フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ポリティカル・コレクトネスは学問の進歩を妨げる

┠──────────────────────────────────
┃日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信 ┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2016年8月19日 ポリティカル・コレクトネスは学問の進歩を妨げる
──────────────────────────────────

おくやまです。

▼THE STANDARD JOURNAL|Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=_VBef3QypnY

先日の放送でも触れましたが、
ポリティカル・コレクトネス、
つまり「政治的に正しいとされていること」が、
実は学問の進歩を妨げている
という問題を指摘した記事がありましたので、
その要約を以下にご紹介しておきます。

この問題は、実は「タブー」という形で、
われわれの住む日本社会では
学問以外でもよく見られる現象です。

その最もたるものが、
私が研究している地政学
戦略学というものなのです(苦笑

ただしこれは、

社会的な価値観と学問的な真実は実は違う、

ということをわれわれに気付かせてくれる
という意味で、かなり重要な問題です。

( おくやま )

====

ポリティカル・コレクトネスは学問の進歩を妨げる
By アレックス・ベレゾウ
http://acsh.org/news/2016/08/11/political-correctness-prevents-advancement-of-science/

われわれは、学問によって居心地の悪さを感じることがある。

たとえば天文学は、地球が太陽の周りを
まわっていることを証明したおかげで、
神学における天動説をひっくり返したし、
物理学では、われわれの住む宇宙が
いつか終わりを迎えると言われている。

DNAの配列は、われわれの本当の祖先や、
ガンやアルツハイマーの遺伝的傾向を暴くことにより、
われわれの人生の考え方を永遠に変えてしまった。

このような研究の中には社会的に動揺を起こすものもあるため、
研究者たちが政治的に非難されることを恐れて、
その結果を公の場で語ることをやめるようなケースも少なくない。

ネイサン・コンファスという学者は、
「科学の土台」(Foundations of Science)という
専門誌に書いた論文(http://goo.gl/CvgFbE)の中で、
この恐怖が
「科学の探求における自己修正的な性質を妨げるものである」
と論じている。

コンファス氏の論文は、ギリシャ
「若者を堕落させた」という罪で処刑された、
古代ギリシャソクラテスの話から始まっている。

彼によれば、このような「処刑した側の考え方、
つまり社会道徳を脅かすような学問的な研究は
禁止すべきだとするものは、
今日でもまだ蔓延している」というのだ。

この論拠として、コンファス氏は
「集団や人種の間の知能の差を研究すること」
がタブーとなっていることを挙げ、
「それを語ることさえ道徳的に誤っているし、危険でさえある」
と信じる人々によって抑圧されている、と述べている。

このような見解を支持する人々は、
もちろん「差別を防ぐ」という立派な意図から
そのような見方をしていることは明らかだ。

ところが「地獄への道には善意が敷き詰められている」のであり、
完全な平等性というものを維持しようとする誤った努力は、
知識の進歩を妨げるものだ。

コンファス氏は、
「もしその仮説が特定の道徳的価値や
望ましい政治目標を支持していると見なされると、
学者は証拠が揃っているにもかかわらず、
その研究を止めてしまうことが多い」と述べている。

彼の言うことは正しいのであろうか?実は完全に正しい。

実際のところ、学者たちは
自分たちの研究において
政治的には好ましくない結果が出た場合に、
それを受け容れないだけでなく、
そもそも「政治的正しさに疑問を呈することさえ
自分の経歴を傷つけるものだ」と考えているほどだ。

ローレンス・サマーズといえば、
クリントン政権の元財務長官で、ハーバード大学の教授だが、
彼は「男女間では知的な面で差がある」
と示唆したおかげで終身在職権を剥奪されている。

このような厳しい圧力のおかげで、
何人かの学者たちは確実に存在する
この「男女の脳の違い」を研究することさえ
ためらっているのだ。

このような遠慮的な態度は、
神経科学という学問の進歩にとっては
明らかに「足止め」となっている。

同じようなことは、気候学の分野にも起こっている。

たとえば気候変動についての
政治的に唯一正しい考え方というのは、
「すべて悪いことは100%人間の責任によるものである」
というものであり、
「地球にはすでに死神がやって来つつある」というものだ。

このような「この世の終わり」的で
非科学的な考えについて疑問の声を挙げた学者たちは、
結果的に「気候変動否定者」(climate deniers)
というレッテルを貼られたりしている。

もちろん気候学というのは、
より懐疑的で慎重な「煮え切らない」
アプローチによって進歩するはずなのだが、
あまりにも多くの人々が、
このようなアプローチをとったおかげで
放逐されたり悪魔化されたりしている。

