仏法と政局

安保法案について創価信者も顕正ラヴァーズもうるさいですね。

立正安国論をよく読めばいいのに。

根本的に勘違いしているのが良く分かるはずなのだが。。。

日蓮大聖人様は立正安国論で、本当に身も蓋もないことを仰っておられます。

各種謗法を破折したあと、徳治徳政を破折しています。

つまり、謗法の程度が一国の中でひどくなり、罪障の害毒が出てき始めたら信心以外なにをやっても無駄ってことです。

平和(創価の大勢)も国防(顕正の連中)も与太話だっていうのが、仏法の結論。

そして、昭和・平成の大退転と大怨嫉の結果が、年々ひどくなってきているのが現状。

異流儀は多いけど、程度の差ってのはやっぱりあって、戒壇の御本尊様が鍵になると思ってます。創価はついにそこを「受持しない」という婉曲表現ながら、他門日蓮宗同様のレベルにまで堕ちました。それで今年は災害がハンパじゃなくなってるのですが、人間はどうしても小手先に目がいくもので。。。

異流儀が蔓延るとき。。。それこそがこの国の滅びるとき。

本当にヤバイ気がする。

御会式捧読 立正安国論並御申状 付通解

御会式捧読 立正安国論並御申状 付通解