丑寅勤行にまつわる、もう一つの功徳のお話

丑寅勤行とは

丑寅勤行は日蓮正宗総本山大石寺の客殿で、法主上人が毎朝丑寅(午前2時~4時)の時刻に行なう五座の勤行であり、本宗における非常に重要な儀式です。
 第二祖日興上人は『日興跡条々之事』に、
大石寺は御堂と云い、墓所と云い、日目之れを管領し、修理を加え勤行を致し、広宣流布を待つべきなり。」(御書1883)
との御遺命を守り、御歴代の法主上人が広宣流布を御祈念され、七百年来一日として怠ることなく、続けられてきました。

 日蓮大聖人は『上野殿御返事』に、
「三世の諸仏の成道は、ねうし(子丑)のを(終)はりとら(寅)のきざみ(刻)の成道なり。」(御書1361)
丑寅の時刻は三世の諸仏が成道する時であり、また仏様が悟りを開く時刻で、仏法上まことに意義のある時刻になります。

 日寛上人は『当流行事抄』に、
「問う、古より今に至るまで毎朝の行事、丑寅の刻み之れを勤む、其の謂われ如何。答う、丑の終り寅の始めは即ち是れ陰陽生死の中間にして三世諸仏成道の時なり。」
(六巻抄201)
丑寅勤行の意義を明かされています。
 釈尊菩提樹の下での悟りや大聖人の竜ノ口法難による発迹顕本は丑寅の時刻で、仏法の深い意義から総本山大石寺の毎朝の勤行が昔より今日まで、丑寅の時に行なわれる理由がここにあります。

 丑寅勤行の意義は深く、総本山大石寺においては、二祖日興上人から現六十八世日如上人に至るまで、七百年もの間、政治権力による弾圧の中でも、一日として絶えることなく行なわれてきました。順縁の衆生は速やかに仏身を成ずるよう、逆縁の衆生は早く大聖人の仏法に帰入せしめるよう、一閻浮提広宣流布の大願成就を御祈念してこられたのです。

ポリ銀のブログにお越しくださりありがとうございます。今日は丑寅勤行に関する、もう一つの功徳のお話をさせていただきたいと思います。 

丑寅勤行に参加させていただいた方は大勢いらっしゃると思いますが、丑寅勤行には我々人界の信徒以外にも座に連なる衆生がいるのを御存じでしょうか。

上記の説明にもあるとおり、

「三世の諸仏の成道は、ねうし(子丑)のを(終)はりとら(寅)のきざみ(刻)の成道なり。」(御書1361)
丑寅の時刻は三世の諸仏が成道する時であり、また仏様が悟りを開く時刻で、仏法上まことに意義のある時刻になります。

日常世界と異世界が交わる時刻なのです。

お盆になると「地獄の釜の蓋が開いてご先祖様がおうちに帰ってくる」などと、俗信でも言われることがありますが、その由来と言いますのが日蓮正宗丑寅勤行とも関係してくるのです。

第66世日達上人様がある日の丑寅勤行の時、客殿の上の方を見つめられ「おお!?今日は大勢がきておるな。よし、成仏させてあげるから私についてきなさい」と言われ、丑寅勤行を始められたことがあったそうです。

なぜ、そのようなことを日達上人様は言われたのでしょうか?

客殿の上には誰が来ていたのでしょうか?

 

ashuhokkekoshu.hatenablog.com

昨日の記事では金剛法器戒をご紹介いたしましたが、日蓮正宗の御授戒は単なる儀式以上の大功徳をいただくことができます。

正しい信仰を貫いていく人には、罪障消滅と成仏を約束してくれます。そして、現世においても安穏の境涯を分に応じて得られるようになるのです。

一方で悪縁にたぶらかされてしまう方や、信心が弱くなかなか正しい信仰修業ができなかった人にも、必ずこの仏法に縁をして救われる種が下種されているのです。

種と聞くと心細いように思う方もいるかもしれませんが、大功徳の種ですから世間一般の衆生とは異なっているのです。その中には卒塔婆をよぎる風に吹かれた虫や鳥もいるでしょうし、正宗のお題目を聞くことができたペットちゃんもいるかもしれません。

そういった大功徳を身にいだきながら、縁薄くして亡くなった衆生が閻魔法皇の前を通り、悪趣へ陥ろうとするとき閻魔様が自身が罪障を積むことをおそれ、救いの手を差し伸べ大石寺へと運んでくるのだそうです。

その時が丑寅の時刻なのだそうです。

功徳に導かれ中有にさまよう亡者は、客殿の上から丑寅勤行をのぞき込むのでしょうか。そしてその座につらなり罪障を消滅して、地獄を逃れ仏法に縁することができる人間に生まれていくのでしょう。

 

ashuhokkekoshu.hatenablog.com

ペットちゃんにつきましては、御塔婆供養をしてあげることが肝心です。口のきけない動物は妙法を唱えることはできませんが、謗法の言葉や念慮も発しません。過去世の因縁はあるのでしょうが、畜生界と人界が住む世界を共有しているのは、一つは人界の衆生に食べ物として身を供養するとともに、妙を耳にし功徳に縁するためであるそうです。一切衆生の恩というのはこういうことをいうのでしょう。

ぜひ、おうちのペットちゃんが亡くなったときには、お塔婆を建立してあげてくださいね。来世ではきっと、あなたを命がけで守ろうとする変化の人として、目の前に姿を現すでしょう。そのときは気づいてあげたいものですね。

ashuhokkekoshu.hatenablog.com

 

 

病によりて道心はおこり候―祈りは必ず通じる (法華講員体験シリーズ)

病によりて道心はおこり候―祈りは必ず通じる (法華講員体験シリーズ)

 
悪変じて善となる―変毒為薬の実証明らかに (法華講員体験シリーズ)

悪変じて善となる―変毒為薬の実証明らかに (法華講員体験シリーズ)

 
御本尊を信じさせ給へ―この信心しかない! (法華講員体験シリーズ)

御本尊を信じさせ給へ―この信心しかない! (法華講員体験シリーズ)

 
信仰の寸心を改めて―改宗して本当に良かった! (法華講員体験シリーズ 4)
 
祈りとして叶わざるなし―なんとしても折伏させてください (法華講員体験シリーズ)

祈りとして叶わざるなし―なんとしても折伏させてください (法華講員体験シリーズ)

 
大願とは法華弘通なり―地湧倍増は折伏にあり! (法華講員体験シリーズ 3)
 
大願とは法華弘通なり―地湧倍増は折伏にあり! (法華講員体験シリーズ 3)
 
広宣流布の時なり―世界に広がる折伏の息吹き (法華講員体験シリーズ 5)
 
法華講員の心得

法華講員の心得

 
創価学会が正しいと思っているあなたへ (創価学会員への折伏教本 分冊版)

創価学会が正しいと思っているあなたへ (創価学会員への折伏教本 分冊版)