読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

この国の現状は、浅井昭衛が言っていた通りになってしまったと感じているのは、私だけなのでしょうか?

御会式が各末寺で行われている今日この頃ですが、皆さんの菩提寺では奉修されましたでしょうか?

御会式


御会式(おえしき)は、日蓮正宗寺院の行事の中で、もっとも重要な法要です。

日蓮大聖人は、弘安五年(1282年)十月十三日に武州(ぶしゅう:東京)池上の右衛門大夫(うえもんたいふ)宗仲の館で大勢の弟子や信徒が読経唱題申し上げる中で安祥(あんじょう)として御入滅されましたが、その御本仏(ごほんぶつ)の生命(いのち)はそのまま大御本尊として、常に私たちに功徳をほどこされているのです。
したがって日蓮大聖人の御入滅は、この娑婆世界から遠く去ってしまうことではなく、この娑婆世界に厳然とましまして、未来永劫に私たちを救済し、守護するところの久遠の御本仏に生まれかわることなのです。
これを非滅現滅(ひめつげんめつ)とも非滅の滅ともいいます。

御会式は、この久遠の仏の生命(いのち)をおよろこび申し上げ、報恩感謝申し上げる法要です。

なお、御会式では、大聖人の御入滅の故事にちなんで、桜の造花をもって御宝前を飾り、立正安国論と歴代上人の烈々たる国家諫暁(かんぎょう)の御申状を奉読して、大聖人の大願である立正安国・世界広布の実現を期し、現代では個々の折伏行に邁進することを堅く決意する儀式でもあります。

このように御会式は、日蓮正宗の信徒にとって忘れてはならない重大な儀式・法要であり、参詣する意義・功徳は実に多大なものがあるのです。

御会式の意義とは大聖人様のお葬式です。

御逮夜はお通夜ですね。

毎月、第二土曜日が御逮夜、第二日曜日が御講、13日が御題目講というのが、一年を通して寺院行事の柱になっております。

上記の御会式の解説にもありましたが、通常のお葬式と違って大聖人の永遠の命をお祝いし、功徳に感謝することがひとつと、大聖人様の大願成就に異体同心することが目的です。

ぜひとも年1回の大事な法要ですから、欠礼することの無いよう参詣し、御供養も奮発してください。

さて、表題を読んできな臭い雰囲気を感じた人もいるでしょうが、私は顕正会員でしたので、浅井昭衛の影響を大きく受けています。しかし、顕正会が謗法団体であると思っていますし、浅井昭衛その人も信じるに足るリーダーなどではないと思っています。

 

迷走する顕正会を斬る―浅井昭衛会長の足跡と変節

迷走する顕正会を斬る―浅井昭衛会長の足跡と変節

 

しかし、全否定でもなく全肯定でもなく、意見は意見として吟味するというスタンスを取っています。

日蓮正宗信徒さんの多くは、絶対主義者や盲信者が多い(これは創価・顕正も同じですけど)ので、私のような物事を分けて考える人間は非常に嫌われます。顕正会の回し者と思っている人もいるようですが、それは全く違っています。

しかし、日蓮正宗および日蓮正宗創価学会がかつて標榜していたことと、今現在のスタンスに大きな違いがあることが、間違っているのかいないのかについては、大きな関心があります。

広宣流布の為に法華講は、折伏を日々貫いているではないかという話は理解できますが、日蓮大聖人様の御遺命はなんだったのかという本質論を飛ばして、いくら信徒数が増えようともそれだけでよいはずがないと思っています。

 

私にとって大きなインパクトを与えたのは、平成7年の阪神淡路大震災・平成8年、9年と連続して大きな姿を見せた百武・ヘールボップの大彗星、そして平成10年の正本堂解体、平成21年の東日本の大震災でした。

その間、中国の経済発展と軍拡、強烈な反日姿勢は、25年前から顕正会でいわれていた通りとなってしまいました。北朝鮮も潜水艦から水爆を発射する段階に来ています。

創価学会折伏をあきらめ、選挙主義に転じた昭和45年ころからの流れを見ていると、仏法は體、世間は影ということが痛いほど感じられるのです。

昭和48年のオイルショックで高度経済成長が止まり、平成2年にバブルが崩壊したのは偶然でしょうか?いずれも大謗法が行われた時期と重なります。

浅井氏の予言が的中したとは言えないのでしょうか?

 

「学会・宗門」抗争の根本原因

「学会・宗門」抗争の根本原因

 

国家諌暁という大聖人の御遺命は、御会式での「立正安国論と歴代上人の烈々たる国家諫暁(かんぎょう)の御申状を奉読して」済むものなのでしょうか。

戒壇建立の御遺命はどこへ行ったのでしょうか?広宣流布という言葉を聞くことも少なく、ましてや戒壇建立など全く聞きません。

戒壇の事と義の意味が問題になって、池田氏の主張する意味ではないとしても、戒壇の大御本尊様が居られる場所はいつでも事の戒壇だと強弁してしまったのですから、今更戒壇建立も浸透するはずがないのです。

立派な奉安堂が存在し、目に見えてしまうのですから。

今の日本の国はもうすぐ「自惟孤露。無復恃怙。」を現証として身に受けるでしょう。

フィリピンの大統領は、中国の軍門に下ってしまいました。

アメリカの次期大統領は、どちらがなっても日本にとって敵側に組する人です。

孤立無援の中、大国に挟み撃ちされ呻吟することになるのが見えています。

 

日蓮大聖人に帰依しなければ日本は必ず亡ぶ―日本国民に告ぐ!

