フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

宗教は妄想なのか?

 

神は妄想である―宗教との決別

神は妄想である―宗教との決別

 

宗教は妄想なのかどうか、我々人類は未だ確たる証拠を提示できていません。

私自身は日蓮正宗信徒ですが、宗教体験はあっても証拠なるものは持っていません。

例えば信仰のおかげで救われたと信じている事例は、いくらでも推挙できますが、その客観的な裏付けは存在しません。自分の心の中で整合性を保っているだけです。

一方でニーチェの言うように、宗教職業人への会議の目を持っています。

 

実存からの冒険 (ちくま学芸文庫)

実存からの冒険 (ちくま学芸文庫)

 

ハイデガーの哲学を研究していた木田先生の影響もうけています。

なぜ信じているのか?と問われれば、それは創価学会員の両親のもとに生まれたというのが最大要因であったことを認めざるを得ません。

ただ、宗教が妄想であり無意味だったとしたならば、人生もまた無意味になってしまうことを知っています。

自分の人生に意味が欲しい。

超常的な力の守護が欲しい。

死んでから地獄に行きたくない。

それが現在の信仰の動機です。

熱狂的な法華講員のように、猊下様、御住職様と心酔する気にはなれません。

実存主義の本を読んでも心が平和になることはありません。

お題目を御本尊様に唱えていても日によって心境は違います。

しかし、自分の人生の節目を日蓮正宗の御本尊様に祈ることで、救われてきたという実感を主観的確信によって支えているにすぎません。

結果論的に日蓮正宗に帰依できたことを感謝しているに過ぎないかもしれません。

それでも、日蓮正宗の御本尊様に出会えた法悦をときおり感じるのです。

 

実存主義とは何か

実存主義とは何か

 
サルトル『実存主義とは何か』 2015年11月 (100分 de 名著)

サルトル『実存主義とは何か』 2015年11月 (100分 de 名著)

 
実存主義 (岩波新書 青版 456)

実存主義 (岩波新書 青版 456)

 
荘子―古代中国の実存主義 (中公新書 (36))

荘子―古代中国の実存主義 (中公新書 (36))

 
実存主義 (1962年) (岩波新書)

実存主義 (1962年) (岩波新書)

 
実存主義 (文庫クセジュ 13)

実存主義 (文庫クセジュ 13)

 
存在と無〈1〉現象学的存在論の試み (ちくま学芸文庫)

存在と無〈1〉現象学的存在論の試み (ちくま学芸文庫)

 
嘔吐 新訳

嘔吐 新訳

 
哲学入門 (ちくま学芸文庫)

哲学入門 (ちくま学芸文庫)

 
哲学入門 (新潮文庫)

哲学入門 (新潮文庫)

 
実存と構造 (集英社新書)

実存と構造 (集英社新書)

 
サルトル全集〈第13巻〉実存主義とは何か (1955年)

サルトル全集〈第13巻〉実存主義とは何か (1955年)

 
実存哲学概説 (1962年) (実存主義叢書〈3〉)

実存哲学概説 (1962年) (実存主義叢書〈3〉)

 
実存主義入門 (1962年) (実存主義叢書〈第1〉)

実存主義入門 (1962年) (実存主義叢書〈第1〉)

 
実存主義辞典 (1964年)

実存主義辞典 (1964年)

 
実存主義入門―新しい生き方を求めて (講談社現代新書 168)

実存主義入門―新しい生き方を求めて (講談社現代新書 168)

 
「認められたい」の正体 ― 承認不安の時代 (講談社現代新書)

「認められたい」の正体 ― 承認不安の時代 (講談社現代新書)

 
超訳 哲学者図鑑

超訳 哲学者図鑑

 
実存主義の文学 (1955年) (河出新書)

実存主義の文学 (1955年) (河出新書)

 
Value, Price,  and  Profit (1910) (English Edition)
 
存在と時間 2 (古典新訳文庫)

存在と時間 2 (古典新訳文庫)

 
アメリカ文学と実存主義―フロスト,ヘミングウェイ,ユダヤ作家

アメリカ文学と実存主義―フロスト,ヘミングウェイ,ユダヤ作家

 
実存からの冒険 (ちくま学芸文庫)

実存からの冒険 (ちくま学芸文庫)

 
サルトル全集 第13巻 実存主義とは何か

サルトル全集 第13巻 実存主義とは何か

 
ニーチェ入門 (ちくま新書)

ニーチェ入門 (ちくま新書)

 
マルクス主義と実存主義 (1966年)

マルクス主義と実存主義 (1966年)

 
実存主義とは何か (人間存在の根源をさぐる)

実存主義とは何か (人間存在の根源をさぐる)

 
実存哲学―その生けるものと死せるもの (1964年) (実存主義叢書〈8〉)

実存哲学―その生けるものと死せるもの (1964年) (実存主義叢書〈8〉)

 
Jean-Paul Sartre: La morale introvablibe

Jean-Paul Sartre: La morale introvablibe

 
まんがでわかるニーチェ (まんがでわかるシリーズ)

まんがでわかるニーチェ (まんがでわかるシリーズ)

 
実存主義かマルクス主義か (1953年) (岩波現代叢書)

実存主義かマルクス主義か (1953年) (岩波現代叢書)

 
ハイデガー=存在神秘の哲学 (講談社現代新書)

ハイデガー=存在神秘の哲学 (講談社現代新書)

 
存在と時間〈下〉 (ちくま学芸文庫)

存在と時間〈下〉 (ちくま学芸文庫)

 
人間の哲学―マルクス主義と実存主義 (1964年)

人間の哲学―マルクス主義と実存主義 (1964年)

 
思想の現在―実存主義・構造主義・ポスト構造主義 (河合ブックレット)

思想の現在―実存主義・構造主義・ポスト構造主義 (河合ブックレット)

 
それでも人生にイエスと言う

それでも人生にイエスと言う

 
実存主義とアメリカ文学 (1967年)

実存主義とアメリカ文学 (1967年)

 
存在と時間

存在と時間

 
Man's Search For Meaning, Gift Edition

Man's Search For Meaning, Gift Edition

 
マルクス主義と実存主義 (1963年)

マルクス主義と実存主義 (1963年)

 
実存哲学と教育学 (1966年) (実存主義叢書〈14〉)

実存哲学と教育学 (1966年) (実存主義叢書〈14〉)

 
Eternità

Eternità

 
入門・倫理学の歴史 24人の思想家

入門・倫理学の歴史 24人の思想家

  • 作者: 柘植尚則,西村洋平,武富香織,菅原領二,秋保亘,吉田修馬,石田京子,水野俊誠,西川耕平,西山晃生,金成祐人,長門裕介,村上暁子,五味竜彦,花形恵梨子,圓増文
  • 出版社/メーカー: 梓出版社
  • 発売日: 2016/03/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
ラスト・ライティングス

ラスト・ライティングス

 
キェルケゴールの日記 哲学と信仰のあいだ

キェルケゴールの日記 哲学と信仰のあいだ