★ロシア女性が、はじめて【奇跡の国日本】をみたら、なにを感じる???

== RPE Journal===================================================

 
       ロシア政治経済ジャーナル No.983

                         2013/11/11

================================================================

ロシア美人がはじめて日本を見たら、何を感じるのでしょう
か?

驚きのリアクションです。




全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●新刊の●●が届きました。
詳細は、【編集後記】で! )



今日は、「自虐史観脱却」に役に立つ話です。

(ひょっとすると以前も書いたかもしれません。)


ロシア女性が、日本を見ると、どんな感想をいだくのでしょうか?


▼●●●が町中にある!!!


私が案内したロシア女性Nさんが、まず驚いたこと。


それは、「自転車が町中にある!」ってことなんです。


え?

ロシアには自転車ないの?


もちろんあります。


でも、日本みたく、町のあちこちに駐輪していることはありません。


狭いアパート暮らしの人が自転車に乗っている。


その人は、アパートの建物の前に、駐輪しません。


自分のアパートの玄関前に駐輪しません。


狭くても、必ず自宅内に持ち込みます。


なぜだと思いますか?


そう、かなりの確率で「盗まれる」から。


だから、モスクワで路上駐輪を見かけることはメッタにないのです。


しかし、日本には自転車がウジャウジャしている。


みんな「メッタに盗まれない」と安心しているからですね。

(もちろん、たまには盗まれることもありますが。)


▼驚愕の高速バス


Nさんが、「高速バスに乗りたい」というので、乗ってみました。


そこで彼女は、運転手さんのある言葉を聞いて驚きました。


運転手さんは、こういったのです。


「終点松本バスターミナルには、○時32分到着予定です」


Nさんは、いいます。


「バスなのに、○時ばかりでなく、○分までいうの?

渋滞とかいろいろあるでしょうに」


私は、「ふぉふぉふぉ」と笑いました。


Nさんの驚きは、松本バスターミナルに実際○時32分ぴったりに
到着したときマックスになりました。


「なんでそんなことが可能なの!日本はありえない!」


私は、こころの中で「そうであろう、そうであろう」と笑いました。




▼なぜ松本城のお堀に●がうじゃうじゃいる???!!!


さて、私はNさんを、松本市の誇り【国宝】松本城に案内しました。


するとNさんは、お城のお堀を見て、意外なことに驚きます。


「鯉(コイ)が、なんでこんなにたくさんいるのよ!」


北野「・・・・・・・別に、いいのでは?」


Nさんは、こんなことをいいました。


「これがロシアだったら、夜中に男たちがこっそり来て、全部捕ま
えちゃうわ!

それで、1週間もしたら、お堀の鯉は全部いなくなっちゃうでしょう」



私もモスクワ暮らし長いですが、「そういうリアクションがあるか!」
とびっくりし、

その後大笑いしました。


▼家の前の●●に驚愕


日本では、家の前にきれいな植木が並んでいることが多いです。


主婦のみなさんが、こころをこめて育て、きれいな花を咲かして
いることがよくある。


Nさんは、美しい花が家の前に並んでいるのを見て、また驚愕。


「は〜〜〜、きれいだわ、この花。

これが、家の前にあることがすごい!」


私はまたわけがわからず、「なんで?」と聞き返します。


「ロシアだったら、全部盗まれて、明日には別の街の青空市場で
売られているわ!」


このリアクションにも、かなり驚きました。


▼あたたかい●●にびっくり


Nさんもそうですが、日本に来たロシア女性がたいてい驚くこと。


それは「トイレ」です。


もちろん「ウォシュレット」もそうです。


デカプリオも日本のウォシュレットに感動し、すぐ自宅に設置し
たとか。


それもそうですが、日本の便座は「あたたかい」でしょう?


