読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

法誉の一善

皆様こんにちは。達郎です。
いつも私の拙いメルマガをお読み頂きましてありがとうございます。m(_ _)m

今回は『法誉の一善』というお話を致します。

広州にいた法誉の性格はすこぶる麁悪(そあく)であったため、死後、閻魔王庁に送られてきた。

魔王は配下の録官に法誉の悪事の数々を検(しら)べるように命じた。

録官はまた、馬頭(めず)・牛頭(ごず)の大力の羅刹(らせつ)に善悪を記した札を王の所に運載するように命じた。

ために六人の力士が大鉄扉の蔵に入って鉄札を取り出し、三車に満載し、力を尽くして庁前に運んだ。

録官が検べてみると札には悪事のみが記されていて、善事 は少しも見ることができなかった。
そこで諸(もろもろ)の録史が魔王に
「全く善事を記してありません」
と報告すると、王は法誉に
「汝(なんじ)は最悪の人間である。せっかく人間に生まれながら、それでは宝山に入って宝を得ないようなものだ」
と怒った。

そして録史に
「三車に積まれた札を全部検べたか」
と聞くと録史は
「二車は検べ終わりまして、残る一車もまもなく終わるところです」
と答えた。

あるいは少しぐらいの善事は有るかと思って王は細かく検べるように命じた。

仕方なく録史がさらに細かく検べてみると、中古の小さい札の端に一善が記されていた。
それは法誉がかって寺に詣(もう)で、法華経の講説を聴聞したという記録であった。

これを録史が魔王に報告すると、王は喜び
「善いかな、汝には法華経聞法の大功徳がある。五十展転・初随喜の功徳は二乗の極聖に勝れている。まして聴聞はそれ以上である。滅せぬ罪があろうはずがない。汝は天界に生じるであろう」
と言って人間界にもどしてあげた。
さらに王は配下に
「たとえ悪業が無量であっても一善には及ばない。どうしてその一善を賞讃しないことがあろうか。おまえ達はすぐに悪事を記した札を焼却しなさい」
と言った。

直ちに王の命令で札は焼かれてしまった。これを法誉はまの当たりに見て希奇の念を生じ、人間に生き返ることができたのであった。

これは『法華伝記』に記されていて、日寛上人は「信心がなくとも僅(わずか)に一度法華経を聴聞した功徳によって無量の罪障を消滅し、鉄札を焼失することができたのである。
まして二度、三度、聴聞した人の功徳はもっと大きい。その上、信心をもって聴聞した人は成仏が疑いない。
だからこそ日々寺院に参詣することが大切である」
と述べられている。
(歴代法主全書四巻)
(高橋粛道)
日蓮第505号82頁

今回は『法誉の一善』と言うお話をメルマガに致しましたが、このお話は私がこのメルマガを始めてまもない頃にメルマガに選んだことを、今でも覚えております。
本当は日蓮大聖人の御書の中で、真偽未決になっております「十王讃歎抄」と言う御書の原文をそのままを、少しだけ分かり易く書かれた文章を、ネットで見つけましたが、このお話をしますと、かなり長くなりますしまた、もっと分かり易く書かれたものは、宮城布教区広安寺御住職三浦接道御尊師様が、お書きになられた
「仏法のさんぽ道」
と言う本に書かれておりますお話の方が、もっと分かり易く書かれておりますので、やめにしました。

このメルマガを始めたのが、今から13年前の平成15年4月でして、始めた時は自分を含めて3人の法華講員が、それぞれ自分が日蓮正宗の信心に関するお話を選んで、メルマガを始めましたが、1人やめてまた1人やめて、最後までやってきたのは、自分だけになってしまいました。
この13年という年月を振り返ってみますと、色々なことがありました。
ここまで続けてこれましたのも、ひとえに皆様のお陰であると、常々感じております。
当時は、携帯で見ることができる日蓮正宗のお寺のHPは、数も少なくまた、法華講員さんが管理人となってやってるHPもありましたが、やはりパソコンで見ることができるHPの方が、多かったような気がします。
それも、今ではスマートフォンのお陰で、パソコンがなくても、見ることができるようになりましたが、これも年月の流れを感じるものです。
私事で恐縮致しますが、今日は自分の母の葬儀の日でして、母との最後の日に、このメルマガも最後の日を迎えることも、何か感じることがありますが、全て御本尊様のお計らいと思っております。
皆様には今日まで、本当にありがとうございました。

時節柄、体調を崩しやすい時期ですので、くれぐれも体調管理に注意されまして、日々をお過ごしください。

達郎

m(_ _)m

 

病によりて道心はおこり候―祈りは必ず通じる (法華講員体験シリーズ)

病によりて道心はおこり候―祈りは必ず通じる (法華講員体験シリーズ)

 
御本尊を信じさせ給へ―この信心しかない! (法華講員体験シリーズ)

御本尊を信じさせ給へ―この信心しかない! (法華講員体験シリーズ)

 
悪変じて善となる―変毒為薬の実証明らかに (法華講員体験シリーズ)

悪変じて善となる―変毒為薬の実証明らかに (法華講員体験シリーズ)

 
大願とは法華弘通なり―地湧倍増は折伏にあり! (法華講員体験シリーズ 3)
 
祈りとして叶わざるなし―なんとしても折伏させてください (法華講員体験シリーズ)

祈りとして叶わざるなし―なんとしても折伏させてください (法華講員体験シリーズ)

 
広宣流布の時なり―世界に広がる折伏の息吹き (法華講員体験シリーズ 5)
 
信仰の寸心を改めて―改宗して本当に良かった! (法華講員体験シリーズ 4)