読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

【RPE】★ヒラリー・クリントン、FBI副長官を買収???

RPE Journal==============================================

 

       ロシア政治経済ジャーナル No.1454


               2016/10/26

===========================================================

ヒラリーさんに「FBI副長官を買収した」疑惑が出てきました。

 

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


「世界最大のリアリティーショー」アメリカ大統領選挙、あとし
ばらくで結果がわかります。

数々のわいせつ行為が暴露され、苦境に陥っているトランプさん。

一方で、ヒラリーさんは、「私用メール問題」を抱えていました。

ところが、ここにきて「新たな疑惑」が出てきました。

 

▼ヒラリーは、FBI幹部を買収したのか?

 

こちらの仰天報道をごらんください。

 

<米大統領選 クリントン氏と親密な知事の政治団体、FBI幹部
の妻に5200万円大口献金

産経新聞 10月25日(火)9時10分配信

 【ワシントン=小雲規生】米大統領選の民主党候補クリントン
と親密なバージニア州知事の政治団体が、連邦捜査局FBI)幹
部アンドリュー・マッケイブ氏の妻で、2015年に同州議会の上
院選挙に立候補した女性に約50万ドル(約5200万円)の献金
をしていたことが分かった。

24日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じた。>

 

ヒラリーさんと親密なバージニア州知事の政治団体が、FBI幹部ア
ンドリュー・マッケイブの妻で、バージニア州上院選挙に立候補
た女性に、

50万ドル(約5200万円)献金した。

 

バージニア州知事は、マコーリフさんといいます。

マコーリフさんは、


1996年、ビル・クリントンの大統領再選キャンペーン、

2008年、ヒラリー・クリントンの大統領選挙キャンペーン


を率いた人物で、クリントン夫妻と、とても親密。

それで、マコーリフさんの団体が、ヒラリーさんの意志と無関係に
FBI幹部の妻に献金したとは考えにくい。

 

<マッケイブ氏は選挙後の7月末にFBI副長官に昇格し、クリン
トン氏の私的メールアカウント使用問題の捜査に関わった。

マッケイブ氏の妻はメール問題が発覚した3月に出馬を表明したが、
6月の選挙戦で共和党の現職候補に敗北した。

FBIはマッケイブ氏が妻の選挙運動には関わらなかったとしてい
る。>(同上)

 

ヒラリーさん友人が5200万円献金した女性の夫は、FBI副長官に昇
格した。

彼は、ヒラリーさんの「メール問題」に関わったのでしょうか?

AFP=時事10月25日付には、こうあります。

 

<この幹部はその後、クリントン氏の私用メール問題の捜査を監督
する立場になった。>

 

もう一度整理してみましょう。


1、ヒラリーさんの友人は、FBI幹部の妻に5200万円を献金した。

2、このFBI幹部は、後にFBI副長官になり、ヒラリーさんの「メー
ル問題」を「監督する立場」になった。

 

これは、偶然でしょうか?

「メール問題」の捜査を監督する人物を「買収」したのでは?

当然、こんな疑惑が出てきますね。

トランプさんの反応は?

 

<この報道を受け、共和党候補ドナルド・トランプ(Donald
Trump)氏(70)は「クリントン氏は説明責任を果たすべきだ」
と批判している。>(同上)

 

この問題は、どうなるのでしょうか?

 

▼ヒラリーは、「超法規的」存在

 

これ、日本人の感覚だったら、アウトかもしれません。

日本であれば、有罪が確定する前に、マスコミが騒いで退場にな
ります。

実際、日本では、「金銭問題」で多くの政治家が失脚している。

しかし、ヒラリーさんは、どうも「超法規的存在」になっている
ようなのです。


日米関係、米中関係の本質を知りたい人にとって、アメリカ在住
政治アナリスト伊藤貫先生の


●「中国の『核』が世界を制す」

(詳細は→ http://tinyurl.com/jaw77rt )


は、必読です。


伊藤先生によると、クリントン夫妻は、中国から金を受け取って
いた。

しかも、80年代から。

 

クリントン夫妻とリッポ財閥の腐敗した癒着関係は、少なくと
も一九八三年から始まっている。>

(「中国の『核』が世界を制す」261p)

 

「リッポ財閥」とは何でしょう?

