ロシア美女はメイド・イン・ジャパンがお好き!?ロシアから見える日本経済復活の兆しとは?

f:id:ashuhokkekoshu:20151110095335j:plain

全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


まず重要なお知らせから。

新しい動画が二本出ています。


一本目は、「反日統一共同戦線」を知らない安倍政権が、ここ2年間どう動いていたかについて。

https://www.youtube.com/watch?v=U_3rpBf54ZI

二本目は、「アメリカ幕府の天領・日本が、自立を成し遂げる方法」について話し合っています。

https://www.youtube.com/watch?v=G7KnqG4S1Kk

どちらも大切な話ですのが、是非ごらんください。

では、本題。

ロシアには、「スクポイ プラーティットゥ ドゥヴァジディ」ということわざがあります。

「ケチは、二回払うことになる」という意味。

日本でいえば、「安物(やすもの)買いの銭(ぜに)失い 」

(=安価な物を買うと、品質が悪かったり、すぐに買い替えなければならなかったりするので、かえって損になるということ。)

と同じ意味になります。

で、日常生活でどう使われるか?

ロシア人男性が、中国製のおもちゃを買ってきた。

1日遊んだら、壊れてしまった。

それを見たおくさんが、「スクポイ プラーティットゥ ドゥヴァジディ!」といってダンナさんにイヤミをいう。

実際、「スクポイ プラーティットゥ ドゥヴァジディ」という言葉。

ロシアでは、「中国製品」に関してつかわれることが圧倒的に多いです。

ロシアでは、「なんでも品質がいいのは、日本製だ」と思われています。

しかし、日本製はなかなか見つからない。

それで、「ドイツ製」を買っているのです。

中国製品について、日本にいれば「そんなに品質悪くないよね」と思うでしょう?

日本企業が中国で現地生産し、逆輸入している場合は、ほとんど問題ないのです。

しかし、「ずばり中国企業」がつくった製品について、ロシアでは相変わらず、「安かろう悪かろう」ということになっています。

 ▼「メイド・イン・ジャパン」を切望するロシア人

f:id:ashuhokkekoshu:20151110095441j:plain

 

私は、だいたい年に1度くらいしか帰国しません。

そして、ロシアの友人には、できる限り「隠密」で帰国します。

なぜかというと、「あれ買ってきて!これ買ってきて!」と頼まれるので、荷物が山のようになり、「お引越し状態」になってしまうからです。

どんな物を頼まれるのでしょうか?

・関孫六の包丁

なんでそんなこと知ってるんでしょうね。

ロシアでは、一流シェフは、「日本製の包丁しか使わない」のだとか。

・目薬

「なんでロシア人が日本で売ってる目薬の種類まで知ってるんだ!?」と,、とても不思議です。

・コラーゲン

・角質をとる靴下!

私は、ロシア人女性から頼まれるまで、存在すら知りませんでした。

・果汁グミ

・生チョコ

・煎茶

日本人が、若くて長生きなのは、「煎茶の効用」とひろく信じられています。

・炊飯器! 

なぜ「隠密」で帰国したいのか、ご理解いただけるでしょう。

▼奥さんの目が輝いていた理由

f:id:ashuhokkekoshu:20151110095457j:plain

先日友人の家に遊びにいったら、奥さんが目をピカピカさせ、満面の笑み浮かべながら、あるものをもってきました。

「ものすごい幸せそうだな。一体何があったんだろう?」と私は不思議に思いました。

奥さんがもっていたのは、「ネブライザ」。

ネブライザというのは、液体の薬を霧状にしてくれる機械。

霧状になった薬を、鼻や口から吸うと、喉や気管支、肺などの病気が好転するのですね。

ロシアでは結構ポピュラーで、風邪やインフルエンザの時にもつかいます。

そして、自宅に一台もっている人も多い。

で、奥さんは、なんで幸せだったのか?

そのネブライザは、「オムロン製」だったのですが、奥さんが指さしながら「ここ見てよ、ほら!」といいます。

見ると、「Made in JAPAN」の文字が。

日本企業が作ったものでも、「メイド・イン・チャイナ」が多いですね。

あるいは、東南アジアとか。

奥さんは、「ついにホンマモンのメイド・イン・ジャパンを手に入れた!」と喜んでいたのです。

私も、日本人として、うれしくなりました。

 ▼日本経済が沈んだ理由、再生の方法

f:id:ashuhokkekoshu:20151110095520j:plain

 1970~80年代、日本は「世界の工場」でした。

世界中どこにいっても、「メイド・イン・ジャパン」があふれていた。

ところが、避けがたい「国家ライフサイクル」により、「賃金が他国比で高く」なった。

これも、他の国で起こったことですが、日本企業は、「安い労働力」を求めて、どんどん外国に出て行ってしまった。

「外国」といいますが、主な引っ越し先は、「中国」でした。

中国は、安い労働力に惹かれる外国企業の投資によって、奇跡的成長を成し遂げます。

そして、強くなった中国は今、「日本には沖縄の領有権はない!」などといっている。

(証拠はこちら↓
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2012_11_15/94728921/ )

各企業が、「賃金水準20分の1だった中国に生産を移転させた」のは、仕方ない判断だったと思います。

しかし、「事実として」、それが日本国を衰退させる結果になりました。

起こったことは、起こったこととして、これからどうすればいいのでしょうか?

世界には70億人の人がいます。

ところが、世の中は不平等になっている。

だいたい、世界10%の人が、所得の約90%を占めているといいます。

たとえば「比較的平等」とされる日本でも、「年収1000万円以上は4%、年収2000万円以上は0.4%」なんですね。

正社員の平均年収は400万円強、非正規社員の平均年収は170万円ぐらいだそうです。

私は何がいいたいのか?

「世界の人口の約1割、7億人ぐらいは、少々高くても品質のよいものを求めている。つまり、メイド・イン・ジャパンを求めている」ってことなんです。

だから、少々高くても、日本で生産して、7億人の富裕層に売ったら、十分経済が成り立ちます。

「中国経済の破局が迫っている」

このことは、もはや「世界的コンセンサス」になっています。

「はやく、チャイナ・プラスワンで、ベトナムインドネシアに移転しなきゃ!」

それもいいですが、円安ですし、「日本」に戻ってきたらいかがでしょうか?

「メイド・イン・ジャパン」が、喜ばれますよ!

そして、日本政府。

中国経済の破局が迫っている。

日本企業を救わないとダメでしょう?

日本企業が帰ってきやすくなるように、私は、「東日本大震災被災県の法人税をゼロにすること」を提案しています。

外国から日本企業が戻ってきて、被災県に雇用が生み出される。

みんな幸せですね。

ぜひご検討ください。

 

ロシアン ビューティー 第一弾 ターニャ Russian Beauty

ロシアン ビューティー 第一弾 ターニャ Russian Beauty