フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

【RPE】★予言者エマニュエル・トッド、トランプ勝利を語る

RPE Journal==============================================

 

       ロシア政治経済ジャーナル No.1468


               2016/11/24

===========================================================

予言者エマニュエル・トッドさんは、トランプ勝利について
何を語っているのでしょうか?

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

皆さん、エマニュエル・トッドさんをご存知でしょうか?

フランス人の歴史人口学者、家族人類学者です。

まじめな学者さんですが、「予言があたる」ことでよく知られてい
ます。

なんと1976年時点で、ソ連崩壊を予測した。(実際の崩壊は1991年)

2002年時点で、アメリカの没落を予測した。

その後もピタリ、ピタリと大きな流れに関する予測があたるので、
世界中の人が彼の言動に注目しています。

そんなトッドさん。

トランプさんについて、どう考えているのでしょうか?

 

▼トランプ勝利は当然

 

トッドさんは、もちろん霊能力者でも予言者でもありません。

それで、「トランプが勝つ!」とは断言しませんでした。

朝日新聞デジタル11月17日から。

 

< 今年夏、米国に滞在しました。

そして10月初め、日本での講演で「トランプ氏とクリントン
の勝率は半々だ」と言いました。

彼の当選を予言したというより、可能性を指摘したわけです。>

 

しかし、トッドさんは、「学者の立場からみると、トランプの勝
利は当然だ」といいます。

なぜ???

 

< 歴史家として見るなら、起きたのは当然のことです。

ここ15年間、米国人の生活水準が下がり、白人の45歳から54
歳の層の死亡率が上がりました。

で、白人は有権者の4分の3です。>(同上)

 

アメリカでは、白人45歳から54歳の死亡率があがっている!

なぜ????

 

自由貿易と移民が、世界中の働き手を競争に放り込み、不平等
と停滞をもたらした、と人々は理解し、その二つを問題にする候
補を選んだ。

有権者は理にかなったふるまいをしたのです。>(同上)

 

問題は、「自由貿易」と「移民」だと。

イギリスも移民に嫌気がさして、EU離脱を決めた。

政府関係者の方は、よく知っておいてほしいと思います。

自由貿易」と「移民」です。


特に移民については、「移民じゃない労働者だ」などと詭弁を使
ってどんどん入れています。

欧州も、はじめは「移民じゃない労働者だ」といって入れていた。

それがそのまま定住してしまった。

10年前から書いていますが、私は

 

「日本人が嫌がる仕事は貧しい国の人にやらせればいいや!」

 

という、「差別的3K移民」に反対しています。


(もちろん、3K移民大量流入で、日本人の賃金が下がり、失業
が増えるという理由も、とても大きいです。)

欧米では既に、「問題が多すぎるから制限しよう!」と流れが変
わっている。

それなのに日本では、「欧米もやってるから、日本もやらなけれ
ば」などといっている。

愚かです。

 

▼問題は、エリートが庶民を理解できていないこと

 

< 奇妙なのはみんなが驚いていること。

本当の疑問は「上流階級やメディア、大学人には、なぜ現実が見
えていなかったのか」です。>(同上)

 

ですよね~~~。

アメリカでは、どのメディアを見ても、「ヒラリーが勝つ!」と
断言していました。

ホントにそう思っていたというより、「ヒラリーを勝たせるため
のプロパガンダ」だったのかもしれませんが。

 

<選挙戦では、候補個人について多くのうその応酬がありました。

しかし、社会について語る場面では、真実を口にしていたのはト
ランプ氏の方でした。

彼は「米国はうまくいっていない」と言いました。

ほんとうのことです。

「米国はもはや世界から尊敬されていない」とも言いました。

彼は同盟国がもうついてこなくなっている事実を見ています。

そこでも真実を語ったのです。>(同上)

 

トランプは、「アメリカはもはや世界から尊敬されていない」と
語った。

アメリカ幕府の天領日本ではなかなか見えづらいと思いますが、
これは本当です。

新世紀に入ってから、アフガン、イラクリビア、シリア(IS)

を攻撃し、中東、北アフリカを無政府状態にしたのはアメリカです。


日本にとって最悪の存在は、「日本に沖縄の領有権はない!」と宣
言している中国。

しかし、世界的に見ると、ほとんど無意味な戦争を繰り返している
のはアメリカ。

 

クリントン氏は、仏週刊紙シャルリー・エブドでのテロ後に「私
はシャルリー」と言っていた人たちを思い出させます。

自分の社会はすばらしくて、並外れた価値観を持っていると言って
いた人たちです。

それは現実から完全に遊離した信仰告白にすぎないのです。>

(同上)

 

ヒラリーは、現実と乖離しているそうです。

確かにそうでしょう。

 

▼現実をみよう

 

<トランプ氏選出で米国と世界は現実に立ち戻ったのです。

幻想に浸っているより、現実に戻った方が諸問題の対処は容易です。>

(同上)

 

「トランプ選出でアメリカと世界は現実に立ち戻った」そうです。


わが国日本は、現実に立ち戻ったのでしょうか?

それとも「脳内妄想お花畑」でダンスを踊りつづけるのでしょう
か?


いつも書いていますが、中国は2012年11月時点で、

・中国、ロシア、韓国で、【反日統一共同戦線】をつくると宣言
している。

・中ロ韓は、一体化して日本の領土要求を断念させるが、その中
には、【沖縄】も含まれる。

(日本に【沖縄】の領有権はない!)

・【アメリカ】を「反日統一共同戦線」に引き入れなければなら
ない!

(●絶対証拠はこちら↓
https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2012_11_15/94728921/


これが真実です。

しかし、日本ではいまだに、

「中国が尖閣を侵略するなど、【今の時代】ありえませんよ!」

などという、「平和ボケ病末期」の人が山ほどいます。


少なくとも私たちは、世界で起こっていることの真実をしっかり
理解し、日本を守っていきましょう。

 

グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)

グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)

 
帝国以後 〔アメリカ・システムの崩壊〕

帝国以後 〔アメリカ・システムの崩壊〕

 
家族システムの起源(上) 〔I ユーラシア〕〔2分冊〕

家族システムの起源(上) 〔I ユーラシア〕〔2分冊〕

 
*1" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Xhq8IXESL._SL160_.jpg" alt="シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧 *2" />

シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧 *3

 
世界の多様性 家族構造と近代性

世界の多様性 家族構造と近代性

 

 

*1:文春新書

*2:文春新書

*3:文春新書