時期的に、「どう考えても日本と仲良くしたくないんだな」
と感じます。

なんなのでしょう?

 

▼ロシアは、北方領土問題を、1秒も話したくない

 

日本で「ロシア」といえば、まず「北方領土問題」です。

しかし、ロシア側は、「戦争に勝ってロシア領になった」とい
う認識。

私たち日本人は、「ソ連は日ソ中立条約を破りやがって!」と
憤っている。

ロシアは、

ヤルタ協定で、米英に頼まれて参戦した。アメリカとイギリ
スも合意しているので問題ない」

という立場。

ポツダム宣言受諾決定後にソ連軍が北方4島を攻めて奪った件
については、完全スルー。

そして、その「史観」は、戦後70年間「ソ連大祖国戦争
偉大な勝利をした!」と教育され、固定化されてきた。


アメリカは、「原爆は必要悪であった」と強弁します。

同じように、戦勝国というのは、戦時中のすべての行為を
「善」とする。


つまり、ロシア側は、北方領土にからむさまざまな問題について、

「ロシアが悪い」とは、1ミリも考えていない。


私たちは、「日ソ中立条約を破ったこと、ポツダム宣言受諾決定
後に北方4島を占領したこと」

など、「明白な悪」と認識し、

「ロシアもそう思っているだろう」と信じている。

まずこの認識が違います。


ロシア側は、「悪いことをした」とは、まったく思っていません。

これだけ聞いて、ロシアが嫌いになる人も多いことでしょう。

しかし、「戦勝国」というのは、そういうものです。

既述のように、アメリカは、「原爆投下=必要悪」、あるいは「善」
だったと信じている。


こういう認識なのに、日本政府の人たちは、ロシア政府高官にあう
たび、

「いつ島を返してくれますか?」と毎回毎回いう。


「戦争に勝ってロシアのものになった」という完全認識なのに、

「返してくれ!」といわれても、ロシア政府の人はわけがわから
ない。

そういうことなのです。


強調しておきますが、これ、「私」(北野)の考えではありませ
ん。

「ロシア側がそう思っている」という話です。

ですからこの認識の件で、私にクレームしないでください。

クレームは、クレムリンなどにお願いします。

 

▼ロシアがほしいのは経済協力

 

それで、日ロ関係は、停滞していました。

安倍さんが総理になられた後は、かなり好転していましたが。

2014年3月のクリミア併合以降、日本は対ロ経済制裁に参加し、
停滞していた。

それでも、安倍さんとプーチンの強い意欲で、両国関係は改
善してきた。

ロシア側に「北方4島を返す気がまったくない」のなら、なぜ
ロシア政府は交渉に応じるのでしょうか?


これは「経済協力」が欲しいからです。


ロシアは、クリミア併合後、「制裁」「ルーブル安」「原油
安」の「三重苦」に苦しんでいる。

だから日本との経済協力を進めることで、厳しい現状を打破
したい。


一方、日本は、正直経済協力をしたくない。

まず、原油・ガスが安いので、ロシア資源の必要性をあまり
感じていない。

それに、ロシアと経済協力を進めると、アメリカの動きがこ
わい。


つまり日本とロシアの間には、「大きな溝」がある。


日本= ただ4島を返して欲しい。経済協力したくない。

ロシア= 経済協力が必要。4島返したくない。

 

▼日本、ロシア、両国にある「食い逃げ論」

 

日本の新聞を読んでいると、ときどき「食い逃げ論」が出てきます。

なんでしょうか?

つまり、「ロシアは経済協力だけひきだして、島は返さないつもり
だ!」

これ、そのとおりでしょう。


逆にロシア側には、「日本食い逃げ論」があります。

つまり、「日本は島だけ受け取って、経済協力は『フリ』だけなの
ではないか?」

これも、そのとおりでしょう。

日本は、島が欲しいので、経済協力は本音でしたくない。


要するに、日本とロシアは、「利害が一致していない」ということ
です。

 

▼トランプ勝利で、ロシアは硬化する

 

それでも、ロシアは日本と交渉をつづける。

欧米日による「制裁網」に穴をあけたい。

もし日本とロシアの経済協力が大きく進展すれば、欧州も「日本
はズルい!俺達も!」となるかもしれない。


そういう意図だったのですが、最近「状況を根本的に変える可能
性がある」大事件が起こった。

そう、アメリカ大統領選挙でトランプが勝った。

トランプは、一貫して「プーチンとの協力が必要だ!」と主張し
ている。

そして、当選後、すぐ米ロ和解に動きはじめています。


「対ロシア制裁」、主導しているのはアメリカです。

だから、アメリカが制裁解除を決めれば、日本、欧州も当然追随
して解除するでしょう。


原油は上がらないでしょうが、制裁が解除されれば、ロシア経済
は一気に楽になる。

そういう展望が見えてきたので、ロシアは日本に冷淡になってき
たのです。

 

