日蓮正宗では、なぜ神棚(かみだな)や神札(かみふだ)をはずさせるのか

 あなたが神棚や神札をはずすことに抵抗(ていこう)を感じるのは、それらに神の力がこもっており、その力によって守られると考えていることによるのでしょうが、それはまったく逆(ぎゃく)なのです。
 大聖人は、

「世(よ)皆(みな)正(しょう)に背(そむ)き人悉(ことごと)く悪に帰(き)す。故(ゆえ)に善神(ぜんじん)国を捨(す)てゝ相(あい)去(さ)り、聖人(しょうにん)所(ところ)を辞(じ)して還(かえ)らず。是(ここ)を以(もっ)て魔(ま)来(き)たり鬼(き)来たり、災(さい)起(お)こり難(なん)起こる」(立正安国論・御書234頁)

と仰(おお)せです。
 諸天(しょてん)善神(ぜんじん)は、妙法が広く流布(るふ)することによってそれを法味(ほうみ)として威力(いりょく)を増(ま)し、民衆(みんしゅう)を守護(しゅご)する力をましていくのです。
 ところが、白法(びゃくほう)隠没(おんもつ)の末法(まっぽう)の世のなかにおいては、正法(しょうぼう)を信仰する者が少なく、正法に背(そむ)いている者が多いために、諸天善神は法味(ほうみ)に飢(う)えて、社(やしろ)を捨てて天上(てんじょう)にのぼってしまっているのです。
 したがって現在の神社には、悪鬼(あっき)・魔神(まじん)が棲(す)みついて災難(さいなん)をひきおこすのです。
 ですからあなたの家の神棚にも、神札にも悪鬼が棲みついていますので、拝(おが)まなくてもそれがあることによって、あなたの生命はもちろんのこと、生活にも悪影響(あくえいきょう)を及(およ)ぼし、ひいては先祖(せんぞ)をも苦しめることになるのです。
 法華経には、

「若(も)し人信(ひとしん)ぜずして此(こ)の経(きょう)を毀謗(きぼう)せば則(すなわ)ち一切(いっさい)世間(せけん)の仏種(ぶっしゅ)を断(だん)ぜん。(中略)其(そ)の人(ひと)命終(みょうじゅう)して阿鼻獄(あびごく)に入(い)らん」(譬喩品第三・新編一七五)

と説かれています。
 末法においては、「此の経」とは、法華経の文底(もんてい)に秘沈(ひちん)された三大(さんだい)秘法(ひほう)の南無妙法蓮華経のことです。
 したがって日蓮正宗以外の宗派(しゅうは)の本尊や、神社の神札などの信仰の対象(たいしょう)ともなるものは、正法に背(そむ)くものであり、人々を不幸に陥(おとしい)れる謗法(ほうぼう)の根源(こんげん)なのですから、神棚や神札は速(すみ)やかに捨(す)てることが肝要(かんよう)です。

正しい宗教と信仰―折伏弘教の手びき (日蓮正宗布教叢書)

正しい宗教と信仰―折伏弘教の手びき (日蓮正宗布教叢書)