読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

皇統の危機はなぜ起きているのか?「天皇陛下護持妙法」の御祈念を復活するべきでは?

blogos.com

天皇陛下の生前譲位について世間の関心が皇室に向けられているでしょうか?

関心のある人にとっては大問題でしょうが、そんなのは意識高い系の人のみの関心なのかもしれません。

下々の民草には、リオデジャネイロで行われている乱痴気騒ぎの方が、おもしろく高揚感を感じるものなのかもしれません。

安っぽいナショナリズムを刺激するのにスポーツは格好の材料でしょうから。

blogos.com

日本の国の歴史と皇室は切っても切れない関係なのですが、GHQに粉砕されてしまってから我が国の国体は常に存亡の危機にさらされてきたのかもしれません。

blogos.com

日本の国の国主とは誰なのか?

今の日本国憲法のみを基本にして考えるときは過ぎたのではないでしょうか?

国民一人一人が国主などであるはずもなく、主権在民という概念の曲解も甚だしいと思うものでありますが。

日蓮大聖人様は神国王御書を残されております。

御本尊様に八幡大菩薩天照大神が座を連ねられている意味をよく考えねばなりません。創価のいう国家を守護する力用などという漠然としたものではないのです。

皇室の祖先であり神であり、釈迦仏の垂迹なのです。

天皇陛下は神の子であることは間違いないのです。

神の国の王。

普通の国とは違う神国が日本なのであります。

しかし、その偉大なる神の子も謗法与同すれば、権威も権力も失い亡国となる原理がお示しくださっているのです。

神国王御書

日蓮正宗ではかつて四座において「天皇陛下護持妙法」を祈念しておりましたが、左翼思想の影響で取りやめてしまいました。

本当にそれでいいのでしょうか?

日蓮正宗折伏の宗派、針金宗派といわれたのも過去の話で、世間や無知な大衆に無用な誤解を抱かせるという言い訳が好きな宗派になってしまいましたね。

世論は創価学会がやり玉にあげられ、国立戒壇思想を撤回した時とは比べ物にならないほど、右傾化していますよ。

教義も修正されてはいかがでしょうか。

修正主義の宗派から針金宗派にもどってはいかがでしょうか?

いいかげんな勧誘で表の数字だけつじつま合わせしても、それこそ皇室と同じように衰退していくだけですよ。

世間は影ですからね。

 

歴代天皇事典 (PHP文庫)

歴代天皇事典 (PHP文庫)

 
世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)

世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)

 
ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論

ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論

 
天皇

天皇

 
明仁天皇と戦後日本 (歴史新書y)

明仁天皇と戦後日本 (歴史新書y)

 
歴代天皇総覧 皇位はどう継承されたか (中公新書)

歴代天皇総覧 皇位はどう継承されたか (中公新書)

 
神武天皇はたしかに存在した ―神話と伝承を訪ねて

神武天皇はたしかに存在した ―神話と伝承を訪ねて

 
天皇畏るべし 日本の夜明け、天皇は神であった

天皇畏るべし 日本の夜明け、天皇は神であった

 
天皇陛下の全仕事 (講談社現代新書)

天皇陛下の全仕事 (講談社現代新書)

 
天皇諡号が語る 古代史の真相(祥伝社新書)

天皇諡号が語る 古代史の真相(祥伝社新書)

 
完全保存版 天皇125代 (別冊宝島 2128)

完全保存版 天皇125代 (別冊宝島 2128)

 
ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論

ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論

 
今上天皇の「生前退位」報道の真意を探る (OR books)
 
天皇陵 謎解き完全ガイド (廣済堂ベストムック 335号)

天皇陵 謎解き完全ガイド (廣済堂ベストムック 335号)

 
活字に出来ない落合秘史2 金融ワンワールド~天皇と黄金ファンドの秘密

活字に出来ない落合秘史2 金融ワンワールド~天皇と黄金ファンドの秘密

 
礼服(らいふく) -天皇即位儀礼や元旦の儀の花の装い-

礼服(らいふく) -天皇即位儀礼や元旦の儀の花の装い-

 
天皇とは何か (宝島社新書)

天皇とは何か (宝島社新書)

 
昭和天皇実録 第五

昭和天皇実録 第五

 
検証 天皇陵

検証 天皇陵

 
政治概念の歴史的展開 第九巻―「天皇」から「民主主義」まで―

政治概念の歴史的展開 第九巻―「天皇」から「民主主義」まで―

 
戦争をしない国 明仁天皇メッセージ

戦争をしない国 明仁天皇メッセージ

 
舞い降りた天皇(上) 初代天皇「X」は、どこから来たのか (祥伝社文庫)
 
昭和天皇 100の言葉 日本人に贈る明日のための心得

昭和天皇 100の言葉 日本人に贈る明日のための心得