なぜ日蓮正宗と他の宗教をいっしょに信仰してはいけないか

 信仰は、もっとも勝(すぐ)れた宗教を選び、誠実(せいじつ)な清らかな信心を貫(つらぬ)くことが大切です。
 たとえば一本の牛乳に、一滴(いってき)の毒を混(ま)ぜたとしたら、いかに養分(ようぶん)があるからといっても、あなたはその牛乳を飲むことはできないでしょう。
 これと同じように、正しい宗教とよこしまな宗教を混同(こんどう)して修行することは、せっかくの正しい信仰の功徳(くどく)を消し、苦しみを受ける結果になるのです。
 釈尊は四(し)十(じゅう)余(よ)年(ねん)未(み)顕(けん)真実(しんじつ)と説いて、最後八ヶ年の法華経を説いた後(のち)は、それ以前の経々(きょうぎょう)はすべて権教(ごんぎょう)(仮(かり)の教え)であるから用(もち)いてはならないことを明かされています。
 ところが真言(しんごん)宗(しゅう)、念仏(ねんぶつ)宗(しゅう)をはじめ、すべて他の宗派(しゅうは)は皆この四十余年の経に依(よ)っているのですから、これらの教えを法華経の真実の教えにまじえてはならないのです。
 それは良薬(りょうやく)に毒を入れ、すべてを毒薬(どくやく)にしてしまうようなものだからです。
 日蓮大聖人はこのことを、

法華経を行ずる人の、一口(ひとくち)は南無妙法蓮華経、一口は南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)なんど申すは、飯(はん)に糞(ふん)を雑(まじ)へ沙石(いさご)を入れたるが如(ごと)し」(秋元御書・御書1447頁)

といましめられています。
 大聖人の教えは、末法(まっぽう)のすべての人々を成仏(じょうぶつ)に導(みちび)く唯一(ゆいいつ)の大法(たいほう)であります。
 この大法を信じながら、他の宗教を混じえることは同じように成仏の道を閉(と)ざすことになります。
 また大聖人が、

「何(いか)に法華経を信じ給ふとも、謗法(ほうぼう)あらば必ず地獄(じごく)にを(堕)つべし。うるし(漆)千ばい(杯)に蟹(かに)の足一つ入(い)れたらんが如し」(曽谷殿御返事・御書1040頁)

と説かれているように、いかに正法を持(たも)っても、ほんの少しでも法に背(そむ)くことがあれば、あたかも千ばいのうるしに一本の蟹の足を入れて、すべてのうるしの効用(こうよう)をなくしてしまうようなものであり、堕地獄(だじごく)のもとになるのです。
 正しい仏法は、余事(よじ)を混(ま)じえずに信仰しなければ、なんの功徳(くどく)もありません。
 大聖人が、

「此(こ)の南無妙法蓮華経に余事(よじ)をまじ(交)へば、ゆゝしきひが(僻)事(ごと)なり」(上野殿御返事・御書1219頁)

と仰(おお)せのように、成仏の大利益(だいりやく)は、日蓮正宗の仏法に余事(よじ)を混じえず、清浄(せいじょう)な心をもって信じ行ずるとき、はじめてもたらされるのです。

正しい宗教と信仰―折伏弘教の手びき (日蓮正宗布教叢書)

正しい宗教と信仰―折伏弘教の手びき (日蓮正宗布教叢書)