ホームレスの原因についての議論でも、
政治的に正しいかどうかが問題となっている。

政治的に正しい説明」によれば、
ホームレスの原因は貧困にあるということになっている。
たしかに貧困は、その一つの原因であることは明らかだ。

ところがその議論で無視されることの多いのは、
全米ホームレス協会のデータによると、
20%から25%のホームレスが精神的に重い病を抱えており、
これは全人口の中の割合と比べても
4倍の数になるという事実だ。

同じデータでは、
ホームレスの中の38%がアルコール依存症であり、
26%が薬物依存症であると推察されている。
そのデータでは
「ホームレスを生み出している最大の原因が
アルコール・麻薬依存症にある」と指摘されている。

たしかに多く(というかほとんど)の人々は、
心地良い幻想を優先して現実を無視することを好むのかもしれない。
コンファス氏は、この現象の原因として
「事実と道徳的な価値観を合成しようとするのは
人間の本能的な衝動にある」と考えている。

これをいいかえれば、
世界をありのままに描き出す(ポジティブな)説明は、
「世界はこうあるべきである」と定める規範的な言葉に
「自動変換」されてしまうことが多いということだ。

このような根本的な混乱は、学問の議論をゆがめ、
その進歩を妨げてしまうものだ。

もしコンファス氏の
「われわれの認知不一致は人間の本性につきものである」
という点が正しいとすれば、
証拠を元にして作成される政策の目標は、
残念ながら、いつまでも達成できないことになるだろう。

(了)

====

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

 

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)

 
世界を変えたいなら一度

世界を変えたいなら一度"武器"を捨ててしまおう

 
地政学―アメリカの世界戦略地図

地政学―アメリカの世界戦略地図

 
なぜリーダーはウソをつくのか 国際政治で使われる5つの「戦略的なウソ」

なぜリーダーはウソをつくのか 国際政治で使われる5つの「戦略的なウソ」

 
“悪の論理”で世界は動く!~地政学?日本属国化を狙う中国、捨てる米国

“悪の論理”で世界は動く!~地政学?日本属国化を狙う中国、捨てる米国

 
現代の戦略

現代の戦略

 
アメリカの対中軍事戦略 エアシー・バトルの先にあるもの

アメリカの対中軍事戦略 エアシー・バトルの先にあるもの

  • 作者: アーロン・フリードバーグ,平山茂敏,平賀健一,八木直人,石原敬浩,後瀉桂太郎,奥山真司
  • 出版社/メーカー: 芙蓉書房出版
  • 発売日: 2016/05/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
平和の地政学―アメリカ世界戦略の原点

平和の地政学―アメリカ世界戦略の原点

  • 作者: ニコラス・J.スパイクマン,Nicholas John Spykman,奥山真司
  • 出版社/メーカー: 芙蓉書房出版
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 14回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 
自滅する中国

自滅する中国

 
地政学の逆襲 「影のCIA」が予測する覇権の世界地図

地政学の逆襲 「影のCIA」が予測する覇権の世界地図

 
戦略論の原点(普及版)

戦略論の原点(普及版)

 
南シナ海が“中国海”になる日 中国海洋覇権の野望 (講談社+α文庫)

南シナ海が“中国海”になる日 中国海洋覇権の野望 (講談社+α文庫)

 
進化する地政学―陸、海、空そして宇宙へ (戦略と地政学)

進化する地政学―陸、海、空そして宇宙へ (戦略と地政学)

 
帝国の参謀 アンドリュー・マーシャルと米国の軍事戦 略

帝国の参謀 アンドリュー・マーシャルと米国の軍事戦 略

 
エドワード・ルトワックの戦略論

エドワード・ルトワックの戦略論

 
戦略の格言―戦略家のための40の議論

戦略の格言―戦略家のための40の議論

 
地政学入門―外交戦略の政治学 (中公新書 (721))

地政学入門―外交戦略の政治学 (中公新書 (721))

 
米国世界戦略の核心―世界は「アメリカン・パワー」を制御できるか?

米国世界戦略の核心―世界は「アメリカン・パワー」を制御できるか?

