フレブル君日記

フレブルはゆるいよ

妙という字は、はなはだ妙だ

微妙、絶妙の妙。

なんで女偏に少ないと書くのか?

女が少ないと妙だなってことなのか。

聞いた話では、女には万物の源っていう意味があるのだそうな。

たしかに、みんなお母ちゃんから産まれてくる。

女は根源だ。

老子にも「衆妙の門」て言葉がある。

少は少ないのではなく、一つという意味を顕しているらしい。

つまり、妙という字は「根源はひとつ」って意味なんだ。

なるほど。

言葉一つも考えていくと面白いねえ。

妙法ってのは、たった一つの根源が万物に成り、根源に還っていくことなんでしょうか。法という字は、仏教では存在・現象一般を指す言葉だから。

諸法の実相を究めていくのが仏道修行なんでしょうかねえ。

 

老子 (岩波文庫)

老子 (岩波文庫)