世代ギャップと思いやり

斎藤淳子さんエッセー(2/26読売新聞より)

世代ギャップと思いやり
ライター 斎藤淳子

急激な速さで社会が変化した中国には、世界でも最大級の世代間ギャップがあるように思う。中国の40代、50代とその親である70、80代世代との差は、日本で言うなら、私と明治生まれの曾おばあちゃんとのギャップに相当するだろう。

中国の70、80代の革命、戦争、飢え、文化大革命を生き抜いてきたおばあさんたちは筆舌に尽くし難い苦労をし、私からは異次元とも思える経験を重ねてきた。

こんな彼らは猛烈に勤勉で、生活が豊かになった今でも水一滴にこだわる
倹約家が多い。

例えば、知り合いの70代半ばのおばあさんはスーパーで2角(約3.4円)安く特売になった中国風パンケーキのために1時間並ぶ。中国のスーパーの特売に開店前から長い列を作って並んでいるのはほとんどがこの世代だ。

節水も極限までチャレンジする。たらい一杯の水でまず米を洗い、次に野菜を、さらにお茶碗を洗い、最後にトイレに流すという徹底ぶりだ。

労をいとわない勤勉さは叩き上げだ。

一方、その子供にあたる40、50代は1990年代の経済成長に一番乗りし、急成長する中国社会を牽引している世代だ。彼らの中にはスターバックス
400円のコーヒーを飲み、最新のiPhone(アイフォーン)を使い、休みには海外旅行を楽しむなど日本と変わらないライフスタイルを持つ人も多い。

当然、彼ら親子の金銭感覚には天と地の差がある。40代の子供は親にも楽をさせたいと思うが、親は「無駄遣い」は嫌だと受け入れない。

親の頑固な倹約ぶりに悲鳴をあげている働き盛り世代は少なくない。

ここでやむなくウソが登場する。

例えば、中国全土を飛び回っている知人は、70歳過ぎの母親にいつもの20時間以上かかる列車に代わって、飛行機で里帰りをさせてあげようと、マイレージを貯めたので、無料の航空券がある」とウソをついた。

母親はそれでも自分は行かないと断ったが、「もったいない」ので親戚に
この「無料」航空券を使って帰省しないかと勧誘し始めたという。

「これには慌てたよ」と知人は笑いながら話す。私だったら立腹してしまうかもしれないのに、陽気に話す彼の語り口からは自分を困らせる母親への思いやりが感じられた。

この前乗ったタクシーの運転手さん一家にも似たようなハプニングが起きた。

70歳過ぎの彼の母親に、羽振りの良い兄がiPhone4をプレゼントした。

しかし、日々1角(約1.7円)の節約に努めている母親にとても携帯電話1台に5000元(約8万5000円)の大金を使ったとは言えない。「なあに、高くはないよ。数百元(約数千円)だよ、気にしないで使って」とウソをついたという。

母親は周りにもそう漏らしたところ、「それは安い。上乗せして2000元出すから譲ってくれ」と近所の人に頼まれ、なんと、何も知らないお母さんは携帯を売ってしまった。

そう聞いた私は、息子のギフトを売ってしまったお母さんこそ大問題だと思った。ところが、この運転手さん一家は誰一人としてお母さんにウソを明かさず、文句も言わずに平静を保ったという。お母さんを心配させたくなかったからだ。やさしい家族だなと後から感心した。

きっと今日も中国では、この手のウソが誰かの口から飛び出していることだろう。この国の世代を隔てる層はかくも厚く、親を思う気持ちもまた同じくらいあついのだから。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

※宋へのご質問やご意見がございましたら、こちらまでお寄せください。
sbmail@softbrain.co.jp

※いただいたご質問やご意見は、事前確認なく次回以降の宋メールで
掲載させていただく可能性がございます。
また、お名前もご紹介させていただく可能性がございますので、
もし問題がある場合は、その旨ご記載ください。

(終わり)