 

中国共産党人民解放軍は、クリントン夫妻に対して多額の贈
賄をするパイプとして、インドネシア・香港・中国に拠点を持つ
リッポ・グループ(力宝集団)を使用した。

リッポ・グループはインドネシアの華僑財閥・リアディ家が所有
する企業集団であり、銀行業・不動産業・流通業・観光業等を経
営している。>(同上260p)

 

「多額の贈賄をするパイプ」として利用される企業。

なんとも「中国らしい」話です。

 

<ヒラリー夫人が上級パートナーを務めるアーカンソーの法律事
務所は、この時期から、リッポグループの「顧問」として高額の
報酬を得ている。

FBIは、「クリントン夫妻と人民解放軍スパイ機関との協力関係
が始まったのは、たぶんこの頃だろう」と推定している。>
(261p)

 

この部分は、かなり衝撃的。

なんとFBIは、「クリントン夫妻と人民解放軍スパイ機関が協力
関係にあることを知っている」。

では、なぜヒラリーさんは、オバマ政権で国務長官を務め、民
主党の大統領候補になれたのでしょうか?(理由は、後述。)

そして、ヒラリーさんの夫ビルは1992年、「中国の金も」使っ
て、大統領選に勝利。

さらに1996年、また「中国の金も」使って、再選を果たした。

 

クリントン夫妻は一九九二年の大統領選に出馬したとき、リ
アディから少なくとも(後に判明しただけでも)一二五万ドル
の賄賂(違法な政治資金)を受け取っている。

一九九六年の大統領選挙では、リアディ(リッポ・グループ)
からクリントン夫妻へ、はるかに巨額な賄賂が動いた。>(261p)

 

そして、驚くべきことに、「クリントン夫妻が中国から金ももら
っていたこと」は「公」にされます。

しかし・・・。

 

<一九九七年にこの事実が明るみに出たとき、クリントン夫妻は、
「われわれはカネを受け取ったかもしれないが、何も憶えていな
い。

誰がカネを出したのか、われわれは何も知らない」と言い張って、
逃げてしまった。>(261p)

 

ここで、再度疑問がわきます。

なぜクリントン夫妻は、中国から違法な金ももらい、しかもFBI
がそれを知りながら、罪に問われないどころか、出世しつづける
ことができたのか?

 

<一九九二~九六年のFBIとNSAの盗聴活動により、中国政府の首
脳部が米国政界に対して大規模な贈賄工作を実行していることは
明らかであったが、国務省ペンタゴン・司法省・CIAは、この
大規模な贈賄工作を止めることはできなかった。

たぶんこれらの組織は、政治的な理由から動けなかったのだろう。>
(278p)

 

FBI、NSAは知っていたが、「国務省」「ペンタゴン」「司法省」
「CIA」は、「政治的な理由」から動けなかった。(!)

伊藤先生は、さらに解説をつづけます。

 

<米民主党の政治家たちが中国から収賄しているというニュース
がアメリカのマスコミに載るようになったのは、一九九六年後半
である。

(中略)

この大規模な贈賄工作が、中国政府のスパイ組織による深刻な外
交問題であるという解説記事が米マスコミに載るようになった
のは、一九九七年の春以降のことである。>(279p)

 

これを受けて、FBIは、事実関係の調査に乗り出した。

ところが・・・。

 

<しかしFBIと連邦政府検察官による贈賄事件の捜査は、数か月
しか続かなかった。

一九九七年初頭、ホワイトハウスの命令を受けた司法省が、こ
の件に関する捜査を打ち切る決定を下したからである。>(279p)

 

しかも、「露骨な圧力」があった。

 

<この事件の捜査を続行するために独立検察官を任命すること
を主張したキャリア検察官、チャールス・ラベラは、即刻、解
雇された。

他の検察官たちはラベラが即座にクビになったのを見て、「こ
の事件には、深入りしないほうがよい」と理解した。>(279p)

 

ここでわかるのは、「アメリカは三権分立の確立された理想的
な民主主義国」というのが「幻想だ」ということ。

アメリカにおいても、中ロ動揺、「政治」が「司法」より強い
のでしょう。


ヒラリーさんは、いわゆる「私用メール問題」も逃げ切りまし
た。

今回の「FBI幹部買収疑惑」も、おそらく大さわぎにならない
と思われます。


ここまで読まれた皆さんは、きっと「反吐が出そうだ!」と
思われていることでしょう。

しかし、ヒラリーさんは、日本の軍事同盟国アメリカの大統
領になる可能性が高い人。

中国に対抗するためには、「大事にしなければならない人」。

とはいえ、彼女に関する「不都合な真実」も知っておくべき
ですね。


●PS1

ヒラリー・クリントンに関する「不都合な真実」といえば、

この本は必読です。


クリントンキャッシュ

 

クリントン・キャッシュ

クリントン・キャッシュ

 

 


「ヒラリー財団」や「ビル・クリントン講演」の「グレー

ゾーン」に関する本。


これを読むと、ヒラリーさんは、ロシア、カザフ、インド、

アフリカ、中東、南米でも大金を稼いでいて、

「中国依存度」がかなり下がっていることがわかります。

ある面「ホッ」とする本(笑)かもしれません。

しかし、正義感が強すぎる人は、読まない方がいいかもしれま
せん。

 

ヒラリーを逮捕、投獄せよ Lock? Her Up !? ロック ハー アップ

ヒラリーを逮捕、投獄せよ Lock? Her Up !? ロック ハー アップ