宗教を持たなくても幸福な人はたくさんいるのではないか、と思う人へ

幸福という概念は、人によっていろいろなとらえかたがあるようです。一般には、健康とか、家庭円満とは、金銭的に恵まれているといったように、いわゆる、運がよく幸せなことや、心が満ちたりて楽しい状態にあることを指して幸福というようです。

しかし実際に今、健康に、家庭円満に、そして裕福に見える人たちが、必ずしもそれらに満足して楽しく生活してるとはいえない場合が多いのではないでしょうか。

むしろ「珍膳(ちんぜん)も毎日食(くら)えば甘(うま)からず」とか「欲に頂(いただき)なし」といわれるように、かえって、恵まれた生活に生ずる特有の倦怠(けんたい)や不平不満、欲望のぶつかりあいによる人間不信や争いなど、さまざまな不幸に苦しんでいるという例も少なからずあるのです。

まれに、現在の恵まれた生活に満足している人があったとしても、人生の無常(むじょう)からは、どのような人もけっして逃れることはできません。

人生の無常とは、生あるものは死に、若きものは老い、健やかなるものも患(わずら)うなど、一切のものは生滅し変化して、しばらくも同じ姿を保つことができないとの意味です。

仏典には、カピラ城の太子として、優れた身体を持ち、あらゆる栄華につつまれて暮らしていた釈尊が、そのすべてを捨てて出家し、さまざまな修行のすえ、三十歳の時、菩提樹(ぼだいじゅ)の下で、ついに人生無常の苦を真に解決する法を悟られたと説かれています。

したがって、この世に人生無常の苦を真に解決して、生滅・変化に惑(まど)わされることなく、いかなる幸せをも自在に顕現していく道は、正しい仏法に帰依(きえ)すること以外にはないのです。

それでもなお、あなたは「宗教を持たなくても幸福な人はたくさんいる」というのでしょうか。

それはまさしく「三重の楼(たかどの)の喩(たとえ)」(百喩経-ひゃくゆきょう-第十)に説かれる「富みて愚(おろか)の人」と変わるところがありません。そのたとえとは、あるとき、彼は他の富豪の屋敷が立派な三階建てであるのを見て、自分もそれにまさる建物を建てようと思い、すぐさま大工さんを呼んで頼んだのです。

さっそく基礎工事をして、一階を作り始めた大工さんに、不審を感じた愚かな富豪は「私は三階だけがほしいのだ、下の一、二階はいらないのだ」と言い張って、「一階をつくらずに二階はできないし、二階をつくらずに三階はできない」という大工さんの言い分を、最後まで聞かなかったという話です。

正しい宗教を持たない人の幸福は、この愚かな富豪の考えと同じようなものといっても過言ではありません。

しっかりとした土台の上にある建物は、どのような風にあたっても壊されることがないように、正しい宗教を人生の基礎とし、土台としたときには、いかなる無常の苦しみや不幸という風にも、けっして壊されることのない幸福を築いていけるのです。

このように、人生における確固不動の真の幸福は、正しい宗教を正しく信仰することによってのみ、もたらされるのです。

正しい宗教と信仰―折伏弘教の手びき (日蓮正宗布教叢書)

正しい宗教と信仰―折伏弘教の手びき (日蓮正宗布教叢書)