フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

事の戒壇について「顕正会員の誤解を覚ますために」

昨日、お寺の警備の時に壮年部の人から、「顕正会国立戒壇だけは分からない」という愚痴を聞かされました。

時たま遭遇する顕正会員の言っていることが理解できないらしい。

簡略ではあるけれども、事の戒壇をおさらいしておこう。

1.事の戒壇の二重の意義
■第六十六世・日達上人が体系的に御明示
「事の戒壇」には、根源の意における事の戒壇、すなわち「いつ、いかなる場所であろうとも、根源の大御本尊を奉安し格護申し上げる所が即、事の戒壇である」という意義と、広宣流布の事相において建立されるところの事の戒壇があります。
この「事」の二重の意義は、時至りて第六十六世・日達上人が、甚深の御相承の法義を拝されつつ、初めて体系的に明示あそばされました。
事の戒壇とは、本門戒壇の大御本尊のまします所、いつ何時であろうとも「根源の事の戒壇」であり、この根源の事の戒壇が広布の暁を待って、事相の上に大本門寺戒壇として顕現する。
また「義の戒壇」とは、戒壇大御本尊の分身散影(ふんじんさんよう)である寺院の常住御本尊他、一期一縁の御本尊ましますところ、その意義が事の戒壇にあたる故に、これを義の戒壇と言います。
■日寛上人『法華取要抄文段』の御指南
日寛上人の『法華取要抄文段』では、根源の事の戒壇を大前提として、そこから義の戒壇を説かれ、さらに広布事相の事の戒壇があることを示されています。

[事の戒壇の二重の意義]

「本門の戒壇に事あり、理あり。理は謂(いわ)く、義理なり。これ則(すなわ)ち事中の事・理にて、迹門の理戒に同じからず。その名に迷うこと勿(なか)れ。故にまた義の戒壇と名づけんのみ」

ここで日寛上人は、「事中の事・理」、すなわち、根源の事の戒壇を基本として、さらに広布事相上に建つ事の戒壇があることと、義理において根源の事戒に当たる理(義)の戒壇があることを略示され、後者においては迹門理戒にまぎらわしいので「義の戒壇」と名づける旨を明記されています。

[義理の戒壇

「初めに義理の戒壇とは、本門の本尊の所住の処(ところ)は即ちこれ義理、事の戒壇なり」

ここで仰せの「本門の本尊」とは、大聖人をはじめ嫡々(ちゃくちゃく)御歴代御書写の御本尊を広く一般的に指す表現ですが、浅井はこれを本門戒壇の大御本尊の意であると主張しています。しかしそれでは意味が通りません。「事の戒壇なり」と仰せになっているのですから。

[根源の事の戒壇

「然(しか)りと雖(いえど)も仍(なお)これ枝流にして、これ根源に非(あら)ず。正に本門戒壇の本尊所住の処、即ちこれ根源なり」

ここで日寛上人は、「義の戒壇」と、本門戒壇の本尊所住の処「根源の事の戒壇」を混同せぬように念記あそばされています。

[広布事相の事の戒壇

「次に正しく事の戒壇とは、秘法抄に云(いわ)く……」

ここで日寛上人は『三大秘法抄』の文を引いて、広布事相上に建立される事の戒壇の説明に代えられています。
その三大秘法抄には、

「此の戒法(事の戒法、事の戒壇)立ちて後、延暦寺戒壇は迹門の理戒なれば益あるまじ」

と仰せられている一節があり、浅井の言うように「広布を待って初めて事の戒壇が顕れる」というのならば、それまでは迹門の戒壇によっても益があることになってしまいます。
日寛上人が『依義判文抄』において、

「本門戒壇の本尊を亦(また)三大秘法総在の本尊と名づくるなり」

と仰せのとおり、本門戒壇の大御本尊に「根源の本門事の戒壇」は具(そな)わっているのです。

2.「根源の事の戒壇」の義が日達上人以前に説かれなかった理由
本宗上古の時代においては、謗法者からの法難も多かったため、大御本尊はあくまでも秘蔵の扱いで厳護されてきました。
それ故に、『三大秘法抄』にせよ日寛上人の御指南にせよ、文(もん)の面(おもて)に「大御本尊安置の処(ところ)が本門事の戒壇」というような直接的表現を用いられることはありませんでした。これは、戒壇に関する法義のすべてを未だ明かすべき時至らざる間の、時代に応じた御教示だということを知らなければなりません。
しかし、「未だ明かすべき時至らざる間」であっても、内々の御弟子に対する口述の中ではこうした配慮も無用であり、日寛上人の講ぜられた『「三大秘法の事」の聞書(第四十三世日相上人・三大秘法の事-大貳阿闍梨(だいにあじゃり=日寛上人)御講(おんこう)の聞書)』には、

「在々処々本尊安置の処(ところ)は義(理)の戒壇なり」
「富士山戒壇の御本尊御在所は事の戒なり」

と、はっきりと「本門戒壇の大御本尊の在るところが事の戒壇である」と仰せられているのです。

日寛上人は、当時の徳川幕府の圧政下において、まだまだ戒壇大御本尊が秘蔵中の秘蔵の扱いであったため、大御本尊に直接関わる「根源の事の戒壇」については、詳細を軽々に説くことを避け、略示に止(とど)められています。
また、本宗の相伝による教学を初めて体系化して示され、以後の本宗教学の理論的支柱となった『六巻抄』における教学体系の表面には、根源の事の戒壇の法義は明確に示されていません。その理由は、『六巻抄』の理論体系は、不相伝の他門流の邪義に対しこれを破折するために御書の文証を基準として組み立てられたものであるため、事の戒壇についての御教示も、広布事相の戒壇を示された『三大秘法抄』の御文をもって直(ただ)ちに戒壇の文証とされ、あえて根源の事の戒壇に関する御教示を差し控えられています。

日寛上人以降の御歴代上人におかれても、こうした『六巻抄』の理論体系を基(もと)として戒壇についての御教示を展開あそばされた故に、あたかも広布事相上の戒壇を事の戒壇とし、それ以前は戒壇大御本尊所住の処を義の戒壇とするような表現が拝されます。
しかしこれも、戒壇に関する法義のすべてを未だ明かすべき時至らざる間の、時代に応じた御教示だということを知らなければなりません。浅井ごときが軽々に論ずべきものではなく、身の程を知るべきでしょう。

 

基礎教学書 日蓮大聖人の仏法

基礎教学書 日蓮大聖人の仏法

 
迷走する顕正会を斬る―浅井昭衛会長の足跡と変節

迷走する顕正会を斬る―浅井昭衛会長の足跡と変節

 
「学会・宗門」抗争の根本原因

「学会・宗門」抗争の根本原因