★プーチンがアメリカにとどめを刺す方法

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


まずはお知らせから。

CGS動画、第5回でています。

今回は、「移民を大量に入れると、日本から独立する市が出てくる
可能性」について語っています。

「そんなバカな!」

「平和ボケ」な私たちは、99%そんな反応。

しかし、「ある自治体で他民族が多数派を占めている」ことは、「独
立する【立派な理由】」になります。

歴史的例を含めてお話ししていますので、是非ごらんになってくだ
さい。

https://www.youtube.com/watch?v=U8ZVu-_BLnE


では、本題。

ロシアによるシリア・イスラム国攻撃、真剣度が増してきました。

空爆だけでなく、海軍も攻撃を開始しています。


カスピ海からミサイル発射=シリア攻撃、一気に拡大─ロシア

時事通信 10月7日(水)21時0分配信
*
*
【モスクワ時事】ロシアのショイグ国防相は7日、ロシア海軍の4隻が
同日朝にカスピ海から巡航ミサイル26発を発射し、シリア領内の過
激派組織「イスラム国」の11拠点を攻撃したと明らかにした。

南部ソチで、プーチン大統領に報告する様子を国営テレビが伝えた。

これまでの空爆作戦から軍事行動を一気に拡大させた。

ロシアは9月30日、同組織と戦うアサド政権を支援する名目で、シリ
ア西部ラタキアの空港を拠点に空爆を開始。

プーチン大統領は「地上作戦は行わない」と説明しているが、海軍も
参戦させたことで、ロシアの「対テロ」作戦は新たな段階に入った。>



プーチンらしいやり方です。

米軍は、1年以上もイスラム国を空爆しつづけ、まったく何の効果
もありませんでした。

むしろイスラム国の支配地域は拡大し、シリアのアサド政権をおび
やかすようになってきた。

それでロシアは、「アメリカは、イスラム国をアサド打倒のために
利用している」と見ているのです。



一方ロシアは、「中東の事実上の同盟者アサドを守る」という目
的がはっきりしているので、ガンガンやっています。


さて、

今回は、「こうすればプーチン、アメリカにとどめを刺せるよね」
という方法について。

もちろん、私の空想です。

空想ですが、「ありえるシナリオ」でもあります。

(@私自身は、アメリカの完全没落を願っていません。
対中国で日本が困ることになるからです。
世界経済もメチャクチャになるでしょうし。)



▼第1段階 − プーチンは短期間で「イスラム国」を掃討する



圧倒的残酷さで、「世界共通の脅威」になった「イスラム国」。

米軍は「ダラダラ」空爆を1年もつづけ、何の結果も出ていない。

「本気で勝つ気あるの?」

と疑いたくなるのは、ロシア人だけではないでしょう。

プーチンは、世界共通の敵「イスラム国」を3〜4か月で壊滅させ、
世界の英雄になります。

(@「なります」というのは、予測ではなく、「なりたいです」
という意味です。

今お話ししていることは、私が「プーチンの脳内で起こっている」
ことを想像しているのです。)



▼第2段階 ー プーチンは、アサド政権を守る



ロシアはイスラム国と同時に、シリアの「反アサド派」を攻撃して
いる。

それで、シリア国内から「反アサド勢力」は一掃され、アサド政権
が盤石になります。

(ならせたい。ープーチン



▼第3段階 − プーチンは、シリア、イランとサウジアラビア
和解させる



「中東」というと、「みんなイスラム教徒」というイメージですが。

シーア派とスンニ派が争っています。

もっというとシーア派のイランと、スンニ派のサウジアラビアを中
心とする争い。

プーチンは、イランとサウジアラビアを和解させます。


「不可能だ!」と思いますね。


しかし、最近事情が変わってきているのです。

というのは、今年7月、アメリカはイランと和解した。



<イラン核交渉>最終合意 ウラン濃縮制限、経済制裁を解除
毎日新聞 7月14日(火)22時1分配信
*
*
 【ウィーン和田浩明、田中龍士、坂口裕彦】イラン核問題の包括
的解決を目指し、ウィーンで交渉を続けてきた6カ国(米英仏露中
独)とイランは14日、「包括的共同行動計画」で最終合意した。

イランのウラン濃縮能力を大幅に制限し、厳しい監視下に置くこと
核武装への道を閉ざす一方、対イラン制裁を解除する。

2002年にイランの秘密核開発計画が発覚してから13年。粘り
強い国際的な外交努力によって、核拡散の可能性を減じる歴史的な
合意となった。>



これに衝撃を受けたのがサウジとイスラエルです。


「アメリカに見捨てられた!!!」と感じている。


それで彼らは、ロシアに接近しはじめている。

なぜアメリカは、イランと和解したのでしょうか?