いわゆる「ウォームレット」。


これが、ロシアにはないのです。


Nさんの親戚Kさんも、日本に来てウォームレットにはまってし
まいました。


モスクワに帰り、冷たい便座に座ったとたん、哀愁がこみあげ
てきたといいます。


そのことをダンナ(日本には行っていない)に話すと、「僕が先
に入って(便座を)温めてあげるよ!」

と優しくオファーしてくれたとか。



Nさんも、日本のトイレには驚っきぱなし。


最近は、入ったらフタが「うぃ〜〜ん」と自動的に開くのもありま
すね。


▼しかし、一番の驚きは


日本を初めてみて、いろいろ驚いたNさん。


しかし、もっとも驚いたのは、やはり人の礼儀正しさ、優しさだそ
うです。


どこにいっても人が優しい。


バックを忘れたら、ちゃんと「落し物届所」に届いている。


道を聞いたら、彼女が納得するまで丁寧に説明してくれる。


ちかいところなら、送ってくれる。


結局、「国の品格」とは、国民一人一人の意識にかかっています。


どんなに、物質的栄華を極めた国や場所でも、店員さんが横柄な
態度なら、がっかりですね。


日本は、物質的にも、国民の親切度でも、おそらく世界トップレベ
ル。


これは、私だけがいってるんじゃなくて、外国人も指摘しているの
です。


たとえば、こちらをご一読してください。


日本が誇らしく思えることでしょう。

●もし、日本という国がなかったら ロジャー・パルバース


もし、日本という国がなかったら



「もしプーチンが日本の首相だったら、どうやって
日本を自立させる???」





【4刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?

プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 



★「運命の法則」 天外伺朗 飛鳥新社

運命の法則―「好運の女神」と付き合うための15章

天外伺朗」というのはペンネームです。

本名は土井利忠さんといい、ソニーで上席常務まで登りつめた
実力者。


土井さんは、「CDの開発者」「AIBOの開発者」として世界的に知
られています。


そんなとてつもない実績をもつ土井さんが、「運命の法則」につ
いて語った貴重な本。


共時性の法則

・「燃える集団」の法則

・フローの法則

・満足感の法則

・長老型リーダーシップの法則

・セーフベースの法則

・意識の成長、進化の法則

・プロセスの法則

・トータルつき量一定の法則

・運・不運の法則

・うぬぼれの法則

・大河の流れの法則

・強運の法則

・内発的動機の法則

・他力の法則


とまあ、運命について「これでもか、これでもか」と詳しく
解説してくださっています。


「フロー」など、個人の意識の話から、徐々に深くなっていき

人生を導く「大河の法則」まで。

ソニー全盛期を支えた実力者が、自分の成功、失敗談とともに
語る「運命の法則」。


とても、すばらしい本ですので、ぜひご一読ください。

北野絶対お勧めです。


運命の法則 (ゴマ文庫)

運命の法則 (ゴマ文庫)

★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


★Kさまからおたより


ロシア政治経済ジャーナル 

北野幸伯 様


昨日
> 「年とったな〜」とか言わないでください〜
と言った者です

かく言う私は51歳です

50も過ぎると老眼がやってきて
体のあちこちもギクシャクし始め
なんだか気力も落ちがちなのですが
言霊という言葉がある通り
「あ〜年取ったなぁ〜」などと口に出すと
ますます老けてしまうようで
意地でも口にしないように心掛けています
(心の内でボソっとつぶやいたりはしますが・・・)

オヤジのやせ我慢ではありますが
「まだまだこれからだ!」と自分に言い聞かせている次第です

北野様が見る夢
私も見たいと思います
だから私は208歳まで健康で生きようと思います!

微力ながら、われ一粒の麦なれど
今できること、自分ができることを
日々精一杯実行しようと思います
(オヤジですから途中途中休憩は入れますが・・・)





★編集後記  


新刊の表紙ができてきました。

表紙には3人の男が登場します。

一人は安倍総理

二人目は、石原さん。

三人目は・・・・。

誰でしょう???



RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================
◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html