宗教の世界は、科学的根拠(こんきょ)や証明があいまいではないか、と思う方へ

 「科学的」とはいったいなんでしょう。ふつう科学とは、物事や現象(げんしょう)について、その性質・変化・他との関係などを実験を通して、体系化(たいけいか)し、応用(おうよう)を考える学問のことです。
 この科学の基本となる道理が因果律(いんがりつ)です。すなわち一定の物事(因(いん))が一定の条件(じょうけん)と作用(縁(えん))によって、一定の結果を生ずること、たとえば酸素(さんそ)と水素(すいそ)を一定条件のもとで化合(かごう)すれば、誰(だれ)がいつどこで行(おこ)なっても、かならず水を生ずるようなものです。この普遍的(ふへんてき)な因果律が「科学的」という言葉の意味だと思います。
 さてこの原則をもって現在の多様化(たようか)した宗団・宗派を見ると、質問のような〝あいまい〟な、しかも一見してインチキとわかるような宗教がたくさんあります。なかには教祖(きょうそ)が発狂(はっきょう)状態になったことを、神が宿(やど)ったと称して支離(しり)滅裂(めつれつ)な言葉を神のお告(つ)げとして崇(あが)めるものや、祭壇(さいだん)に供えた水は霊験(れいけん)があるといって病状を無視(むし)して多量の水を飲ませるもの、あるいは煙(けむり)に触(ふ)れるだけで無(む)病(びょう)息災(そくさい)になると説く宗教など、道理にかなった教義がまったくない宗教や迷信(めいしん)としかいいようのない宗教も数多くあります。
 このようないかがわしい宗教を別として、文証(もんしょう)・理証(りしょう)・現証(げんしょう)に照らして正当な宗教についていえば、我々がある事実(宗教)を科学的な眼(まなこ)をもって研究することは大切なことですが、現在の科学的知識で計(はか)れないからという理由で、現実の事象(じしょう)を否定(ひてい)したり、〝非科学的〟と決(き)めつけることは、それこそ〝非科学的〟な態度というべきでしょう。
 近代の科学は物質文明の中で発達し、多大の貢献(こうけん)をしてきましたが、精神文明ことに人間の心に関(かん)してはまったく手つかずの状態(じょうたい)です。
 にもかかわらず、仏が人間生命の本質と法界(ほうかい)の真理を深く観達(かんたつ)して説かれた仏法を、人智(じんち)の集積(しゅうせき)ともいうべき現代の科学をもって証明しようというのは無理(むり)な話です。
 それはあたかも、尺(しゃく)とり虫(むし)が自分の歩幅(ほはば)と歩数(ほすう)で、空を飛ぶ鳥の飛距離(ひきょり)を計(はか)ろうとしているのに似(に)ています。
 もしどうしても、日蓮大聖人の仏法を道理と現証という科学的説明によって論証(ろんしょう)せよというのならば、釈尊の予証(よしょう)のとおり現実の濁(じょく)世(せ)に出現された日蓮大聖人が、予証どおり大難に遭(あ)いながら一切(いっさい)衆生(しゅじょう)を成仏(じょうぶつ)せしめんと大慈悲をもって、大御本尊を図(ず)顕(けん)建立(こんりゅう)された事実、そしてそれを信ずる多くの人々が大聖人のお言葉どおり、歓喜(かんき)と希望に満(み)ちた人生を歩んでいるという実証こそ、〝科学的〟現実そのものではありませんか。
 将来、科学が仏法をどこまで証明できるかわかりませんが、人間を生命の根本から蘇生(そせい)させ、豊かな生命力を涌現(ゆげん)させる仏法が、七百年間富士大石寺(たいせきじ)に厳然(げんぜん)と伝えられ、未来(みらい)永劫(えいごう)にわたって全世界の民衆を救済(きゅうさい)得道(とくどう)せんと威光(いこう)をもって照らされている事実を知るべきでありましょう。

正しい宗教と信仰―折伏弘教の手びき (日蓮正宗布教叢書)

正しい宗教と信仰―折伏弘教の手びき (日蓮正宗布教叢書)