 
マッキンダーの地政学―デモクラシーの理想と現実

マッキンダーの地政学―デモクラシーの理想と現実

 
幻想の平和 1940年から現在までのアメリカの大戦略

幻想の平和 1940年から現在までのアメリカの大戦略

  • 作者: クリストファー・レイン,奥山真司
  • 出版社/メーカー: 五月書房
  • 発売日: 2011/08/26
  • メディア: 単行本
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る
 
剣の刃 (文春学藝ライブラリー)

剣の刃 (文春学藝ライブラリー)

 
大国政治の悲劇 改訂版

大国政治の悲劇 改訂版

 
現代の軍事戦略入門: 陸海空からサイバー、核、宇宙まで

現代の軍事戦略入門: 陸海空からサイバー、核、宇宙まで

 
南シナ海 中国海洋覇権の野望

南シナ海 中国海洋覇権の野望

 
世界史で学べ! 地政学

世界史で学べ! 地政学

 
胎動する地政学―英、米、独そしてロシアへ (戦略と地政学)

胎動する地政学―英、米、独そしてロシアへ (戦略と地政学)

 
イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 1

イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 1

 
21世紀 地政学入門 (文春新書)

21世紀 地政学入門 (文春新書)

 
大国政治の悲劇 米中は必ず衝突する!

大国政治の悲劇 米中は必ず衝突する!

 
戦略論の原点―軍事戦略入門

戦略論の原点―軍事戦略入門

 
インド洋圏が、世界を動かす: モンスーンが結ぶ躍進国家群はどこへ向かうのか

インド洋圏が、世界を動かす: モンスーンが結ぶ躍進国家群はどこへ向かうのか

  • 作者: ロバート・D・カプラン,奥山 真司,関根 光宏
  • 出版社/メーカー: インターシフト
  • 発売日: 2012/07/06
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 27回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 
戦略論

戦略論

 
ストレスチェックフォローに最適! こころの健康づくり 社内研修ツール

ストレスチェックフォローに最適! こころの健康づくり 社内研修ツール

 
すべての富を中国が独り占めする

すべての富を中国が独り占めする

 
大学生の規範意識と社会性の発達―山形大学学生不祥事防止検討プロジェクトの取り組みから

大学生の規範意識と社会性の発達―山形大学学生不祥事防止検討プロジェクトの取り組みから

 
「感情」の地政学――恐怖・屈辱・希望はいかにして世界を創り変えるか

「感情」の地政学――恐怖・屈辱・希望はいかにして世界を創り変えるか

 
SWITCH Vol.32 No.10 ◆ FASHION ISSUE ANREALAGE

SWITCH Vol.32 No.10 ◆ FASHION ISSUE ANREALAGE

 
2050年の日本列島大予測 (晋遊舎ムック)

2050年の日本列島大予測 (晋遊舎ムック)

 

 

日本人の特徴があります。それは、「前例がない」「禁止されている」
という事態に直面すると、真面目にそれにどう順応するかだけを考えてしまうことです。

ところが欧米のリーダーは、「前例がないならチャンス!」
「禁止されているなら、法律を変えればいいのだ。逆にそこにチャンスがある」
という思考をもちます。

そして、欧米型は、「ルールを決める」という方向に進み、
日本人は「決めてもらったルールに従う」となってしまいます。

あくまでも日本人は、子供の時から教育受けてきたように、
ルールを守る「優秀なプレイヤー」として全力を尽くそうとします。

欧米型リーダーのように、自分や自国の都合に合わせて
周りを従わせ、規制や法律を変えてしまえばよい、という発想が出来ないのです。

こんな状況を打開するため、それのみならず、人物や国家を見極める際に
「使える」ツールとして、
そして欧米知識人たちの思考を理解するために考案したものが、
この「戦略の階層」です。

先行きが不透明な時代こそ、サバイバルを考えた上での、
私たち日本人自身の「世界観」を構築すること、言うなれば、
物事の「そもそも」から考える必要があります。

条件にあわせてはいけません。時には、こちらの「そもそも」論に合う、
必要な条件や方策を考えるべきなのです。

~戦略を語れない人生は奴隷だ~
▼「戦略の階層」を徹底解説するCD【 2.0&2016 】
http://www.realist.jp/strata.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

▼「奥山真司のアメ通LIVE!」番組へご意見・ご感想はこちらから
http://www.realist.jp/goiken.html

Youtube THE STANDARD JOURNAL
https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal

▼「THE STANDARD JOURNAL ~『アメリカ通信』」
http://ch.nicovideo.jp/strategy

▼FacebookPage:「THE STANDARD JOURNAL」
 https://www.facebook.com/realist.jp

★奥山真司への講演依頼・執筆依頼は、
【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
のバックナンバーはこちら
http://archives.mag2.com/0000110606/index.html?l=zug0b652e6

◎日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
の配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0000110606.html?l=zug0b652e6