御会式御逮夜に参詣してきました

お会式に参詣出来たことを大聖人様に感謝いたします。

御供養も家族でそれぞれ少額ではありますがさせていただきました。御供養をさせていただけることも本当に有難いことだと思います。

創価学会顕正会で異常な金額をお布施していた人間が、日蓮正宗に来ると途端にけちん坊になるという話を聞いたことがあります。

私もその一人でした。

それは御供養の功徳が大きいからです。功徳が大きいから魔が妨害して、けちん坊になってしまうのです。仏になる近道は御供養なのです。

日蓮正宗の信仰は勤行も折伏も全て御供養なのです。御経本の観念文にも四座以外は全て供養と書かれています。御祈念は四座だけです。財・身・心の御供養をしていきましょう。

今日は本当に勉強になりました。不思議な因縁を感じました。

御住職様の御法話では、自我偈の大切さを教えていただきました。なぜ御開扉の時に貎下様が自我偈を何回も奉読されるのか、また、諸願の御祈念の時には歴代上人様が自我偈を何万回も奉読され、唱題行を実践し成就されてきたとのことでありました。天璋院篤姫様も自我偈の供養をされて国難を乗り越えられたそうです。この自我偈の意義については、御登山の時に仲の良い婦人部員さんとのお話で出たばかりでしたので驚きました。疑問が氷解しました。

布教講演では不軽菩薩のお話が出ました。信心をしている者が人を恨んだり、暴言を吐いたりしては絶対にいけないことを学びました。これも私にピッタリの戒めでありました。

そしてインドネシアの浄行会の代表の方のお話も、自我偈転読と唱題行の実践で、誓願を達成できた体験談でありました。この方は遠路はるばるインドネシアから大石寺に参詣され、私たちの末寺様にも参詣されておられました。今年だけで3回の参詣だそうです。頭が下がる思いです。私も年に3回以上大石寺に参詣したいと思いました。

本当に素晴らしいお会式でした。ありがとうございます。