フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

習近平氏は本当の「核心」となったのか?権力集中が進んでいるとはいえないそのワケは

╋■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
~誰よりも中国を知る男が、日本人のために伝える中国人考~
石平(せきへい)のチャイナウォッチ http://www.seki-hei.com
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
=★===============================================================★=
習近平氏は本当の「核心」となったのか
 権力集中が進んでいるとはいえないそのワケは
=★===============================================================★=

先月27日に閉幕した中国共産党第18期中央委員会
第6回総会(6中総会)の総括コミュニケは
習近平同志を核心とする党中央」と明記した。
これを受け、日本国内でも「習氏への権力集中が進む」
との見方が広がったが、実態は果たしてそうであるのか。

6中総会開催前の10月16日、新華社通信は
中央指導部メンバーの動向に関するニュースを配信した。
政治局委員の張春賢氏が
「党の建設工作に関する中央指導小組副組長」
の肩書で地方視察を行ったという。

張氏は今年8月、新疆ウイグル自治区党委員会書記を退任して
中央に戻ってから、その去就が注目されていたが、
上述の地方視察ニュースで、「副組長」という
彼の新しいポストが判明した。
この目立たないポストが実は
張氏の今後の前途洋々を暗示している。
今、党内のイデオロギー統制を担当する
「党の建設工作に関する中央指導小組」の組長になっているのは
政治局常務委員の劉雲山氏である。

政治局常務委員といえば、それこそ共産党
最高指導部を構成する「チャイナセブン」のメンバーだが、
劉氏は69歳の高齢であり、来年開かれる予定の
共産党第19回大会で引退する運びである。
その時、上述の小組の副組長となった張春賢氏が、
劉氏の後を継いで組長に昇任する見通しで、それに伴い、
政治局委員である張氏は当然、政治局常務委員へと
昇進する道が開かれるのである。

第19回党大会開催の1年前の張氏の副組長就任は
まさにこの党大会における
彼の政治局常務委員昇進の布石だと理解されている。
問題は張氏が次の党大会で最高指導部に入る見込み
となっていることが何を意味しているかである。

張氏は新疆ウイグル自治区党委員会書記時代、
習近平総書記(国家主席)に関する
2つの微妙な動きで注目されたことがある。
1つは、今年3月4日、新疆ウイグル自治区主管の
ニュースサイト無界新聞に、
習近平引退勧告」の公開書簡が掲載されたことである。

地方政府主管のメディアで共産党トップの
「引退」を勧告する文章が掲載されるとは、
驚天動地の大事件であるが、
問題はその「黒幕」は誰だったのかである。
当時から、一部の香港メディアや
アメリカに拠点を置く中国系メディアは
新疆ウイグル自治区の最高責任者である
張氏の関与の可能性を報じているが、
真相は今でも不明のままである。

その直後の3月20日、張氏の取ったもう1つの言動が
さらに注目を集めた。実はその時、
習近平総書記の息がかかっている一部の地方トップが
習氏を「党の核心」として
擁立する運動を起こしている最中であったのが、
北京で開かれた全人代の新疆代表団会見で、
張春賢氏は記者らから「習氏を核心として支持するか」
と質問を受けたとき、「その話は改めて」と答えを避けた。

中国の政治文化の中では答えを避けたことはすなわち
「支持しない」との意思表明である。
これで張氏は「反習近平」の姿勢を明確にした
と理解されたのである。

しかし今、どう考えても「反習近平」のこの彼が
無傷であるどころか、中央に戻って例の副組長に就任し、
来年の党大会で政治局常務委員となって
最高指導部入りを果たすことができそうなのだ。
それでは習氏は党中央をすでに制覇したとはとても言えない。
来年の党大会で、次期最高指導部の人事は
決して習氏の意のままにならないことも分かった。

冒頭に取り上げた共産6中総会の総括コミュニケは、
習氏を「核心」だと位置づける一方、
党の集団的指導体制や「党内民主」をことさらに強調しているから、
今の共産党内では「習氏の権力集中が進んでいる」
とは一概にいえない。

 

習近平が中国共産党を殺す時 日本と米国から見えた「2017年のクーデター」

習近平が中国共産党を殺す時 日本と米国から見えた「2017年のクーデター」

 
21世紀の「中華」 - 習近平中国と東アジア

21世紀の「中華」 - 習近平中国と東アジア

 
習近平の権力闘争

習近平の権力闘争

 
中国共産党 闇の中の決戦

中国共産党 闇の中の決戦

 
狂気の沙汰の習近平体制 黒い報告書

狂気の沙汰の習近平体制 黒い報告書

 
十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争

十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争

 
中国政治―習近平時代を読み解く

中国政治―習近平時代を読み解く

 
覇王習近平―メディア支配・個人崇拝の命運

覇王習近平―メディア支配・個人崇拝の命運

 
習近平の中国 (新潮新書)

習近平の中国 (新潮新書)

 

 

第19回党大会の開催に向けて、
党内闘争はさらに激しくなる見通しである。

( 石 平 )