日本の男性は輝いているか

論長論短 No.224
日本の男性は輝いているか
宋 文洲

この頃の日本は抒情的なスローガンが多いです。性格のせいなのか、私は特に
「女性が輝く日本」がおかしいと思うのです。

ちなみに「日本の女性はもっと社会で大きな役割を果たすべき」という観点に
おいては、私はまったく賛成ですし、そのための政策は大いに応援したいと
思います。長年日本のビジネス界に身を置いてきた自分としては、女性が
重要なポストに就かないことによって失う着想力や柔軟性が企業の甚大な
損失だと主張してきました。

誰でも分かり切った問題ですが、解決が進まない理由は他でもなく、この問題
の本質に誰もが触れないからです。たとえば、「日本の男性は輝いているか」
という問いに皆さんはどう答えるでしょうか。もし殆どの方々が「いいえ」
と思うならば、そもそも「女性が輝く日本」はおかしいスローガンです。

経営を引退して10年経ちましたが、お陰さまで個人としていろいろな国の
ビジネスマンと付き合うことができました。その中で日本人男性ほど個性を
失って輝かない「人種」はありません。日本では女性が重要なポストに
就き難いのは確かですが、どちらが輝かないかと言えば、日本女性より
日本男性の方がよほど暗いのです。

家族同士の夕食会に誘っても、ほとんど奥さんとお子さん達だけ参加します。
北京で3年以上働いている公務員の友人に「今度、絶対家族と一緒に来てね」
とお願いしたところ、実現しましたが、「中国に来てから家族同士の会食に
出たのはこれが初めて」と聞いてびっくりしました。あの時、パパとママに
挟まれながら嬉しそうに食事を食べるお子さん達をみて、私は涙が出そうに
なりました。

いろいろな国籍の家族が集まる時、だいたい日本人の家族は旦那が来ない
のです。忙しいという理由で。では日本企業の生産性が高いのかというと
まったくその逆です。わざわざ数字を出すまでもありませんが、日本の
労働生産性の低さは昔から有名です。

しかし、「なぜ日本の男性が輝かないか」という質問に私も答えられません。
親愛なる読者の皆さんにぜひ聞きたいのです。「いいえ、日本の男性は
輝いている」「どうでもいい、俺は輝いている」、「別に輝かなくても
いいのでは」などなど、ぜひご自分の感想を寄せてください。
次回の宋メールで皆さまに還元したいと思います。

私個人としては、常に過剰に我慢しないことを心得ています。長い残業が
嫌だから、残業しないことを主張したのです。新鮮な空気を吸いたいから
終身雇用が良くないと主張してきたのです。お客さんに媚を売るのが嫌だから
「科学的営業の仕組み」を提唱してきました。自分の思いに合う企業がないから
自ら起業しました。ずっと組織に束縛されるのが嫌だから43歳の時に
引退してしまいました。

自分の中に光の素(光源)を持たない限り、人は輝きません。自ら輝かない
人が組織や国家の政策によって輝く訳がありません。男性よりも輝いている
女性について「女性が輝く日本」とは日本語の間違いでしょうか、
それとも問題の本質への不理解でしょうか。

それにそもそも人間は他人のために輝くのではありません。
自由で幸福な人々は中から明るさが溢れて輝くように見えるだけなのです。


今回の論長論短へのご意見はこちらへ↓
http://krs.bz/softbrain/c?c=3992&m=88346&v=a1bf1466

※いただいたご意見は自動的にコメントに掲載されます。
名前も掲載されますので、問題がある場合はペンネームをご入力ください。
また、次回以降の宋メールでご意見を掲載させていただく可能性がありますので
ご了承お願い致します。

宋のTwitterはこちら↓
http://krs.bz/softbrain/c?c=3993&m=88346&v=04348468
今までの論長論短はこちら↓
http://krs.bz/softbrain/c?c=3994&m=88346&v=ca6478c0