▼日本がロシアと和解するべき理由

 

ここまで読まれて皆さんは、「やっぱロシアは信用ならん。つき
あうのはやめよう!」と思われるかもしれません。

気持ちはわかります。

しかし、日本には、ロシアと仲良くした方がいい大きな理由があ
る。


そう、中国は2012年11月から、「反日統一共同戦線」戦略でやっ
ています。

骨子は、

1、中国、ロシア、韓国で、【反日統一共同戦線】をつくる

2、中ロ韓、共同で日本の領土要求を断念させる。

その領土とは、北方4島、竹島尖閣・【沖縄】である。

日本に【沖縄】の領有権はない!

3、「反日統一戦線」には、【アメリカ】も引き入れなければな
らない。


(●必読原文はこちら↓
https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2012_11_15/94728921/


日本はこの戦略を無力化させるために、

アメリカ

ロシア

韓国

との関係を強固にしていかなければならない。


そう、ロシアとの関係は、「安全保障問題」なのです。

北方領土返還も大事ですが、【沖縄】を守ることは、現状もっと
大事ではないですか?

 

▼「食い逃げ論」でうらみを残さないために

 

日本には、「食い逃げ論」があります。

もっともな話。

実際ロシアが欲しいのは、「経済協力だけ」なのですから。


ただ4島を実効支配しているロシアからすると、

2島返還でも4島返還でも、どっちにしても「大損」です。

このことも理解しておく必要があるでしょう。


戦争で奪った島を返す。

国民を納得させるためには、相当の「見返り」が必要です。


両国の「食い逃げ論」で恨みを残さないためには、二つのアプ
ローチが必要です。


1、極東の支援

これは、「見返りを求めない」、いってみれば「慈善事業」。

たとえば医療分野の支援。

貧しい人の支援。

インフラ支援。

とにかく、現地の人が喜ぶことをして、見返りを求めない。

困っている人を助けるのは善いことで、結果的に日本のイメ
ージが好転します。


2、ビジネス

これは、厳密に「日本とロシア双方が儲かること」をする。

今、

・日本とロシアを鉄道で結ぶ

・ロシアから日本に電気を送る

・日本とロシアを結ぶガスパイプラインをつくる


などなど、いろいろ話が出ているようですが。

「双方儲かる」

「WIN-WIN」にしていくことが大事です。

日本も儲かれば、「食い逃げ」にはなりません。


いずれにしても、鬼気迫る表情で、「島返せ!コラ!」とプーチ
ンに迫ってもムダです。


尖閣、沖縄を守るために、ロシアと友好関係を築くのだ!」


という大戦略的意識を持って、一歩一歩進んでいくしかありませ
ん。

 

 

嘘だらけの日露近現代史 (SPA!BOOKS新書)

嘘だらけの日露近現代史 (SPA!BOOKS新書)

 
日露戦争史 - 20世紀最初の大国間戦争 (中公新書)

日露戦争史 - 20世紀最初の大国間戦争 (中公新書)

 
日露戦争、資金調達の戦い―高橋是清と欧米バンカーたち (新潮選書)

日露戦争、資金調達の戦い―高橋是清と欧米バンカーたち (新潮選書)

 
乃木希典と日露戦争の真実 (PHP新書)

乃木希典と日露戦争の真実 (PHP新書)

 
日清・日露戦争―シリーズ日本近現代史〈3〉 (岩波新書)

日清・日露戦争―シリーズ日本近現代史〈3〉 (岩波新書)

 

 

日ロ関係史: パラレル・ヒストリーの挑戦

日ロ関係史: パラレル・ヒストリーの挑戦

 
日ロ現場史 北方領土―終わらない戦後

日ロ現場史 北方領土―終わらない戦後

 
日ロ関係 歴史と現代 (法政大学現代法研究所叢書)

日ロ関係 歴史と現代 (法政大学現代法研究所叢書)

 
日ソ国交回復秘録 北方領土交渉の真実 (朝日選書)

日ソ国交回復秘録 北方領土交渉の真実 (朝日選書)

 
日ロ平和条約締結の活路―北方領土の解決策 (ブックレット・ロゴス)

日ロ平和条約締結の活路―北方領土の解決策 (ブックレット・ロゴス)