日蓮大聖人に帰依しなければ日本は必ず亡ぶ―日本国民に告ぐ!

 

諌暁書、懐かしいですね。

今振り返ってみると、とうとうここまで来てしまったかとの感慨が胸にこみ上げてきます。何もできなかった自分を申し訳なく思うのです。

創価・顕正が目指し、今の日蓮正宗が目指すのも民衆を当てにした折伏法戦主義です。これは戸田氏が創価学会躍進の時に立てた戦略の踏襲です。

昭和20年から約25年経った、昭和47年にこの路線は崩壊しました。それは、昭和45年に国立戒壇問題に絡んだ共産党の追及によって、民衆立の戒壇なるものがでっち上げられ、正本堂という建物が象徴する大謗法が出現してしまったからです。憲法違反の汚名を恐れ、国立戒壇を捨てた公明党は存在意義などないはずで、真っ向から勝負し散るなら散ったでよかったのですが、不正と利権と金にまみれた池田の妄執に、宗門が引きずられ、昭和52年路線で正体が現れたときには手が付けられなくなっていたのです。

 

強引に広宣流布達成にしてしまいたい創価学会の動き、一方では元妙信講の反抗もあって、宗内は混乱し始めました。
 そういう中で、工事中であった正本堂が完成する時を迎え、日達上人は、正式な決着をさせなければならない、ということで、昭和47年の初めに訓諭(日蓮正宗における公式決定)を発令されました。
 「正本堂の意義につき、宗の内外にこれを闡明(せんめい)し、もって後代の誠証となす。正本堂は、一期弘法付属書並びに三大秘法抄の意義を含む、現時における事の戒壇なり。即ち正本堂は、広宣流布の暁に本門寺の戒壇たるべき大殿堂なり。但し、現時にあっては、いまだ謗法の徒多きが故に、安置の本門戒壇の大御本尊はこれを公開せず、須弥壇(しゅみだん)は蔵の形式をもって荘厳し奉るなり。然れども八百万信徒の護惜建立は、未来において更に広布への展開を促進し、正本堂はまさにその達成の実現を象徴するものと云うべし。」
                           (昭和47年4月・日達上人訓諭)

 すなわち、「正本堂の意義は、一期弘法抄・三大秘法抄に示されている本門寺戒壇という意味を含む、現時における事の戒壇である。
 すなわち正本堂は、広宣流布が達成された暁には、本門寺の戒壇となるであろう大殿堂である。しかし今は、国中に謗法の徒が多くて、いまだ広宣流布の時ではないから、本門戒壇の大御本尊は公開せず、須弥壇は蔵の形式にして御安置申し上げる。
 しかしながら、800万世帯に及んだ折伏がさらに進んでいくならば、未来において広宣流布へと進展していくものと思われ、正本堂はその達成の実現を象徴するものである。」  これが、日達上人が最終的に述べられた正本堂の意義であります。  前に『百六箇抄』の「三箇の秘法建立の勝地は富士山本門寺の本堂なり」との仰せを挙げましたが、この正本堂という名称は、「正しく本堂である」ことを示しています。
 つまり、正本堂は、現時点においては大石寺の本堂でありますが、広宣流布が達成されれば、大石寺が大本門寺と改称され、その時、正本堂はまさに大本門寺本堂になる―という意味において、近き将来の広宣流布達成を期待し、大本門寺本堂たるべき建物として「正本堂」という名称を許されたのであります。

