世界平和を説く宗教が他の宗教を攻撃して争うことは自語相違ではないかと思う方に

 平和といえばその反対が戦争であることは誰(だれ)にでもすぐ思い浮(う)かぶでしょう。
 戦争とはいうまでもなく国と国が武力をもって争うことです。これを縮小(しゅくしょう)した形が人と人の争いです。人どうしが争う原因を考えてみますと、まず自分の利益(りえき)や欲望(よくぼう)(エゴ)のみを充(み)たそうするときに起きます。これを仏法では貪欲(とんよく)といいます。次に感情的な忿怒(ふんぬ)による場合があります。これを瞋恚(しんに)といいます。また相手をよく理解しなかったり、考えが浅いために争いとなることもあります。これを愚癡(ぐち)といいます。その外に高慢心(こうまんしん)や猜疑心(さいぎしん)が争いのもとになることもあります。
 国家間(かん)の戦争も個人と同じように人間が本来生命に具有(ぐゆう)している貪瞋(とんじん)癡(ち)の三毒(さんどく)、あるいは慢疑(まんぎ)を加えた五悪心(ごあくしん)の作用に起因(きいん)します。しかも仏法の上から現代という時代をみると、今は末法(まっぽう)といって、劫濁(こうじょく)(時代・社会そのものの乱(みだ)れ)、煩悩濁(ぼんのうじょく)(苦しみの原因となる貪瞋癡などの迷い)、衆生濁(しゅじょうじょく)(人間の心身両面にわたる汚(よご)れ)、見濁(けんじょく)(思想の狂いや迷乱(めいらん))、命濁(みょうじょく)(生命自体の濁(にご)りや・短命)の五濁(ごじょく)が強大となって、いたるところで争乱(そうらん)や殺(さつ)りくが絶えまなく行われる時(闘諍(とうじょう)堅固(けんご))と予言されています。
 たしかに人命軽視(けいし)や刹那的(せつなてき)欲望(よくぼう)による犯罪(はんざい)、そして自己中心の風潮(ふうちょう)は現代社会の病巣(びょうそう)として深刻(しんこく)な問題となっています。これらの社会問題が貪瞋癡の三毒という単(たん)に理性のみで解決できない生命の奥深い迷いから起っているわけですから表面的な道徳(どうとく)教育や、倫理(りんり)の訓話(くんわ)などで解決できるほど単純なものではありません。現に人殺しはいけない、暴力はいけない、親不孝はいけないと誰でも知っています。それでもなおかつこれらを犯(おか)してしまう事実は、もはや知識や教育の次元を越(こ)えて、人間生命の奥底(おうてい)から揺(ゆ)り動かす真実にして力のある仏法によらねばならないことを物語っています。国家間にあっても、一時的に争いが止(や)み、戦火が鎮(しず)まっているといっても、それのみをもって真実の平和とはいえません。なぜならばおたがいに三毒強盛(ごうじょう)の人間が動かしている国政、軍事であれば、いつまた火を吹き、殺し合うかもしれないからです。
 質問のように戦争と破邪(はじゃ)顕正(けんしょう)の折伏(しゃくぶく)とを同一視(し)して自語相違(じごそうい)だといわれるのは、戦争を表面の争いという点だけを見て、その原因の三毒を知らないために生じたものでありましょう。真実の平和を確立するためには三毒強盛の人間性と五濁の世相(せそう)を正し、仏法によって浄化(じょうか)し、一切(いっさい)衆生(しゅじょう)悉有(しつう)仏性(ぶっしょう)(誰人も仏になる可能性をもった尊(とうと)い存在ということ)自利(じり)利他(りた)(自分も他人もともに幸せになること)の精神を共通の根本理念にしなければなりません。そのためには宗教の正邪・高低・真偽(しんぎ)を厳格(げんかく)に区別し、選択(せんたく)しなければなりません。
 私たちの布教は決して争いを起こそうとしているのではなく、誤った宗教はあなたの人生を不幸にしますよと教えているのです。また折伏とは相手の人間を攻撃(こうげき)するのではなく、あくまでも邪悪(じゃあく)な宗教や低級な思想を平和を破壊(はかい)するものとして指摘(してき)し論破(ろんぱ)するものなのです。あなたの質問は、たとえば世界平和を実現するための会議で各国代表が部分部分で意見の食(く)い違(ちが)いがあったといって、それのみをとり上げて、自語相違だ無益(むえき)だと非難しているようなものです。
 本来の折伏は民衆救済と世界平和という大目的のための破邪顕正であることを知るべきです。

正しい宗教と信仰―折伏弘教の手びき (日蓮正宗布教叢書)

正しい宗教と信仰―折伏弘教の手びき (日蓮正宗布教叢書)