先祖が代々守ってきた宗教を捨てることはできない、と思っている方へ

 誰(だれ)しも先祖代々長く守ってきた宗教に愛着(あいちゃく)があり、その宗(しゅう)旨(し)を捨てることは先祖の意に背(そむ)くように思い、一種の恐れのような感情を抱(いだ)くのは、無理からぬことです。
 しかし、先祖がいったい、どうしてそうした宗教を持(たも)ち、その寺の檀家(だんか)になったかということを、昔にさかのぼって、考えてみますと、その多くは、慶長(けいちょう)十七年(一六一二年)に始まる徳川幕府の寺請(てらうけ)制度(せいど)によって、強制的に菩提寺(ぼだいじ)が定められ、宗門(しゅうもん)人別(にんべつ)帳(ちょう)(戸籍(こせき))をもって、長く管理統制(とうせい)されてきた名残(なご)りによるものと思われます。
 江戸時代は信仰しているかどうかにかかわらず、旅行するにも、移(い)住(じゅう)するのにも、養子(ようし)縁組(えんぐみ)するにも、すべて寺請(てらうけ)の手形(てがた)の下付(かふ)が必要だったのです。もちろん宗旨を変えたり檀家(だんか)をやめることは許(ゆる)されませんでした。
 したがって、庶民は宗教に正邪浅深があり、浅い方便(ほうべん)の教え(仮りの教え)を捨てて、真実の正法につくなどという化導(けどう)を受ける機会もありませんでした。せいぜい現世(げんぜ)利益(りやく)を頼(たの)んで、檀家制度とは別に、有名な神社仏閣(ぶっかく)の縁日(えんにち)や祭礼(さいれい)に出かけたり、物見(ものみ)遊山(ゆさん)を楽しむぐらいのものでした。
 しかし現代は、明治から昭和にかけての国家権力による宗教統制もようやく解(と)けて、真に信教の自由が保(ほ)障(しょう)され、みずからの意志で正しい宗教を選び、過去の悪法や制度に左右されることなく、堂々と正道を求めることができる時代になったのです。
 言葉をかえて言えば、今こそ先祖代々の人々をも正法の功力(くりき)によって、真の成仏に導(みちび)くことができる時がきたのです。
 釈尊の本懐(ほんがい)である法華経には、

「此(こ)の経(きょう)は持(たも)ち難(がた)し、若(も)し暫(しばら)くも持(たも)つ者(もの)は我(われ)即(すなわ)ち歓喜(かんぎ)す諸仏(しょぶつ)も亦(また)然(しか)なり」(宝塔品第十一・開結三五四)

と説かれています。 すなわち、世間の人々の中(ちゅう)傷(しょう)や妨害(ぼうがい)のなかで、妙法蓮華経の大法を信じ持つことは、なまやさしいことではありません。しかし、持(たも)ち難(がた)く行じ難いからこそ、三世(さんぜ)十方(じっぽう)の諸仏は歓喜して、その妙法の持者を守るのだと説かれているのです。
 また日蓮大聖人は、

「今(いま)日蓮等(ら)の類(たぐい)聖(しょう)霊(りょう)を訪(とぶら)ふ時、法華経を読誦(どくじゅ)し、南無妙法蓮華経と唱へ奉(たてまつ)る時、題目の光無間(むけん)に至って即身(そくしん)成仏(じょうぶつ)せしむ」(御義口伝・御書1724頁)

と仰(おお)せられています。
 ほんとうに先祖累代(るいだい)の父母を救おうと思うならば、日蓮大聖人の仰せのように、一乗の妙法蓮華経の題目の功徳を供(そな)え、真実の孝養をつくすことが肝心(かんじん)なのです。
 今のあなたが、先祖が長い間誤(あやま)りをおかしてきた宗教を、そのまま踏襲(とうしゅう)することは、あまりにもおろかなことです。
 自分のあさはかな意(こころ)にしたがうのではなく、正法にめざめてこそ、始めて先祖累代の人々を救い、我が家の幸せを開拓(かいたく)し、未来の人々をも救いうるのだということを知るべきです。

正しい宗教と信仰―折伏弘教の手びき (日蓮正宗布教叢書)

正しい宗教と信仰―折伏弘教の手びき (日蓮正宗布教叢書)