「シェール革命」で、天然ガス生産でも原油生産でも世界一に
浮上したアメリカ。


「自国にたっぷり資源がある」ことを理解したアメリカにとっ
て、

(資源たっぷりの】中東の重要性が薄れたのです。

それで、ロシアが中東で影響力を拡大できる条件が整っている。

「でも、ロシアは中東で影響力を拡大してどうしたいの?」

それは、少し後で。



▼第4段階 − プーチンは中東の覇権を握る



アメリカに捨てられて困っているサウジアラビアイスラエル
(=ユダヤ教

もとから親ロシアのイラン、シリア(アサド政権)。

プーチンは、イスラム教シーア派、スンニ派、ユダヤ教を和解
させ、

「中東の覇権」を握ります。(握りたいです。)



▼第5段階 − 「ペトロダラーシステム」と「ドル崩壊」



アメリカは、世界一の財政赤字国、貿易赤字国、対外債務国。

それでも、いままで破産していない。

その理由は、「ドルが基軸通貨」(=世界通貨、国際通貨)
だからです。

2次大戦以降、ドルと金(ゴールド)はリンクしていた。

ところが、それでドルがどんどんアメリカから流出して困った。

そこでニクソンは1971年、「ドルと金(ゴールド)の交換をや
める!」と宣言します。(=ニクソンショック

これで、ドルは「ただの紙切れ」になった。

しかし、今にいたるまで「ドル=基軸通貨」の地位を維持して
います。

なぜでしょうか?

その大きな理由が「ペトロダラーシステム」。

つまり、「原油は、ドルでしか売らない」。


ニクソンは、


1、アメリカはサウジアラビアを守る

2、サウジ王家を守る


ことを条件に、「石油販売はすべてドルで行う」ことを約束
させました。(1974年)

OPEC諸国もサウジに従い、「石油の売買はすべてドルで」が
世界のスタンダードになった。

この体制は1975年から2000年までつづきました。

ところが2000年9月、イラクフセイン

イラク原油の決済通貨をドルからユーロにかえる!」

と宣言。

同年11月、実際にかえてしまった。

彼はそれでどうなったか?

皆さんご存知ですね。

イラク戦争の公式理由=「大量破壊兵器」「アルカイダつながり」
はどちらもウソだったことが明らかになっている。)

これをきっかけに「ドル離れ」のトレンドが形成されていきました。

その後起こったこと。

・ユーロの流通量がどんどん増え、06年ドルを超えた

・イランが原油の決済通貨をドル以外の通貨にかえた

・中東産油国が「湾岸共通通貨」の導入を検討しはじめた

・原油高で潤っていた時代のプーチンは、「ルーブルを世界通貨に
する!」と宣言していた


これらが、「100年に1度の大不況」の大きな【裏】要因だったの
です。

この話、新しい読者さんには、「トンデモ系」と思えるかもしれ
ません。

しかし、証拠は山ほどあります。

もっと詳しく知りたい方は、【完全無料】のこの情報をゲットし
てください。

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】
↓  
http://tinyurl.com/pnx6e2m



というわけで、


イスラム国を掃討する

・反米親ロ・アサド政権を盤石にする

・アメリカに捨てられたサウジと、イランを和解させる

イスラム諸国とイスラエルを和解させる

そして、


・ロシアが中東の覇権を握る


その後はどうするか?

アメリカに捨てられたサウジアラビアを説得し、


「原油の決済通貨をドル以外にさせる」


これで、アメリカの覇権は終わりです。


もちろん、既述のように、これは私の想像にすぎません。

しかし、「ロシアに25年住み、プーチンを観察してきた男(=私)
の想像」なので、全然「ありえない」というわけでもありません。

さらに、仮にプーチンがそう考えていても、「相手がいる」話で
すから、うまくいくかもわからない。

ロシアも、「制裁」「原油安」「ルーブル安」で相当苦しいです
から。


いずれにしても、「シリア」「ウクライナ」「東、東南アジア

どこを見ても、「戦国時代」です。