 なおまた、 この訓諭の中に、 「現時における事の戒壇」という表現がありますが、『三大秘法抄』や『一期弘法抄』を拝すると、広宣流布が達成された時に本門事の戒壇を建立する、とあります。
 では、広宣流布になっていないのに、今の時点で「現時における事の戒壇」と呼んでよいかどうか、ということが問題になってきますが、この戒壇のことについて日達上人は、概要、
 「大御本尊まします処は、何時いかなる時であっても、そこが本門(事)の戒壇であり、これを根本として、さらに未来に広宣流布が達成した暁、全世界の信仰の中心・根本道場としての戒壇の建造物を建てる」(趣意) との法門を明かされました。
 つまり、「本門戒壇の大御本尊まします処は、広宣流布の達成の後であっても前であっても、どんな場所であっても、すべて本門(事)の戒壇である。これを根本として、さらに、広宣流布が達成された時は、そこが全世界の信仰の中心・根本道場としての戒壇の建物を建てる。それが大本門寺本堂、大本門寺戒壇である」と示されたのです。
 ここで日達上人は、戒壇に二重の意義を示されていますが、これはもちろん、日達上人が勝手に言われたことではなく、日蓮正宗の法義として、大聖人以来の法門として定まっていることを、整理体系化されて、わかりやすくお示しくださったものであります。
 その証拠に、26世日寛上人の『依義判文抄』にも
 「一大秘法とは即ち本門の本尊なり、此の本尊所住の処を名づけて本門の戒壇と為す。此の本尊を信じて妙法を唱うるを名づけて本門の題目と為すなり、故に分かちて三大秘法と為すなり」(『依義判文抄』聖典863頁)
と仰せられております。
 一大秘法である本門の本尊、これはすなわち弘安2年の大御本尊の御事ですが、この大御本尊御安置の処を名付けて本門の戒壇というのである、との仰せです。
  ですから、 大御本尊御安置の処は、何時いかなる時、いかなる場所であっても、本門の戒壇です。
 そして、この上にさらに、広宣流布が達成した時は、全世界の信仰の中心・根本道場として、大本門寺を富士山の麓に建てて、その大本門寺本堂に大御本尊を御安置する、そこが大本門寺戒壇である、ということです。
 その、将来の大本門寺として、日興上人はあらかじめ大石寺をお建てになり、さらに、将来の大本門寺の本堂として、日達上人はあらかじめ正本堂の建立をお許しになった、ということなのであります。

あらかじめ建てた本堂は、建立後25年目に解体が決定し、寄進供養した創価学会員も信徒資格を喪失してしまいました。 創価学会だけが悪かったというのは、あまりにも無慙ないいようだと思うのは私だけなのでしょうか?

反抗して解散処分になった顕正会(妙信講)は、昭和49年から約25年経った平成11年に血脈否定と御本尊様不敬を始め、一気に折伏法戦に勢いを失いました。これまた、浅井氏の人間性のお粗末さで一信徒に戻るには、自分の創った宗教団体を手放すのが惜しくなったのです。正本堂という謗法の建物を崩壊まで追い込んだのは、確かに浅井氏の手柄でしょう。しかし、慢心は恐ろしいもので引き返せないところまで来てしまったのです。あの時、会員に号令して宗門に入信させ、自分も除名処分解除の願い出を出していれば、御隠尊猊下との和解も成立していたのではないでしょうか?

修羅根性の恨みつらみで根に持ったままの浅井氏は、魔の手先と堕してしまったのです。許しがたいのは、日達上人・日顕上人憎しのあまり、お二人の御本尊様を会員宅から回収し、勝手に印刷した日寛上人の御本尊に変えてしまったことです。

本尊偽造の大罪は絶対に許されません。

諸天の護りも平成10年以降はピタっととまってしまいました。組織の混乱も加速度的に増えたようです。

私自身は平成9年の信徒資格喪失の決定が大きかったと思います。正宗寺院で御授戒を受けたものは、それまでは守られていました。自分の人生が転落傾向になったのもこの時期でした。平成10年はひとまずのターニングポイントだったと思います。

今年は創価が破門になって25年。戒壇の御本尊様を陰で偽物呼ばわりしながら、各家庭に日寛上人の御本尊様を安置する、狂気の団体に成り下がり、この国のこの一年は災害続きでした。

 

三大秘法義

三大秘法義

 

日蓮正宗の出版物の中で、かろうじて御遺命の戒壇について言及されているのは、御隠尊猊下の「三大秘法義」だけですが、そのなかの戒壇の章は悲しくなるほど分量も少なく、記述された内容もあいまいです。

当事者だから後ろめたさもあるのでしょうが、あまりに無慙としか言いようがありません。事相はその時にならなければわからないから。。。で終わりです。

何を目指して折伏せよというのでしょうか。

広宣流布を語り、国家諌暁を語り、日本の国に事の戒壇建立を語ることが、日蓮正宗信徒の本懐なのではないのでしょうか?

天皇陛下や皇室のあり方が世間でも少し話題になりました。

日蓮正宗はこの国の国主を民衆だとしていますが、本当にそれが正しい仏法からの考え方なのでしょうか?

民主主義はキリスト教の亜種であることは、政治哲学者の首肯するところです。

共産主義キリスト教唯物論ユートピア思想に変換したものです。

観念的平等とか、民が主とか、これらの思想は外道思想であり、自界叛逆の思想ではないのでしょうか?

世間の無用な誤解を避けるために、国立戒壇という言葉は用いない。。。物は言いようですが、真相は単に公明党が選挙に負けるから使わないようにしただけですよね。当時を記憶する老僧も信徒も知っているはずです。

天皇陛下が国主であることを再認識し、この国を天皇陛下にお返しし、それでも豊かな国柄を築くために陛下に日蓮正宗の信仰を持っていただく。それが悲願であり勅使門や紫宸殿御本尊様の意味ではないでしょうか?

今更取り返しがつくのかつかないのか、私は不安と焦燥でいっぱいですが、御会式の季節に一考申し上げる次第です。

 

御会式捧読 立正安国論並御申状 付通解

御会式捧読 立正安国論並御申状 付通解